節約 社長
松尾 順
松尾 順マーケティングコンサルタント

ホームページ

インターネットエクスプローラーを使っている人は離職しやすい?ブラウザーと離職率の意外な関係

インターネットエクスプローラーを使っている人は離職しやすい?ブラウザーと離職率の意外な関係
 経済学者のマイケル・ハウスマンは、「コールセンター(コンタクトセンター)」の従業員について3万人以上の雇用履歴などのデータを入手し、分析を行った結果、従業員の使用するブラウザーの種類と離職率、欠勤率、また業績に相関関係があることを見出しました。クロームを使う人のほうが欠勤率が低いのはなぜか?考えてみましょう。

利用ブラウザと離職率や欠勤率は相関する!?

 こんにちは。ジェネシスコミュニケーションの松尾です。

 今回は、「利用しているブラウザーと離職率や欠勤率との間に関係があることがわかった」という、興味深いデータ分析結果をご紹介します。

 経済学者のマイケル・ハウスマン(以下、ハウスマン)は、銀行、航空会社、携帯電話会社などでお客様の問い合わせなどに対応する顧客サービス部門の担当者、いわゆる「コールセンター(コンタクトセンター)」の従業員3万人以上の雇用履歴などのデータを入手し、分析を行いました。

 分析の目的は「仕事への取り組み方」を雇用履歴等のデータから明らかにすることでした。

 例えば、これまで職を転々としてきた人、ジョブホッパーと呼ばれていますが、彼らのほうがすぐに仕事を辞めてしまうのではないか?という仮説を立て分析しました。

ファイアフォックスとクロームを使う人はIEを使う人より生産性が高い

 分析結果からは、ジョブホッパーと、過去5年間継続して働いてきた人との間で離職率に差は出ませんでした。

 つまり、これまで職を転々としてきたからといって、必ずしも離職しやすいとは言えないことが、今回のデータ分析からわかったのです。

 さて、ハウスマンはデータの中に、仕事に応募する際にどのブラウザーを利用してログインしたかという情報があることに気づき、ブラウザーの選択と離職や欠勤率との関係を分析してみることにしました。

 すると、ファイアフォックス、またはクロームを使っていた従業員は、インターネットエクスプローラー、またはサファリを使っていた従業員よりも15%長く勤務していることがわかりました。

 また、欠勤率との関係では、ファイアフォックス、またはクロームを使っていた従業員は、インターネットエクスプローラー、またはサファリを使っていた従業員よりも19%、欠勤率が低かったのです。

 更に、ハウスマンが業績との関係も分析したところ、ファイアフォックス、またはクロームの利用者は売上、顧客満足が高く、平均通話時間(AHT:Average Handling Time)が短かいことがわかったのです。

 つまり、ファイアフォックス、またはクロームの利用者は、より短い通話時間でより高い売上、顧客満足を達成しており、とても生産性の高い従業員であるということになるわけです。

ブラウザの選択と離職率・欠勤率・業績に相関関係があるワケ
次のページへ >>

2016年11月28日

インターネットエクスプローラー サファリ ファイアフォックス クローム

松尾 順
松尾 順マーケティングコンサルタント

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。