節約 社長

補助金

【今年の大穴補助金はコレ】2月末までにIT導入補助金を申請せよ!

【今年の大穴補助金はコレ】2月末までにIT導入補助金を申請せよ!

 今年から、中小企業がITツールを導入することを支援し、その生産性向上を図ることを目的とした「IT導入補助金」という制度がスタートしました。補助金の申請形式が通常と少し異なる点はありますが、書類を支援事業者が代理で行ってくれ、設立当初で認知が低いため合格する可能性が高いなど、今年の大穴補助金と言えるでしょう。申請して損は無さそうです。

上限3000万なら乗らなきゃ損々!今年の『ものづくり補助金』募集は間近

 毎年募集が殺到する『革新的ものづくり・商業・サービス開発支援事業』(いわゆる『ものづくり補助金』)について平成28年度募集が、10月後半に開始となる見込みです。今回の予算はなんと補助金だけで700億円の予算... 

補助金ニュースの記事をすべて見る

補助金
補助金ニュースをチェックすることが社会制度を有効活用する第一歩です。
節約社長では企業に影響を与える補助金に関する情報を幅広くニュースとして配信いたします。
就業規則の雛形利用で節約のはずがウン百万の損…一体なぜ?

就業規則の雛形利用で節約のはずがウン百万の損…一体なぜ?

 インターネットや書店等では、簡単に就業規則の雛型を入手することができます。特にお金を節約したい創業時に、多くの方がモデル就業規則を使って自社の就業規則を作ります。ところが安易にモデル就業規則を使うと、思わぬ落とし穴にハマります。モデル就業規則の安易な使用によるリスクをどのように軽減できるか考えてみましょう。


振替休日と代休はどちらが会社にとって節約につながるの?

振替休日と代休はどちらが会社にとって節約につながるの?

 「振替休日」と「代休」の違いを、読者の皆様はご存知ですか?両者は法律的に明確な違いを持っており、給与の支払額もどちらを利用するかで全く変わってくる制度です。会社が計画的に休日出勤の人件費を節約するとしたら、振替休日と代休のどちらを社員にとってもらうのがオトクか解説いたします。


実は良い面だけではない!フレックスタイムの抱えるデメリット

実は良い面だけではない!フレックスタイムの抱えるデメリット

 ダイバーシティ(多様な人材を活用すること)の推進や、労働時間の短縮、人件費の削減及び生産性の向上を目指して、フレックスタイムを導入する企業が増えています。フレックスタイムにはもちろん良い面もありますが、導入を検討するなら、デメリットも踏まえておく必要があるでしょう。フレックスタイムのデメリットを2つ提示します。


重大な問題を抱えた社員を雇わぬため会社で事前に出来ること

重大な問題を抱えた社員を雇わぬため会社で事前に出来ること

 優秀な人材を雇うことは、採用において大きな課題ですが、能力はもちろんのこと労務管理の観点から、従業員採用を考える必要もあります。なぜなら雇用した社員が重大な問題を起こす人間である場合、会社は大きな損害を被らざるを得なくなるからです。どうやって、この問題を回避できるか?労務のプロが解説してくださいます。


業績の悪い時ほど熱い想いと明確な意思を社内報に吹き込め

業績の悪い時ほど熱い想いと明確な意思を社内報に吹き込め

 社内報担当者は「社内報を通じて何がしたいのか」という想いと、明確な意思を持った人間でなければなりません。なぜなら、この想いと意思があるか否かは、企業の業績が厳しい時ほど、社内報の存在価値を高めるために役立つからです。「業績が悪いからつまらない社内報しか作れない」というのは言語道断。社内報から社内の閉塞感を吹き飛ばしましょう。


キャッシュ難の時に賞与・昇給見送りを社員に認めてもらう方法

キャッシュ難の時に賞与・昇給見送りを社員に認めてもらう方法

 賞与や昇給は労働者の大きな関心事です。しかしながら、経営者には本来「賞与を支払うか否か」「昇給をするか否か」が自由裁量として与えられ、条件を就業規則等で通知すれば良いことになっています。ここで問題となるのが賞与や昇給を一度約束すると、資金難等の事態で会社が傾いた時でも支払わねばならないことです。このような事態に事前に備えるため、どうすれば良いか解説いたします。


マイナンバー制度始動 会社の安全管理措置を講じよう

マイナンバー制度始動 会社の安全管理措置を講じよう

 平成27年10月5日からいよいよ社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)が開始しました。企業は同法において「収集・保管・利用」という3つの区分作業について責任を持つ必要があります。中でも一番大事なのが、「管理」です。マイナンバーについて管理一般の事業者(会社)は、この安全管理措置を講ずるよう国から求められています。自社にあった形で安全管理措置を講じられるよう今から準備をしていきましょう。


男女雇用機会均等法で初の事業所名公表はクリニックだった

男女雇用機会均等法で初の事業所名公表はクリニックだった

 妊娠したことを理由に女性職員を解雇し、国の是正勧告に従わなかったとして、厚生労働省はマタハラで茨城県牛久市のクリニックの実名を公表しました。クリニックは約9割を女性職員が占めており、資格保持者が多く、離職率も高い場所であり、もともと職員の権利意識が強くトラブルが多い職種のひとつです。今回のように実名が公表されると経営が圧迫される可能性があるため注意が必要です。


補助金ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。