効率化

効率化ニュースをチェックすることが企業の業務効率化に役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では企業の効率化を図る上で役立つ情報に独自の視点を加え、幅広くニュースとして配信いたします。

スポンサーリンク
効率化

生産性が高く時間を有意義に使える人は「スイッチングコスト」をかけない

私達に与えられた1日の時間は皆同じ24時間。働く時間はなるべく生産性を高めて、質の高い仕事を成し遂げたいところです。ところが、ここで私達に立ちはだかるのが「スイッチングコスト」という大敵です。どのような仕事の仕方をしている時にスイッチングコストが発生するのか?スイッチングコストを無くす方法とは?
効率化

他人のの価値観やゴールを変える?どうやって?

相手の価値観やゴールが自分のそれと合わずに、ぎくしゃくしたり、腹が立ってどうしようもない気持ちになったことはありませんか?こんな時に相手を責め立てたり、相手のゴールや目標を強引に変えようとしても、かえって状態は悪化するだけです。それでも相手を変えたいと思うならどうしたら良いのでしょうか?
効率化

貴方の会社から人が辞めていくのには、それなりの「理由」がある

この前まで笑顔で貴方と対応していたはずの社員が、突然会社を辞めると言い放ってきたら?きっと、少なからずショックを受けることでしょう。その社員に期待をかけていたとしたら尚更です。表面上は大人の対応をしていても、社員が辞めていくのには「それなりの理由」があります。どうやって、未然に社員の離職を防ぐ策を講じればよいのでしょうか?
スポンサーリンク
効率化

決意で継続は実現しない。継続は技術により実現する。

私達が何か目標を立てる時、すべての目標は「継続」によって実現します。しかし、あれほど強く決意して建てた目標であっても、多くの人はこれを達成することなく、挫折を味わうことになってしまいます。なぜなら継続することは人間にとって困難だからです。継続は技術であることを理解し、技術に基づいて行動を継続しなければ、継続と目標実現は達成されません。
効率化

私達が皆、自らを「投資家」であると認識するべき理由

あなたは、誰かに「あなたは投資家ですか?」と尋ねられたら、どう答えますか?多くの人は、「自分は〇〇業を営む経営者です」「自分は会社員です」「私はパート社員です。」「主婦です。」と答えることでしょう。しかし、筆者の黒坂さんは、「世の中の全ての人は投資家である」と断言します。その理由を以下解説してもらいました。
効率化

なぜ毎日オフィスに行くの?なぜ会社に人がいないと不安なの?通勤疲れない?

毎日オフィスに行くのが当たり前。多くの人がそう思っていますが、実際のところ、オフィスに毎日行く必要なんてあるのでしょうか?冷静に考えてみると、オフィスに毎日社員と社長がいることは様々な弊害を生み出します。キミアキ先生の解説です。
効率化

社員が自分で仕事のデッドライン(期限)を決めて仕事している会社は儲かる

社員が自分の仕事にデッドラインを設けていない会社は、「仕事が終わった時間」=「自分は仕事をやりきった」という価値観を社内に生む結果、長時間労働が慢性化します。一方、デッドラインを設けている会社の社員は、「なぜこの仕事をやるのか?」「仕事の優先順位は?」「自分の付加価値はいくらか?」と考えているので、短時間で生産性の高い仕事をこなし、結果として業績に寄与する自律型の人材として価値を高めていきます。
効率化

広告に「箇条書き」があると人の反応は「うざい」から「興味あり」に変わる

人は広告が基本的に好きではありません。しかし、ある条件を付けて広告を提示すると、俄然注目してくれるようになります。それは『箇条書き・リスト』で広告の内容を表示することです。なぜか?3つの理由を御紹介します。
効率化

重要な仕事を常にこなしたいなら最強のタスク管理術『IBDメソッド』を学べ

人は重要な仕事、今一番やらなければならない仕事ほど、なぜか後回しにしてしまう性(さが)を持っています。ゆえに、自分の性分をそのまま放ったらかしにしておくと、やらなければならぬことが山積みとなり、いつしか何も仕事が進まない状況となってしまいます。そこで本稿では、一番重要なことからやらざるを得なくなるタスク管理術『IBDメソッド』を御紹介します。
効率化

スルガ不正融資で本当に悪いヤツらの正体は三為業者!彼らが次に売りつけるモノ

スルガ銀行の「スルガスキーム」が崩壊して約9ヶ月が過ぎようとしています。実は、今回の問題であまり取り沙汰されることなく、一番儲けていながら罰を受けていない人間達がいます。それは不動産の「三為業者」です。彼らは未だにのうのうと営業を続けており、次に売り始めるものは、おそらく1Rマンションのはずです。この話には絶対に乗らないようにしてください。キミアキ先生の解説です。
効率化

過去の生存戦略を捨てられぬ人が実践すべき「アンラーン」2つのステップ

時代によって生存戦略は次々と変化していきます。昭和の時代には昭和の生存戦略があり、平成のはじめには平成初期の生存戦略がありました。しかし、これらは過去の遺物となっています。しかし、過去の生存戦略で成功した人、長い時間浸かってきた人ほど、これを捨てされず、ビジネスの敗者となっています。現代を生きる私達に必要な能力、アンラーン(学んだことをリセットする)をご紹介します。
効率化

仕事に行き詰まったら一旦フワッと浮いてみよう「ヘリコプター理論」のススメ

仕事が猛烈に入って忙殺されている時、思うように仕事が上手く行かず「行き詰まり感」を感じる時、人はどうしても頑張ってその状態を脱しようと必死にもがき、結果として負の連鎖に陥りやすいものです。こんな時ほど、一旦作業を中断して、ヘリコプターのようにフワッと浮いて全体を見渡すのはいかがでしょうか?ヘリコプター理論のご紹介です。
効率化

理想の高い40代婚活女性に告ぐ。そのまま進め!バカにする奴は一切無視

40代の婚活女性が、結婚相手に「20代」「イケメン」「非常に優しい」「浮気をしない」「仕事をバリバリ働いて、年収は一千万円以上ある」「子育ても積極的に手伝ってくれる」という条件を求めているとしたら、あなたはどう感じますか?もしあなたが女性の立場にいたとしたら?実は、その理想の高さ、全然ありなんです。
効率化

嫌われそうで女性にモテる行動、それは女性に『小さなお願いをする』こと

『嫌われそうで女性にモテる行動』、それは『小さなお願いをする』ことです。これは、心理学の”一貫性の法則”を活用したテクニックで、母性が強く、集団のつながりの中で自分の役割や生きがいを見出す傾向の強い女性には、良い印象を与えることができます。ぜひ、あなたも一度試してみませんか?
効率化

ダイエットに失敗する人とビジネスに失敗する人の失敗構造は基本的に同じ

『体重計に乗る頻度』と『ダイエットの成功確率・リバウンドしてしまう確率』には、一定の相関関係があります。その代表例が、毎日定期的に体重計に乗る人はダイエットの成功確率が高くて、リバウンドしてしまう確率が低いことです。ビジネスも同じで、優れた経営者は、例外なく『然るべき数字』にとても敏感です。あなたはどうですか?
効率化

本番当日は高みの見物〜段取り八分を浸透させれば仕事は大体上手くいく

「段取り八分に仕事二分」という言葉には、「世の中のほとんどの仕事は、段取りを8割やっておけば、当日を迎えるだけで仕事が100%終わる」という意味があります。しかし、この言葉の意味を本当に理解して実践することは意外にも難しいものです。そこで本稿は、段取り八分を実現する具体的な5つのステップをご紹介します。
効率化

質問ばかりして動かない人は結局、貴方にとってクソ客になりやすいという真実

あなたの見込み客に、質問ばかりしてくるけれど、最終的に「決断しない」「動かない」「商品を買わない」という人はいませんか?残念ながら、このようなタイプの人の質問は、やらない理由探しであることが多く、結局のところ、あなたや商品に対しての依存心が強かったりします。誠実に対応しても動かないなら、自分達を求める顧客探しに邁進したほうが良いかもしれません。
効率化

あなたの会社が不採算事業から撤退するのを阻む5つの「撤退障壁」

撤退障壁とは、ある業界で競争している企業が、収益性が低い、あるいは、マイナス収益率で操業しているにも関わらず、その業界に留まらざるを得なくしている経済的、戦略的、感情的要因のことだ。どのような要因が私達が撤退を躊躇させるのか説明し、どうすれば撤退障壁から逃れられるかについても考えてみる。
効率化

【劇的効果】イライラやストレスを軽減して行動の源泉に変えられる3つの手順

私達のイライラやストレスは、『あるべき姿』と『目の前にある現実』とのギャップ『認知的不協和』から生まれるものです。『認知的不協和』を使いこなすことができれば、私達はイライラやストレスを力に変えられますが、そうできない時もあります。どうすれば、押し潰されそうなストレスにさらされた時、これを軽減し、力に変えられるか、詳しく解説していきますね。
効率化

国から中小企業に与えられた至上命題「労働生産性を上げる」7つのコツ

労働生産性を上げることは国から中小企業に与えられた至上命題です。トレンドに乗れない企業は容赦なく国から見放され、潰れていく運命にあります。そこで本稿は、労働生産性(一人あたりの付加価値)を算出する公式を把握しながら、労働生産性を上げる7つのコツについて解説していきたいと思います。
スポンサーリンク