お客様が自分の思う方向へ素直に行動してもらう方法

節約

お客様が自分の思うように動いてくれない時

 はい、こんにちは。島倉です。

 今回は、『クライアントが中々動いてくれない時にどうするか』というお話をしたいと思います。

 私も実は経営コンサルタントとして、クライアントである社長さんとの間で、この問題に悩んでいたことがあります。

 現在はそういう状況も殆ど無いのですが、10年前とかは、社長さんが動いてくれずに困り果てていました。

 「なんでやらないのか!」「自分のビジネスなんだから覚悟決めてやらないと駄目でしょ!」と思っていたのですが、それでは事態が解決しないわけですね。

 挙句の果てに、そういった社長さんは「いや、そんなに言うんだったら、島倉さんやってよ!」と言い始めるんですよ。もう、逆ギレ状態です。

 コンサルタントは、あくまでもアドバイスでお金を頂いてるんで、業務請負の契約もしていれば良いのですが、そういう契約は殆ど無いので私がやるわけには行きません。

 そんなこんなでこちらも参るわけです。

 でも、今は本当に全ての社長さんが私が提案した通りに動いてくれて、非常にうまく行って結果も出しやすくなりました。

お客様に自分の望む方向へ動いてもらう方法

 では、どうして今、皆さんが動いてくれるようになったか、結果が出やすくなったか、というと秘訣があります。

 それは、「一度に大量の物を提案しない」「優先順位の高いことから、一つずつフォーカスして解決していく」ことです。

 そもそもコンサルタントを頼む社長さんは、『集客の悩みがある』『売上の悩みがある』といった具合に、色んな悩みや課題を抱えてるわけですよ。

 あらゆる事が出来ていなくて、10個とか20個とか課題があるんですよ。

 駄目なコンサルに頼むと、それを全部「あれもこれもやりなさい」「それもやりなさい」みたいな感じで全部提案されるんです。

 クライアント側からすると、どう思ってしまうかというと、もうアップアップしちゃうんですね。頭の中がパニックになっちゃうと。

 しかも、コンサルタントは上の立場から喋る人が多いので、余計にこわばって動けなくなるんですね。

 なので、まず相手の困っていることを洗い出したら、優先順位をつけて「まずここからやりましょう」という提案をしています。

 これは、クライアントさんだろうが、部下だろうが、家庭であろうが、全部一緒かなと思っています。

 言われれば当たり前のことなんですけれども、案外この当たり前の事をやるのが難しいんですよね。

 ぜひ、皆さんもクライアントさんが動かないと悩んでいるなら、上記を参考にしてみてください。

 
節約
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

1974年生まれ。筑波大学大学院経営・政策科学研究科修士課程修了 MBA。さらに、博士課程に進学して、博士号取得。博士号取得後、外資系・国内独立系コンサルティング会社を経て、株式会社マーキュリーコンサルティングを設立。

経営コンサルタント業界の異端児として、全国延べ1600社以上の会社やひとりビジネスを支援する。また、財団法人埼玉県中小企業振興公社をはじめ、各都道府県中小企業振興支援センターの専門家として、中小零細企業の経営支援や独立・創業支援をする傍ら、全国の大学、商工会議所、商工会、青年会議所、金融機関などの主催による講演会の講師として活躍し、あらゆる業界で勝ち組企業や成功者を生み出している。更にトップアフィリエイターとしても活躍。キャンペーンの報酬ランキングに常に上位ランキングしている実績を持つ。現在、年収1億円起業家を輩出するため、日々コンサルティングに奔走している。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

個別コンサルティングお申込みは、こちらから

完全放置アフィリエイト塾お申込みは、こちらから

パーフェクトマインド口座お申込みは、こちらから

島倉大輔をフォローする
節約社長