大ヒット映画の共通点に学ぶビジネスの基本

ビジネス

こんにちは島倉です。

たとえば、ドラえもん、ドラゴンボール、名探偵コナン、ワンピース、キングダム、ジョジョの奇妙な冒険。

いずれも大人気漫画で共通点があるのですが、皆さんは何だと思われますか?

答えは、原作が大ヒットして映画化された漫画だということです。

この漫画が映画化されるまでの過程から、私達はビジネスを成功させるために必要なエッセンスを学ぶことができます。

成功する映画ビジネスの共通点

映画ビジネスには共通パターンがある

いわゆるこれは映画ビジネスと言いますが、雑誌で非常に人気が出ると、そのあと単行本が出ます。

さらにテレビでアニメ放送されます。

次に映画化されますが、大体がシリーズ化されるんです。

これが今言った漫画の基本的な映画ビジネスのパターンです。

雑誌で大ヒットして単行本が出て、アニメ化されて映画化されてシリーズ化されるという流れになるんです。

映画ビジネスの共通パターンはなにが優れているのか

このビジネスは何が優れているのかっていうと雑誌、単行本を発行するあたりでファンを獲得しているんです。

映画ビジネスは非常にリスクがあります。莫大なお金がかかって興行成績が悪いと大赤字になってしまうわけです。

当たる場合は大きいけれど、当たらなければ大赤字になる危険なビジネスです。

それでは、どうしたらいいのかというと、最初の段階で大量のファンを稼ぐ。

そのあと映画化をしても、ある程度の売上が見込めることで安心して映画化できるし、それをシリーズ化すればこれだけの利益が見込めるということで、ビジネスとして成り立っているわけです。

映画ビジネスから取り入れること

ファンを作ってから、情報発信して商品を売る

まず商品を売る前にファンのパワーを獲得しておくということが大事なわけで、つまり情報発信です。

情報発信をして、多くの人にファンになってもらう、興味をもってもらう。

それから人を集めておいて、そういった人に商品を紹介して、セールスをすればある程度の確率で売れるじゃないですか。

そして、このぐらいが売り上げが見込めるということでビジネスがスムーズにいきます。

この情報発信を疎かにして、何もしない人はいきなり商品売ってしまい、しかも大量に広告とかを打とうとするわけです。

でも、結局はそのあなたは誰なのかとか、この商品は何なのか?をお客さまは知らないから買わないといった感じで、うまくいかないということになるわけです。

だから、いきなり大量に広告をかけて売る前にまず情報発信しましょう。

そうすることでファンを獲得しておく、気持ちを引きつけておき、そのあとで商品を紹介したら、売れるということなのです。

情報発信は手を抜かない

この漫画を映画ビジネスにつなげるパターンは、そのままあなたのビジネスで成り立たせることが可能です。

情報発信に着手し、ファンを作ってください。

無料なので適当でいいやとか、なんとなくやらされているとか、嫌々ブログを書くのではなく、魂を込めて全力で書いてください。

本来だったら10万、20万払わなければいけないものというぐらいの気持ちでやらないと、信用や信頼は獲得できません。

魂を込めて情報発信をしていく。そうすればスムーズに商品が販売でき、売れていきます。

これは映画ビジネスと全く一緒で、ドラゴンボール、名探偵コナン、クレヨンしんちゃん、キングダム、ジョジョの奇妙な冒険。こういった映画が大ヒットした理由と完全に一致しています。

 
ビジネス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

島倉大輔をフォローする
節約社長