節約 社長
松尾 順
松尾 順マーケティングコンサルタント

ホームページ

ワーゲンが機内販売で買える?躍進するピーチ航空の成功を支える秘密

ワーゲンが機内販売で買える?躍進するピーチ航空の成功を支える秘密
 LCCの勝ち組であるピーチ航空は、自社業務に関わる部分で徹底的なコスト削減による節約を行っている一方で、顧客サービスには惜しみない投資や新しいサービスの投入を行うことにより「かわいくておもろい航空会社」というブランディングに成功しています。節約(守り)とチャレンジ(攻め)を良いバランスで保つ企業の好事例と言えるでしょう。

ピーチ航空機内で限定車種ワーゲンが買える?

 こんにちは。ジェネシスコミュニケーションの松尾です。

 先日、福岡に帰省した際、ピーチ航空(以下、ピーチ)を利用しました。

 自分の席に座り、ふと前の座席ポケットを見ると、なんと、ピーチとフォルクスワーゲンのコラボレーションにより、ピーチのブランドカラーであるピンクに塗装した特別仕様車、「Pink Beetle Peach Edition」が機内販売限定で買えるというチラシを発見。

節約社長

 おもしろいので思わず写真を撮ってしまいました。

 限定5台ということですが、はたして機内販売で車が売れるのか興味津々です。

圧倒的な利益率を誇るピーチ航空の節約術とは

 さて、2011年に就航したピーチは、3年連続増収増益を果たし、2016年3月期の売上高479億円、営業利益61億円、最終利益27億円となり、累損一掃を果たしています。

 日本に進出しているLCC(Low Cost Carrier:低コスト航空会社)のうち、いち早く累損解消したのはピーチだけです。

 さらに、注目すべきは利益率の差です。

 売上ではジェットスターが522億円とピーチを上回っていますが、営業利益率はジェットスター2.5%に対し、ピーチは12.9%。

 売上217億円のバニラ航空の営業利益率は6.9%であり、ピーチの営業利益率が突出していることがわかります。

 ピーチの場合、就航当初から限られた資金での展開を強いられたことから、徹底した節約を行ってコストを削ったことで知られています。

 例えば、オフィスのテーブルや椅子は中古ショップやネットオークションで購入したものであるため、大きさや形がバラバラですが、使えればよいという割り切りがされています。

 FAXも廃止。無駄な紙の利用を減らすためです。また、エレベーターには鍵がかかっており、利用するたびに利用料金が発生します。

 2015年には、空港に設置される新型の自動チェックイン機を開発したのですが、なんと段ボール製です。

 おそらく、スチール製のしっかりした筐体よりも、はるかに低コストで製造可能でしょう。

 こうして、関西を本拠地とするピーチらしい、「ケチケチ経営」の徹底が突出した利益率をたたき出すことに成功しているのです。

業務でケチってもサービスには投資を惜しまず

 ただし、ケチるのは自社業務に関わる部分であって、航空会社として重視すべき安全性の向上や、お客様の快適さの部分はケチっていません。

 機体はすべて新品のエアバス320-200型を購入。機体の老朽化が航空機事故につながりやすいからです。(実は、新品のほうが整備費が安く済むため、コスト削減が可能という一石二鳥を狙っています)

 また、座席のシートは革張り。座り心地の良さを追求しています。

 前述の段ボールチェックイン機も、旧型よりディスプレイが大きくなり、搭乗客の使い勝手は向上しています。

ターゲットを明確化し「かわいくておもろい航空会社」というブランディングにも成功
次のページへ >>

2016年12月20日

ピーチ航空 フォルクスワーゲン ブランディング 節約 LCC

松尾 順
松尾 順マーケティングコンサルタント

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。