節約・節電しながら暑さを凌ぐ効率的な方法を5つご紹介!

健康

 少しずつですが、汗ばむ季節になってまいりました。ノルド社会環境研究所が、300人のサラリーマンを対象とした「暑さ」に対する意識調査によると、職場を含む屋内で暑さにより体の不調を感じた人は35.3%にも及び、給与換算すると1日7326円の損失。暑さでの仕事効率低下は約4割と判明しました。そこで、節約・節電しながら涼しくなれる方法を5つご紹介します。

スポンサーリンク

暑さによる仕事の効率低下は約40%に及ぶ!

  給与換算すると1日7326円の損失。暑さでの仕事効率低下は約4割と判明 。

 これは、ノルド社会環境研究所が、2013年に300人のサラリーマンを対象として、ヒアリングした内容だ。

 職場を含む屋内で暑さにより体の不調を感じた人は35.3%にも及んだ。実に、サラリーマンの3人に1人が、暑さによる体調不良を経験しており、10人に1人は「熱中症」(8.7%)になったことがあるのだ。

 暑さによる能率低下の度合いを聞くと、平均で39.1%と、約4割も仕事効率が低下する結果となった。

 対象者の1か月の平均勤務時間や、平均月収から換算した1日の平均勤務時間は9.4時間、時給が1928円のため、これを時間に換算すると1日3.8時間、給与換算すると1日7326円が、暑さのためにムダになっている計算となる。※1

 確かに、外回りから帰ってきたときなど、暑くてうだってしまいそうになる人もいるだろう。

 そこでなるべく電気を消費せず、涼しくなれる方法をご紹介したいと思う。

スポンサーリンク

電気を節約し涼しくなれる5つの方法をご紹介

1)下着には気を遣う/メッシュ素材は速乾性バツグン

 下着や靴下には気を遣って、メッシュになっているもの等、薄くて汗の速乾性が高い素材の服を着ると、不快度が減って気持ち良い。

2)昼休みのご飯に気を遣う/夏野菜は身体を冷やす

 夏にとれる野菜(ナス、トマト、キュウリ等)は、身体を冷やしてくれる効果がある。コンビニエンスストアでは、この時期これらの野菜を浅漬にして販売したりしているので、疲れた時や暑い時に購入してみては?

3)熱冷まし用シート/人にバレず身体を冷やせる

 熱が出たときに額に貼るあのシート。アレを背中や首の根本にペタッと貼ってみよう。外から見て何の変化もないのに、関節が冷えるのがポイントだ。

4)USBファン/節電・節約効果が抜群

 USBで充電が可能な小型扇風機を一つ持っておくと非常に便利だ。小さいながら風量は十分で涼しくなれる。また一人用なので、周りの人に迷惑をかけないところも良い。

5)ミストファン(扇風機)/自然な涼しさを感じて身体を冷やし過ぎない

 ミスト機能がついた手持式の扇風機である。ミスト機能を利用すると、自然な涼しさを体感できるので、営業など外出時に良いだろう。

スポンサーリンク

節電は必要だが我慢は嫌なのがみんなの本音

 他にも、身体を冷やすアイテムとして典型的な、アイスバッグや、冷感タオルも駆使しながら、身体を冷やすことを啓蒙しよう。

 ノルド社会環境研究所の調査によると、多くのサラリーマンは、節電の重要性は充分理解しつつ、職場の冷房設定温度には不満を持っているという。

「節電は必要だが我慢はしたくない」というのが、本音なのである。

 積極的に暑さ対策を推奨し、少しでも仕事の生産性を高め、効率的に仕事が捗るよう、暑さ対策グッズの啓蒙活動を、経営者から始めよう。

参照元
※1http://www.nord-ise.com/news/Release_130805.pdf

健康
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長