節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

孫正義も実践するファーストチェス理論で会議を効率化せよ

孫正義も実践するファーストチェス理論で会議を効率化せよ
 「いったん持ち越し」「もう少しこの案件は各人で揉もう」問題を解決せず持ち越してしまう会議は、時間とコストの大きな無駄である。孫正義も実践しているファーストチェス理論では、短時間であろうと長時間であろうと人が出す結論はさほど変わらないという。会議の際に理論を意識することで、効率的に話を進めることが可能となる。

会議で「持ち越し」は時間とコストの無駄

 「いったん持ち越し」「微妙だな」「もう少しこの案件は各人で揉もう」

 会議が煮詰まると我々は往々にしてこれらの言葉を発してしまう。しかしこれらの言葉が出たら要注意だ。

 会議にはコストがかかっている。参加者の時給を仮に2000円とすると、10名で2時間行う会議には4万円の経費がかかる。「揉む」「持ち越し」を2回、3回行えば、時間の無駄だけではなく膨大なコストの無駄が発生してしまう。

 そこで、会議を行うにあたって目標を達成し、決断を下すために、有効な理論を提示する。

孫正義も実践するファーストチェス理論

 元ソフトバンク社長室長、孫正義社長の秘書として長年勤めた経験のある三木雄信氏は、彼の著書『孫正義 「リスク」を「成功」に変える28のルール』の中で、孫社長の興味深い考え方を紹介している。

 「どんなことでも10秒考えればわかる。10秒考えてもわからない問題は、それ以上考えても無駄だ」

 これは「ファーストチェス」の理論といい、実験で証明されている理論だ。

 ファーストチェスとは、チェスを競技する際に5秒以内に打つというルールを指す。

 ファーストチェス理論では、「5秒で考えた手」と「30分かけて考えた手」は、実際のところ86%が同じ手であることが実証されているという。

 孫社長の言う「10秒考えれば十分」という言葉には、まさに裏付けがあると言って過言ではない。

 孫社長が、アリババ創業者のジャック・マー氏とたった6分面談しただけで、2000万ドルの出資を行ったのは有名な話だ。

 その後アリババは成功を収め、そのリターンは2000倍に及んだ。おそらく面談にかかった総時間は6分でも、孫社長は5秒や10秒で出資を決定したであろう。

会議や打ち合わせは解決方針を生む場所

 会議や打ち合わせは、特定の問題について、シンプルな答え(解決策)を産み出す場所だ。

 会議の時間が長ければ長いほど、人は自分の答えに理屈や言い訳を探す時間を見つけてしまい、不効率な会議が生まれてしまう。

 ぜひ「ファーストチェス」の理論を生かし、参加者に脳みそをフル回転で働かせてもらえる、有意義で効率的な会議を行おう。

2015年4月7日

アリババ 効率化 業務効率化 会議 孫正義 ファーストチェス

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。