節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

キミアキ先生直伝!良い税理士選びで活用できる4つの選択基準

キミアキ先生直伝!良い税理士選びで活用できる4つの選択基準
 会社を作って一度税理士事務所と契約すると、大抵の場合は会社が潰れるまで同じ税理士さんと二人三脚で仕事をすることになります。従って、自分にとって最適な税理士選びは非常に難しいことです。そこで、自らも税理士であるキミアキ先生が、良い税理士選びを行う上で役立つ、4つの判断基準を教えてくれます。

税理士選びは難しい〜個々で能力は雲泥の差

 今日は会計事務所の中の人から見た「税理士さん選び」についてお話します。

 税理士さん選びって実は凄く難しい!って思うんです。

 というのも、私は昭和63年に初めて会計事務所で働き出したんですけれども、業界の内側から見ると税理士さん間の実力の差っていうのが如実に見えるんですよ。

 ですから、本当に力がある腕の良い先生もいれば、腕の悪い先生がたも沢山いらっしゃる。

 玉石混交の業界でございます。

税理士になる3つの方法〜試験受けない場合も

 まずは、税理士さんになる3つの方法についてお教えしましょう。

1)税理士・公認会計士試験に受かること

 税理士の登録をできる人は、税理士試験に受かった人と公認会計士試験に受かった人です。

 ただし試験には殆どの人が受からないです。2%ちょいしか受からないので、50倍くらいの競争率なんですよ。

 公認会計士試験に受かった人も税理士登録をすることができるので、登録を済ませてから中小企業の顧問になるということが非常に多うございます。

2)大学院に行って試験科目免除してもらって税理士になる

 現実的にはこれです。大学院に行って試験科目を減らしてもらうんです。

 税金の科目を3つ取らなきゃいけないんですが、大学院に行ってその科目を2つ減らしてもらって、科目を1つだけにして、それで税理士になる。

 現在だと、この方法が主流になっています。

3)税務署のOBから税理士になる

 税務署に23年間くらい勤めると税理資格を与えられます。要するに退官後に税理士となってお金を稼ぐ形ですね(笑)

 このOB組が税理士の半分以上を占めているので、税理士の年齢層って高くなっているんですよ。平均年齢が65歳くらいと言われています。

税理士になった経路で個々の能力に差はある?

 じゃあ、どんな経路を経由して税理士になった人が良いかという話です。

 先程あげたように、色々な形で税理士登録って出来るんですが、ビジネスセンスで考えると、公認会計士の先生方はセンス良い方が多いですね。

 あと、試験組は、試験にはまず受かりにくいですから、んまぁ〜タフでして、病気しないとか、体がメチャクチャ丈夫とか、そういう傾向があります。

 OB組、これは要するに”スゴ腕調査官”っていう人がいるわけです。

 会計事務所や税理士からしても「あの調査官が来たら もうムリッ」くらいのスゴ腕な人が税理士さんになることもあるんです。

 そういう人もいるわけですから、一概には「どこ経由の税理士が良い!」とかは言えません。

 それくらい「個人差」が大きい業界なんですよね。

 ですから私の妻は税理士法人の代表として、どういう税理士さんを雇うかというと、もう割り切って「全国模試1位を取ったことがある人」を雇っています。

税理士マッチングサイトはなるべく使うな!

 それから、税理士選びの手段として使わないほうが良いツールがあります。

 それは、マッチングサイト等で税理士さんを紹介しますという紹介会社です。

 今だと何社くらいあるんですかね〜、一時は30社くらいありましたけど…

 なぜ使わない方が良いかというと、みなさんが払う顧問料の6割は紹介会社に行っちゃうからです。

 それくらい高い紹介料を支払わないと、紹介してくれません。

 そして、それを利用しないといけない税理士さんっていうことは…もうおのずと分かりますよね?

 ですから、紹介会社は使わない方が良いんじゃないかなって私は思います。

税理士を選ぶ選択基準1:何事も近いのが良い

 じゃあ、どんな税理士さんを選べば良いの?という話に移りましょう。

 税理士さんを選ぶ時は、「何事も近い」のが良いと思います。

 1番は考え方ですが、年齢や場所も、ほんとにね何事も近い方が良いと思います。

 1回税理士さんと契約すると、会社が潰れるまでその税理士さんとず〜っと二人三脚でやって行くことになりますから、やはり考え方が近くないとお互いやりにくいと思うんですよ。

 ですから考え方、年齢、それから場所的にも近い方が良いかなと思います。

 場所に限って言えば、最近スカイプなどの技術が出来てからは、場所的な遠さっていうのはあまり感じないような形である程度出来るな!というのは分かりました。

 というのも、社長さんていうのは何をすると喜ぶかっていうと、一緒に考えてあげることが1番のサービスなんですよ。

 中小企業の社長さんに1番近いのは税理士さんですからね。

 ですから、社長さん側からしたら、自分と一緒に考えてくれる税理士さんを選ぶとよろしいですね。

税理士を選ぶ選択基準2:若手でイキの良い人
次のページへ >>

2017年1月18日

税理士 顧問 税理士選び 節税 公認会計士 国税庁OB

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。