節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

中小零細企業の社長さん達を相手に商売すると儲かります!!そのワケは?

中小零細企業の社長さん達を相手に商売すると儲かります!!そのワケは?
 ビジネスを大きな視点で考えると、お財布は法人と個人の2つにわかれますが、法人相手のビジネスは、たとえ相手が小さいとしても、リピート率が高くて、金額も個人より大きくなりやすく、更に決済権を持つのが社長自身というメリットがあります。中小零細企業相手の商売を始める場合に、商品・価格・告知の面で気をつけるべき点も含め、キミアキ先生が解説してくださいます。

中小零細企業の社長さん相手の商売は儲かる!

 今日は「中小零細企業の社長さん相手に儲けてみましょう。」という話をしようと思います。

  「中小企業の社長さんを喜ばせる」

 こういうことを明確にしている会社さんて、意外と儲かっているんですよね〜。

 商売というのはこの2つに大きく分かれます。

 一つは、B to B(ビジネス to ビジネス) 、つまり事業者 対 事業者の取引で、もう1つは、B to C(ビジネス to カスタマー)事業者 対 消費者の取引です。

 消費者というのは、個人と考えても良いですね。

 皆さんはどちらが儲かりやすいと思いますか?

“B to B”と“B to C”で儲かりやすい商売は?

 結論から言うと、B to BとB to C、どちらが儲けやすいかというと、やっぱりB to Bの方が儲けやすいです。

 ただし、B to Bの難しいところは、なかなか選んでもらえないし、契約までに時間がかかることです。

 確かにそういうところはあるんですが、まずねぇ、単価が個人相手とは全然違いますからね。

 中小零細企業が相手といえど、動いているお金は個人相手とはまったく違う額が動くわけです。

 中小企業相手でもB to Bの方が単価が高くて、1回取引が始まれば、リピートも個人相手よりも全然堅いですよね。

 取引がずっと続いていると、新規の商品やサービスも買ってもらいやすい!というところもあります。

 要するに、より多く買ってもらえる。

 そういう関係が築きやすいのが、B to Bですね。

法人相手、特に中小零細相手の商売が良いワケ

 更にB to Bの良いところは、広告宣伝費がB to Cと比較して遥かに低いということです。

 B to Cって、結局のところ消費者がそこら中にいるわけですから、結構な規模で広告を打たないといけないんですね。

 ですから、どっちの商売を始めた方が良いかって言うと、私だったらB to Bをオススメします。

 せめて、中小法人を相手にでも良いから、法人相手の商売の方が良いといつも言っています。

 大手と取引をするためには、結局は自分たちも、帝国データバンクの評点だったら、最低でも51点くらい取らないといけません。

 この51点が普通の中小企業にとっては、けっこうハードル高々なんです(笑)

 ですから、そういうことを考えると、大手とはなかなか取引出来ないので、中小企業でも商売上手とお付き合いすれば良しです。

中小零細企業の社長さんは皆いつも困っている

 というのも、社長さんって「常に困っている」っていうことを知っておくだけでも全然違います。

 従業員さんを相手に商売するのではいけません。

 中小企業の社長さんが困っているんだから、その困っていることを解決できる商品やサービスを提供していくんです。

 1番中小企業で多い悩みというのは、新規開拓がなかなか上手くいかない、新規の顧客の自然流入がなかなか無い、っていう問題で、どこの会社でもあるわけでね。

 あとは、相変わらず資金繰りがキツいとか、それから従業員さんのこととか、何かしらで困っておりましてね。

 最近だと「自動化」ですね!受注処理などの自動化がなかなか上手くいかないとかね。

 そういうことで困っていることもありますし、結局のところ何かしらで困っているんです。

中小零細の決済者は社長!価格より質で攻めよ

 決済面で言うと、中小企業というのは、社長さんが困っていることについては、社長さんが自らその解決策を探して、社長さんが自ら買う。

 この行動パターンとなっていることを知っておいてください。

 自分たちの特別なネットワークを持っている人達なら、そのネットワークの中からの情報が1番良いんですけれども、そういう情報が無い人たちは、普通にインターネットで検索して情報を得ようとするわけですね。

 「どういう風に解決したら良いんだろうか…」ってね。

 そういう時にPPC広告でしっかり当たるようにしておけば、そこで社長が探し当てて買うこともあります。

 ですから、中小企業の決済は本当に社長さんが行っているんですよ。

 従業員30人くらいまでの会社っていうのは、問題解決を行う作業は社長さんしかやりませんからね。

 ですから、社長向けに明確に商品・サービスを考えていけば良いのです。

 そして「社長」さんの中でも、やはり「商売上手な社長」さんっていうのは、とにかくお金を使います。

 逆に、商売が下手な社長さんは、お金を使わずに何かしら安いものしか探さないんです。

 自分たちが困っていることを解決するにしても、お金を払うのは商売上手な人たちだけです。

 ですから、商売上手な人たちに向けて商品・サービスを組み立てて行くときに、金額はあんまり関係ありません。

 とにかく、本気で社長の悩みを解決してあげるような商品・サービスであれば良いんです!

 これを作れば良し!なんです。

儲かってる社長さんを意識した告知が買い決めを起こす
次のページへ >>

2017年3月1日

C to toBとB B 営業 新規開拓 受注 社長 経営者 中小零細企業

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。