節約 社長
大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・税理士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

コスモ石油がキグナス石油と提携〜具体的な動きが無いM&Aは失敗の典型パターン

コスモ石油がキグナス石油と提携〜具体的な動きが無いM&Aは失敗の典型パターン
 コスモHDがキグナス石油と提携すると報道されています。ところが、資本提携したにも関わらず、両者の具体的なシナジーが発揮される時期は3年後と遥か先の話。M&Aは様子見には不向きで、一気に企業を変える、変わるために有効な手法です。ビジネスデューデリジェンスの無いM&Aは失敗に終わりやすくなります。

コスモHDとキグナス石油の株持ち合いには疑問符が付く

 コスモHDがキグナス石油と提携し、コスモが近いうちに20%キグナス株を持ち、ガソリンを供給すると報道されています。

 しかし、その供給時期は3年後が目処だということです。

 本当にガソリン供給をするまで中身を変えてよいのか、当事者も判断しかねている状態なのでしょう。

 ただし、この「3年後」の実質的な提携のために、今のうちに少数株を持ち合うのは、あまり好ましいことではありません。

 なぜだと思われますか?

M&Aは企業活動を一気に変えるのに有効な手法

 主導権をいずれかが取ることも結論がついていない場合に、こうした少数株を持ち、役員を1人派遣するなどして様子を見るということは、よく考えられることです。

 M&Aは様子見には不向きで、一気に変える、変わるために有効な手法です。

 普通に考えて、役員1人を派遣するといっても、月1回の取締役会に出るのがせいぜいです。

 しかも20%ではその役員すら、派遣できないかもしれませんし、見れる様子にも限度があります。

 更に、大企業同士で、役員1人が取締役会に出る程度で、大きく何かを変えることは相当難易度が高いでしょう。

 様子を見るというのは、何かがわかっていないということです。

 このような状態だと、統合後も、誰が、いつ、何を、どうやってやるのか、が見えていないケースが殆どとなります。

 これがM&Aの典型的な失敗パターンです。

M&A後すぐ結果を出すにはビジネスDDが不可欠

 M&Aによる提携後、一気に変えるために買い手企業は、対象相手の研究、つまりビジネスデューデリジェンス(精査)を行い、統合後すぐに、誰が、いつ、何を、どうやってやることで、提携の効果を生み出すのかを掴んでいなければなりません。

 それができないなら、今はM&Aの時期ではありません。

 M&Aの交渉も大変ですが、その後の経営はもっと大変です。

 どこの企業もリソースは限られていますので、中途半端な様子見のための余裕はないはずです。

 徹底的に考えた末の行動であればよいのですが、そうでない場合には失敗の可能性も高くなるはずです。

2017年3月6日

キグナス石油 コスモHD M&A 事業譲渡

大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・税理士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。