節約 社長
大場保男
大場保男中小企業診断士

ホームページ

ヘンリーフォードに学ぶ新規事業を始める際に問いかけたい質問

ヘンリーフォードに学ぶ新規事業を始める際に問いかけたい質問
 起業時や新規事業を始める際、私達はどうしても「どうすれば利益を得られるか?」といった質問から、これについて考えがちですが、それよりも大事なのは、自らの社会に対する存在意義を最初に問うことです。ヘンリー・フォードが、社会における自らの存在意義を問うた質問はその好例です。

フォードが事業を始める際に自らへ問うた質問

 1900年代初頭、自動車があまり普及していなかった時代において、自動車メーカーが最大の関心事を寄せていたのは「性能の向上」でした。

 しかし、後に「アメリカの自動車は半分がT型フォード」と言わしめたヘンリー・フォードだけは、「どうすれば大量生産できるか」と考えました。

 フォードは、なぜこのような問い掛けをしたのでしょうか?

 彼は、自動車の性能を高めて、一部の人のものにするのではなく、もっと多くの人に自動車を普及させたかったのです。

 そのためには、もっと安価に、大量に生産しなければならない。どうすれば、それが可能になるのか?

 それが、彼の自分に対して問いかけた質問だったのです。

自らの存在意義を問わねば事業の継続は難しい

 フォードが成功した原因、それは、適切な質問を自らに設定し、その回答を徹底して考えたからです。

 起業したり、新規事業を立ち上げる際、私達は、

  市場ニーズはどこにあるのだろうか?
  誰をターゲットにすればいいのか?

 このような質問を、まず自分自身にぶつけて回答を得ようとします。

 しかし、この質問をする前に、多くの人が問いかけ忘れている、もっと大事な質問があります。

 それは次の3つです。
  • 1 私は誰なのか?
  • 2 私の人生は何のためにあるのか?
  • 3 私は何をやるべきか?
 起業や新規事業を考えていく際は、私たちの存在そのものへの問い掛けが、まずは必要なのです。

 なぜなら、私たちには仕事を通して、果たすべきミッションがあるからです。

 これを明らかにしていくと、仕事は単なる労働から、ライフワークへと変化します。

 ミッションを果たしていくという、強いモチベーションが起業や新規事業をを成功に導いていきます。

 ビジネスを成功させるために、人生を充実したものにするために、ぜひ、この3つの質問から起業を考えてください。

「存在意義」とはどうすれば顧客や社会の役に立てるか?ということ
次のページへ >>

2016年11月7日

ヘンリーフォード 起業 新規事業 質問

大場保男
大場保男中小企業診断士

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。