聞くに聞けない〜心のこもったお歳暮を贈る際に気をつけたほうが良い4つの注意点

時事

 日頃からお世話になっている取引先へ暮れの時期に贈るお歳暮は、江戸時代からビジネスを円滑にすすめるためのツールとして利用されてきました。お歳暮を気持ち良いコミュニケーションツールとして活用するために、注意しておいたほうが良い点を4つご紹介いたします。

会社を始めた経営者の基本〜お歳暮を贈ろう

 お歳暮は、日頃お世話になっている人や取引先に、感謝の気持ちを込め「これからもよろしくお願いします」という気持ちを込めて贈るプレゼントです。

 お歳暮の由来の一つは、江戸時代に遡ります。

 もともと江戸時代の商売では掛け売りが習慣でした。

 そこで、盆と暮れに半年分の支払いをまとめて行う際に、仕入先などに贈り物も持って行ったことがお中元やお歳暮の由来のひとつに数えられています。

 このように、ビジネスとお歳暮の関係は切っても切れないものです。

 さて、ここで聞きたくても人には聞きにくい、お歳暮を贈る際に気をつけておきたい疑問点をチェックしていきましょう。

1)お歳暮って必ず贈らないとダメですか?

 お歳暮は必ず贈るべき「決まり事」ではありません。

 会社が経済的に厳しい状況の時なら、無理に品物を贈らなくても、心よりの感謝を表した書状を送った方が良い場合もあるでしょう。

 お中元とお歳暮を必ず両方贈らなくてはならないという決まりもありませんし、どちらか1回にしたい場合には、1年間のお礼の意味と半年間のお礼の両方の意味を持つお歳暮を贈れば良いでしょう。

2)お歳暮を贈るのを忘れたらどうしたら良いですか?

 また、なんらかの理由で、お歳暮の時期に間に合わず贈れなかった時や、あまりの忙しさに忙殺されて贈り忘れていた時は、のしの表書きを「寒中お見舞い」または「寒中お伺い」として、お歳暮を贈れば良いでしょう。

 贈る時期は、12月20日過ぎから年末までと、松の内を過ぎた1月8日から立春までの間となりますが、贈り先が会社の場合は年末の多忙な時期を避けるといった心遣いが必要になってきますので、年が明けてからの方がベターです。

3)お歳暮で毎年同じものを贈るのって変ですか?

 品物選びについては、オフィスに贈る場合なら、多人数で分けやすい個包装された菓子や、コーヒー、紅茶といった物が好ましいでしょう。

 社長お一人だけに贈るものは、そのために取り寄せた珍しい物や、贈る側の会社所在地の特産品、社長の好みの物が分かっていればその品物を選んでも好印象につながります。

 意外なことに、毎年同じ物を贈るのもプラスの印象付けとなりやすく、取引先に「いつもあの美味しいお菓子を贈ってくれる会社」というイメージで覚えてもらえます。

 つまり、企業におけるお歳暮は、細かな気遣いひとつをプラスするだけで、その後の業績アップにつながる可能性を持った、大切な贈り物と言い換えることもできるのです。

4)お歳暮で相手が困ってしまうパターンってありますか?

 となれば、逆に「受け取る相手が困ってしまう」ため、避けた方が良い品物もあります。

 個包装のお菓子であっても、「芳醇なチーズの風味」、などという、人によって好き嫌いがはっきりしているもの、また、「要冷蔵」の品や保存がきかない物は、贈られた方が困ってしまう場合があります。

 調理が必要な「食材」も、たとえ美味しいものであっても、オフィスに贈るには向かないものです。

 会社の自社製品を取引先に贈る場合も少なからずあります。

 のしを社内で貼る時は、省資源化が進んでいますので、市販されている短冊のしと呼ばれる細長いのしを使用しても失礼にはなりません。品物の右上に短冊のしを貼り、その上から包装紙で包みましょう。

さいごに

 一昔前まではお歳暮を職場内や取引先で贈り合うのが一般的でしたが、最近では大手企業を中心に贈答禁止を会社としてルールにしているところも増えています。

 このような場合は大抵、商談ルームに「当社は勤務する従業員と取引先各社様の間に置ける、金品・贈答物等のやり取りをコンプライアンスにより禁止しております。」などの張り紙があるはずです。

 せっかくの気持ちが、相手の迷惑になってはいけませんので、このような場合は年末年始に心のこもった挨拶をするだけに留めましょう。

 また、お歳暮を贈りたいと思ったときでも、まずは会社の規定を確認してみるのが望ましいです。

 以上のことに気をつけて、心のこもったお歳暮を贈ることで、取引先と円滑な人間関係を築きましょう。

Photo credit: yto via Visual hunt / CC BY

時事
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
株式会社iCARE

7月12日(火)にライトアップ社様と共催で、『<助成金活用>必ず身につく!! MBA流超実践型レジリエンス研修体験セミナー』を開催いたします。

グローバル、ダイバーシティとめまぐるしく変化が求められる厳しい競争環境を勝ち抜くには、従業員一人ひとりの「たくましさ」がますます求められています。
組織で働くひとにとって、「ストレス」との関係は切っても切れないものです。昨年12月から「ストレスチェック制度」が義務化されるなど、企業におけるメンタルヘルス対策の重要性はますます高まってきています。

そんな中、昨今企業の人材開発で注目を集めるキーワードが「レジリエンス」です。

レジリエンスとは、英語で「復元力」や「弾力性」などと訳され、単に打たれ強いということではなく、「外から衝撃を受けても、目の前の変化や逆境をしなやかに乗り越え立ち直ることができる心の強さ」を表す新しい概念です。予測不可能な環境変化の激しい市場競争の中で、直面する様々な壁を乗り越え成果を発揮し続けるためには「しなやかに強く立ち直れる力」が今後ますます重要になってきます。

iCAREではそういった企業様の研修ニーズにお応えするため、「MBA流超実践型レジリエンス研修」を提供しております。メンタルのプロ、ビジネスのプロが監修した超実践型のプログラムです。学んだ知識を「わかった」で終わらせることなく「使える」力に変えるため、研修後に「carely」というチャットサービスを通じてレジリエンスの習得をフォローします。

しかも、今回のセミナーでは助成金を使うことにより、実質無料で企業研修を企画できる方法を合わせてお伝えいたします。組織力を強化したい企業経営者の方、実践型の研修を企画されたい新規事業の育成責任者の方、ストレスチェック後のセルフケア対策を検討したい人事責任者の方必見です!!

■こんな企業様にオススメ

・社員のレジリエンス力を高め、企業競争力を強化したい経営者の方
・社員の健康に配慮することで、採用競争力を高めたい人事責任者の方
・ストレスチェック後のセルフケア対策で実践的な研修を検討されている人事責任者の方
・経験の少ない若手を責任のあるポジションに抜擢したが、フォローがあまりできていない上席の方

皆さまのご参加をお待ちしております。

============開催概要==============

【日時】 2016年7月12日(火) 18:00〜20:00
【申込】 https://lmsg.jp/pageview/hji0bYWWpoZU/10535/bb686892175c7748
 ※こちらのセミナーページより必要事項をご記入願います
【会場】 渋谷クロスタワー32F
【住所】 東京都渋谷区渋谷2-15-1渋谷クロスタワー32F
【アクセス】 各線渋谷駅から徒歩5分
【お問い合わせ】
 株式会社ライトアップ 松岡 matsuoka@writeup.co.jp
 株式会社iCARE 片岡 k.kataoka@icare.jpn.com
【参加費】 無料
【プログラム】
 第1部:必ず身につく!! 組織変革のためのMBA流超実践型レジリエンス研修体験セミナー
  第1部では、iCAREが提供する「レジリエンス研修」の概要をご説明いたします。
  研修の背景を一部ワークを交えてお話させていただきます。

 第2部:2016年度最新助成金について
  第2部では、企業研修に対して活用できる助成金とその申請方法についてご説明いたします。
———————————————————-
お申し込みはこちらから:https://lmsg.jp/pageview/hji0bYWWpoZU/10535/0ec91bdefd8625ed

iCAREでは企業様向けに「carely(ケアリー)」という健康創出プラットフォームサービスを提供し、従業員のメンタル・フィジカル双方の効果的なケアを通して従業員の健全な「心と身体」を創り、活気あふれる企業へと躍進させる健康経営を実現いたします。

「carely」は、パーソナルな健康情報を基に医師・保健師等の専門家が従業員からの相談にチャットで応じる機能と、企業が持つ従業員の健康情報全てをクラウド上に格納する機能を有しています。健康診断ストレスチェック等の業務代行も行っております。

病気になってから病院に行って治療を行うのではなく、日常生活を通じて未然に病気の予防を促進する「オンライン保健室」というコンセプトを提唱しています。企業の健康プラットフォームが社会のインフラになる世界を目ざしています。

株式会社iCAREは、社員の健康を増進するオンライン保健室「carely」で企業の健康経営を推進し、活気あふれる生産性の高い組織作りを支援いたします!!

株式会社iCAREをフォローする
節約社長