ペプシコが3,500億円でソーダストリーム買収〜跳ねる買収2つの条件

事業譲渡

ペプシコが3,500億円を投じてソーダストリームを買収

ペプシコが、炭酸水を自分で作れるソーダメーカーのメーカーであるソーダストリームを買収すると報道されています。

日本でも炭酸水が身体に良いという触れ込みで、少しずつ広まりを見せています。

ちなみに、ペプシコによるソーダストリームの買収金額は、約3,500億円(約32億ドル)ということです。

同社の財務状況は、直近の決算期(2017年12月期)で、売上高は5億4,300万ドル(約597億円)、純利益7,400万ドル(約81億円)です。

ということは売上の6倍、利益の40倍以上の金額で買収されたわけです。

M&A取引で数値が「跳ねる」案件が発生する2つの理由

このように非常に高い金額のつくM&A取引を私は「跳ねる」案件、と呼んでいます。

このように数値が跳ねる理由はたった2つです。

  • 1)買い手が相当な自信をもって、その投資額を回収してあまりあるビジネスの目算をもっている
  • 2)買い手の勘違い

普通は1)なのでしょうが、実は私の目からは2)に映る取引も、かなりあります。

ペプシコはもちろん1)を狙っているのでしょうが、3,500億円を回収し、投資として成功させるには、近い将来1,000億円程度の税引前利益を出す必要があるでしょう。

ペプシコの販路をつかって、それを実現するのでしょうか。

あるいは、この会社が順調に伸びた場合、ペプシコの売上や利益を圧迫する可能性があり、その目をはやめに積んだ可能性もゼロではありません。

対象会社のポテンシャルがなければ実現しない話

いずれにしても今の段階では、それだけ買収金額が跳ねる理由がペプシコにはあったはずです。

このような跳ねる案件になるためには、時期や経済環境に加え、対象会社に相当なポテンシャルがなければいけません。

現実的な問題として、そんな会社はほとんどないのです。

したがって、こうした取引についての情報を入手することはよいのですが、表面的な結果だけを見て、自分の会社も跳ねる値段で売れるはずだ、と思い込んでも、その思い込みが実現することはほとんどありません。

これがM&Aの現場における現実です。

Photo credit: ohmeaghan on Visualhunt / CC BY

事業譲渡
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
大原達朗

一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会代表理事・アルテパートナーズ株式会社代表取締役として、M&Aを手掛ける公認会計士です。

BBT大学、法政大学院イノベーションマネジメント科の教員も兼任しております。

大企業だけではなく中小企業にとっても、ユーザーフレンドリーな会計業界を、世界中に広めることが目標です。

M&Aの悩み(会社や事業を売りたい/会社や事業を買いたい/小規模M&A投資を検討している)があれば、お気軽にお問い合わせください。

運営サイト:
経営者のための実践ファイナンス

【現職】
一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会代表理事
アルテ監査法人代表社員
アルテパートナーズ株式会社代表取締役
日本マニュファクチャリングサービス株式会社監査役
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科兼任講師
ビジネス・ブレークスルー大学大学院准教授
ビジネス・ブレークスルー大学准教授
PT. SAKURA MITRA PERDANA Director

【職歴】
1998年10月 青山監査法人プライスウオーターハウス入所
2004年1月 大原公認会計士事務所開設
2004年6月 株式会社さくらや 監査役
2006年1月 株式会社ライトワークス リスクコンサルティング部ディレクター
2007年4月 ビジネス・ブレークスルー大学大学院講師
2008年4月 法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科兼任講師(現任)
2008年4月 アルテ公認会計士共同事務所開設 代表パートナー
2008年6月 日本マニュファクチャリングサービス株式会社 監査役(現任)
2009年4月 アルテパートナーズ株式会社設立 代表取締役(現任)
2010年7月 アルテ監査法人設立代表社員(現任)
2010年8月 日本M&Aアドバイザー協会 理事
2014年10月 日本M&Aアドバイザー協会 代表理事(現任)
2016年4月 ビジネス・ブレークスルー大学准教授(現任)

【所属団体】
日本公認会計士協会、一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)、日本税理士会、日本CFO協会

【資格】
公認会計士、税理士、 JMAA認定M&Aアドバイザー (CMA)

【その他】
ビジネス・ブレークスルー大学大学院MBA/経営管理修士(専門職) 日本CFO協会主任研究員(2006年)

大原達朗をフォローする
節約社長