節約 社長
経営者応援.com
経営者応援.com

ホームページ

残業を減らす方法① 仕事量が圧倒的に多い社員の場合

残業を減らす方法① 仕事量が圧倒的に多い社員の場合
 長時間労働は、日本という国全体にはびこる長年の大きな社会問題です。様々な残業を減らす試みが実施されていますが、未だに現場では試みが遵守されていない場合が多いようです。従業員が残業する理由は、100人いれば100通りあるため、タイプ別で残業がなくなる施策を実施する必要があります。今回は仕事のボリュームが圧倒的に多い社員の残業を減らす方法を考えます。

日本にはびこる長時間労働という悪しき慣習

 皆さんもご存知のように長時間労働は、日本という国全体にはびこる長年の大きな社会問題です。

 有給休暇の取得促進や、割増賃金の割増率のアップや様々な対策が講じられてきましたが、この問題は一向に解決されません。

 形式上、いわゆるノー残業デーを取り入れたり、6時間労働を取り入れる会社も増えていますが、現場の社員がそれを遵守しきれていない場合も多いのが現実です。

 経営者にとっても、残業時間の削減ほど悩ましい問題は無いでしょう。

 多くの専門家が、いろいろな残業を減らす方法を述べていますが、提唱される残業を減らす方法を実践しても、なかなか効果的なでないのが実情です。

 私は、以前から、専門書等で述べられている、残業を減らす方法について疑問を持っていました。

 専門書等に書かれている残業を減らす方法自体は、決して間違っていないのですが、残業を減らす方法をダイレクトに考えるのではなく、その前に、現在、行われている「残業の本質」を考える必要あるのでは?と考えているからです。

社員が残業をする理由は100人いれば100通り

 もし、今、この記事をお読みの社長様が、従業員の残業時間の多さで悩んでいるとしたら、「何故、うちの従業員は、こんなにも残業をするのか?」ということを考えたことがあるでしょうか?

 私は、「従業員が、何故、残業を行うのか?」を経営者の方が考えることが、残業を減らす方法を考える上で最も重要なポイントだと考えます。

 私の顧問先でも残業時間の多さに悩んでいる経営者の方は多くいます。

 社長様達の意見を聞いて共通して感じたのが、そもそも、残業を減らす方法を考える際に、「残業を単に1つの概念で考えてしまいがち」だと言うことです。

 つまり、一口に「残業時間」と言っても、「何故、従業員は残業するのか?」その理由は、いくつかの理由に分かれると言えます。

 残業する理由が、幾つかあるのであれば、その残業を減らす方法も、それぞれの理由に応じて複数存在しなければなければならないのです。

業務の必要上残業する社員が存在する際は?

 従業員が残業する理由とは、どのようなものがあるのでしょう?

 メジャーな理由の1つに、「業務の必要上、残業する」場合で、締切りや納期の関係で残業しなければ、業務に支障が出る場合があります。

 このようなケースだと、基本的には従業員本人の意思とは関係なく、残業を行う必要性があります。

 単に残業時間を削減する、という概念だけで社員を縛り付けると、結果的に業務に支障が出てしまいます。

 現在行われている残業が、業務上やむを得ず行われているのであれば、残業を減らす方法を考えるのではなく、業務全体の効率化を考える必要があるのです。

労働生産性を上げる方法は経営陣主導で導入
次のページへ >>

2016年4月12日

効率化 有給休暇 労働量 労働生産性 業務効率化 ノー残業デー 従業員 経営者 残業

経営者応援.com
経営者応援.com

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。