効率化

効率化

本番当日は高みの見物〜段取り八分を浸透させれば仕事は大体上手くいく

「段取り八分に仕事二分」という言葉には、「世の中のほとんどの仕事は、段取りを8割やっておけば、当日を迎えるだけで仕事が100%終わる」という意味があります。しかし、この言葉の意味を本当に理解して実践することは意外にも難しいものです。そこで本稿は、段取り八分を実現する具体的な5つのステップをご紹介します。
効率化

質問ばかりして動かない人は結局、貴方にとってクソ客になりやすいという真実

あなたの見込み客に、質問ばかりしてくるけれど、最終的に「決断しない」「動かない」「商品を買わない」という人はいませんか?残念ながら、このようなタイプの人の質問は、やらない理由探しであることが多く、結局のところ、あなたや商品に対しての依存心が強かったりします。誠実に対応しても動かないなら、自分達を求める顧客探しに邁進したほうが良いかもしれません。
効率化

あなたの会社が不採算事業から撤退するのを阻む5つの「撤退障壁」

撤退障壁とは、ある業界で競争している企業が、収益性が低い、あるいは、マイナス収益率で操業しているにも関わらず、その業界に留まらざるを得なくしている経済的、戦略的、感情的要因のことだ。どのような要因が私達が撤退を躊躇させるのか説明し、どうすれば撤退障壁から逃れられるかについても考えてみる。
効率化

国から中小企業に与えられた至上命題「労働生産性を上げる」7つのコツ

労働生産性を上げることは国から中小企業に与えられた至上命題です。トレンドに乗れない企業は容赦なく国から見放され、潰れていく運命にあります。そこで本稿は、労働生産性(一人あたりの付加価値)を算出する公式を把握しながら、労働生産性を上げる7つのコツについて解説していきたいと思います。
効率化

驚くほど簡単に女性に”モテる”ようになるコミュニケーション習慣

男性のコミュニケーション能力を高める方法、それは、「女性のリアクションの真似をすること」です。2〜3歳くらいの子供と接している時を思い出しましょう。子供達の真似をすると、皆キャッキャと喜んで笑いますよね。女性に対しても、わざとらしく真似するのはNGですが、さり気なく相手の真似をすると、好意を抱いてもらいやすくなります。
効率化

無能な社員はクビにするか?雇い続けるか?コーチングメソッドによる解決方法

無能な社員。たとえば、窓際族のようにあんまり仕事ができない社員であろうと、情熱のない状態で仕事をする社員であろうと、一度雇用した社長の立場からすると、彼らをクビにするのは非常に辛い決断です。無能な社員はクビにするか?雇い続けるか?この問題に対するコーチングメソッドによる解決方法をご紹介します。
効率化

「無料で何かをくれくれ君」とは縁を切れ〜彼らの正体はドリームキラー

何でもかんでも無料でくれ、この情報を教えてくれ、この方法を教えてくれ、と聞いてくる「無料で何かをくれくれ君」が、あなたの周りにはいませんか?彼らは自分の考えに固執し、こだわりが強く、そのくせ自分の力で何かを成し遂げようとしません。望むものが与えられぬ時、彼らは激しく怒り、あなたに執着します。その姿はドリームキラーそのものです。
効率化

過去の遺物「老害」の思考回路 「AI導入」は老害を駆逐する口実に過ぎない

あなたは「老害」と呼ばれる人種と仕事をしていませんか?老害は、新しい道具を使うことはズルいと考え、今までのやり方をガラッと変えたり、ゼロベースで積み上げて新しいやり方にチャレンジすることを拒みます。今、AI導入と声高に叫ばれていますが、実際にはAIと呼ばれるものの99%はAIではなく、人間が作り上げたプログラムです。実際のところ、「AI導入」は老害を駆逐する口実に過ぎません。
効率化

「平成」から元号が変わる際に企業の負担が想定される2つのコスト

平成31年4月30日をもって「平成」という元号が終わり、新しい元号へ変更となります。会社のデータやデータを処理・保管するシステムが、西暦のみというケースは少ないため、使用するサービスやシステムに大規模な修正作業が発生する可能性が高まっています。「平成」から元号が変わる際に企業の負担が想定される2つのコストをご紹介します。
効率化

35歳以上のミドル層が選ぶ理想の経営者ランキング第1位は?

35歳以上のミドル層ビジネスマンと言えばある程度の経験も積んで仕事もバリバリとこなす期待の星。彼らにとって理想の経営者とはどのような人物でしょうか?経営者の理想像と、現在の職場への満足度や経営者に求めること、残念に思っていることをアンケートとしてまとめています。ランキングでは松下幸之助や孫正義が選ばれ、その理由も掲載しています。
効率化

当たり前だけど実践は難しい モテたかったら「◯◯なイメージ」を女性に抱かせよう

誰も最初から自分の深い部分、本当の中身など見てくれません。だから、自分が他者に与える印象(イメージ)は、モテる・モテないにとても大きく影響します。では、女性に対して、どんなイメージの男性がモテるのでしょうか?答えは当たり前なものですが、意外と実践が難しいものでした。JURIさんの解説です。
効率化

「人生100年時代」に突入した日本 65歳から始まる「人生の黄金期間」

男性の平均寿命が80歳を超えたのは2014年のこと。これで男女とも80歳を超えとなり、日本は「人生100年時代」にいよいよ突入しました。65歳で退職したら待っているのは「子育ても終わり趣味に没頭できる穏やかな日々」というのは過去の幻想。60歳を過ぎてからの15年間はライフワークに最適な「人生の黄金期間」となります。
効率化

時間が無いなんて嘘っぱち。忙しいのに貧乏な社長は無駄な◯◯に時間を使ってる

「忙しい!時間がない!時間がない!」駆けずり回って、365日働いているのにちっとも儲からない社長。あなたの周りにいませんか?彼らに共通すること、それは、無駄な人脈と無駄なコミュニケーションに時間を費やしていることです。その時間を自己投資に使い、本当に引き上げてくれる人との時間に使えば、結果は全く違うものになるはずです。
効率化

Amazonやメルカリで行われる食品の転売 メーカーはどう食い止めれば良い?

メルカリやアマゾンを利用した個人間の商取引が盛んになっています。一方で、ECサイトを多くの人が活用するようになって、様々な問題が起こりはじめているのも現実です。たとえば、食品メーカーならば、自らが関与しない転売によるブランド毀損や賞味期限を巡るトラブルが起こる可能性もあります。どのようにこれを防げばよいのでしょうか?
効率化

恥ずかしがらず夢を語れ 人は夢を叶えるために生きている

「夢を語るのは恥ずかしい」と考える人はたくさんいます。確かに、夢や目標があっても、やぶれることのほうが多く、それが”失敗”という形になってしまうこともあります。公に夢を語れば、誹謗中傷をしてくる人もいるでしょう。だとしても、人生は一度きりであり、人それぞれにどう生きるかの選択権があります。ならば、夢を語り実行したほうが楽しいのではないでしょうか?
効率化

中小企業の社長が「あえてKY(空気読まない)」ほうが上手くいくワケ

小さな会社が勝利を掴み取るためには、自分が勝てる土俵を見つけて、そこで徹底的に戦う必要があります。ところが世の中には「空気」というものが蔓延しており、空気を読んで動くことが重んじられてます。ところが、小さな会社が空気に流されれば、待ち受けるのは大手やライバルとの果てなき戦いです。あえて空気など読まず、己の土俵で勝負してみませんか?
効率化

自助論〜天は自ら助くる者を助く〜業績は社員の質と社風で変わる

「天は自ら助くる者を助く」これはイギリスで大ヒットした「自助論」という本の副題です。“一国の政治は国民を映し出す鏡であり、政治が国民のレベルより進みすぎている場合には、必ずや国民のレベルまでひきずり戻される”という主張が提示されています。国を企業に置き換えると、業績は社風で決まる、と言えます。
効率化

【J-GoodTech (ジェグテック)登録】海外企業とのマッチングサービスが全て無料!

海外進出したい!けれども、信頼できる伝手も無く、使える予算も限られている…そんな企業の皆様にご紹介したいのが、中小機構が運営する海外ビジネスマッチングサイト「J-GoodTech (ジェグテック)」です。登録時に審査が必要ですが、合格すれば同サイトが提供する海外企業とのマッチングサービスが全て無料で受けられるようになります。
効率化

自分にとって望ましくない嫌な客は最初から断ると決めて良いか?

自分たちの価値観や商品に合わない客は最初から断りたい、これは商売をやっている方なら誰もが思うことです。一方で、顧客の選別基準を考える時は、単純に「〜な人に今持っている商品を売る」と考えたのでは、木を見て森を見ず状態になってしまいます。なぜなら、マーケティングとはシステムであって、全ての行程が一気通貫していなければ、顧客に反応してもらえなくなるからです。
効率化

ロンブー淳さんに学ぶ!女性がデートに行かざるを得なくなる口説き方

ロンドンブーツ田村淳さんが芸能界でも指折りのモテ男であるのは誰もが知るところ。そんな彼は意中の女性をデートに誘う際、あることを意識的に行っていたそうです。それは、「お願い」を4回、軽いノリで繰り返し連呼することです。なぜ、この行為が有効なのか?どんなタイミングでやれば効果的に作用するのか?JURIさんが解説してくれます。