シンガポールにアマゾンが上陸!注文から◯時間以内のお届けサービスも☆

時事
スポンサーリンク

 教育水準の高さ、高度な金融サービスなど、シンガポールは様々な点で日本を凌駕しています。更に、ライドシェアのGrabなど、最先端のサービスも他国に先駆けて始まっていますが、無かったものが1つ。それは、アマゾンです。しかも、注文から1時間以内にお届けするサービス付きです。

シンガポールは日本と比較して宅配事情が悪い

 教育水準の高さ、高度な金融サービスなど、シンガポールは様々な点で日本を凌駕しています。

 しかし、シンガポールに住んでいて、日本とのサービスの差から日本の良い面を実感することも多々あります。

 その1つが宅配時間のアバウトなところです。

 たとえば、「午後1時に行きます」と連絡があったとしても、たいがい1時間や2時間の時間のずれがあるのは当たり前です。

 最近は怒ることもなく、「まあ、仕方ないか…」と諦めて素直に受け入れている自分がいたりもします。

今まで無かったのが驚き!アマゾンがシンガポールに初上陸

 そんなシンガポールで、待ちに待ったサービスがやっとスタートしました。

 「アマゾン」のサービスがやっと始まったんです。

 

 ライドシェアのGrabなど、最先端のサービスは他国に先駆けて始まっているのに、なぜかアマゾンのサービスは今までシンガポールに無かったんですよね。

 以前、「楽天」がサービスをスタートさせたのですが、ホームページが見づらい上に、魅力的な商品がほとんど無く、あっという間にシンガポールから撤退してしまいました。

 そんなこともあり、これまでのシンガポールにおけるECビジネスは、同じ中華圏のアリババ1強の時代が長らく続いていたのです。

商品を1時間以内に届けるプライムナウが目玉

 今回アマゾンは「アマゾン プライムナウ」というサービス名で、アプリを通して注文を受け付け始めます。

 商品を1時間以内で届ける「特急サービス」の場合は、配送料が9.99シンガポールドル(約820円)、2時間以内で商品を届けるサービスは40シンガポールドル(約3200円)以上の購入者を対象に当面配送料無料で提供するようです。

 本当に2時間以内に商品を届けてくれるかどうかは半信半疑ですが、アマゾンがシンガポールの宅配事情に革命を起こしてくれることを、少しだけ期待してみたいと思います。

時事
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
永柄 正智

1972年1月 長崎市生まれ。
シンガポール在住。

趣味:海外旅行、街歩き、子育て

性格:物事を常に前向きにとらえる非常にプラス思考な性格

【保有資格】
CFP@(日本FP協会認定:国際資格)
一級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
神戸市アジア進出支援センター・アドバイザー
ロングステイアドバイザー(ロングステイ財団認定)

地方自治体の職員として20年間勤務し、都市再開発事業や観光振興、空港のオペレーション業務などの仕事を経験してきました。特に公共事業に伴う地元調整や補償交渉等の様々な経験を活かした問題解決型のアドバイスを得意としております。

数年前に妻の仕事の関係で、家族でシンガポールに移住することを決意し、移住の準備を進めてきました。その経験の中で、ライフプランニングにおいて適切な判断を行うためには、社会保障制度や税制、教育等の仕組みや知識を十分に理解する必要性があることを再認識し、FP資格及びロングステイアドバイザーの資格を取得しました。

現在、シンガポールにおいて、現地駐在員や海外移住希望者、教育移住希望者の方々を対象としたファイナンシャルプランナーとして活動しています。

永柄 正智をフォローする
節約社長