女性から「一緒にいて落ち着く」と言われるモテ男がやってる2つのこと

健康
スポンサーリンク

女性は安心を求める動物であり、男性に安心を求めている

今日は、『一緒にいると落ち着くと思われる男性の特徴』についてお話させて頂きたいと思います。

女性はやっぱり、『安心を求める動物』なんですね。

なので、男性に対して「あー、貴方といるとすごい落ち着くなぁ」と感じると、「落ち着くなぁ」という気持ちが「また会いたいな」という気持ちに変わっていきます。

「また会いたいなぁ」と思う気持ちが沢山増えていくと、「やっぱあの人のことが好きだな」とか「あの人とお付き合いしたいな」と、そうやって思うようになっていきます。

女性が安心感を抱く男性は「味方になり否定しない人」

では、どういった男性に女性は落ち着きを覚えるのでしょうか?

それは、女性に対して『絶対的に味方でいる』『絶対に否定しない』男性です。

味方でいて、否定しない。

「君は正しいよ」と言ってくれる男性に対して、女性は安心を感じるんですね。

例えば、悩んだ時とか落ち込んだ時のアドバイスは禁物です。好きな女性がそんな状態の時は絶対的な味方でいてあげましょう。

「大変だったね」と言ってあげて、「上司がどうのこうの」って言ったとしたら、「なんなのその上司?」と言って、「俺だったら絶対怒らないけどね」みたいな感じで、女性を否定した相手方を否定して、女性の味方となってあげましょう。

逆に、彼氏と別れて落ち込んでいる女性が、まだその男性を好きそうだったら、「◯◯さんが好きな人なら、きっと良い人なんだと思う。」と、女性の状態を肯定してあげましょう。

もちろん、自分の本心とかあると思うんです。

「それ、こうすれば良かったんじゃない?」とか、「早くそんなヤツ振り切っちゃいなよ」とか、その本心は凄くわかります(笑)。

でも、あなたにとってのゴールは、気になっている彼女と付き合うこと、仲良くなることですよね。

まずはゴールを優先しましょう。もっと仲良くなればコミュニケーションの選択が様々生まれるはずですから。

理屈っぽく考えて指摘してしまう男性はどうすればよい?

最後に、「どうしても理屈で考えて、そんなことできそうに無い!」という男性の皆さんにアドバイスです。

もし、あなたに理屈っぽいところがあるなら、「恋愛に発展する前段階で、その女性がどうしてほしいのか?と考えることは、クライアントがどうしてほしいのか?と仕事で考えるの一緒!」くらいに割り切っちゃって、やってみましょう。

本格的な恋愛の前段階の女性は、お客様と一緒くらいに接してあげてみては。あなたは彼女が好きなのだから。気になるのだから。

「俺は絶対に◯◯ちゃんの味方だから、何かあったら言ってね。」みたいな感じで、絶対的に味方になってくれるって思うと、やっぱり相談もしやすくなるし、心の拠り所にしたくなります。

「いやぁ、この人一緒にいて安心する。大好きだよ。」と思ってもらえる流れが出来ますので、好きな女性、気になる女性には『絶対に自分は味方だよ』と伝えてあげてください。

健康
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
有馬 樹里

恋愛・婚活スタイリストJURI

1976年6月26日生まれ 東京都出身

恋愛・婚活カウンセラー、恋愛・婚活セミナー講師

【恋愛・婚活セミナー講師として】

2011年に恋愛・婚活セミナー講師として開業

その後、東証一部上場結婚相談所IBJのカウンセラー、
恋愛アカデミーの婚活セミナー講師、
その他結婚相談所などと提携して活躍。

自身でも恋愛・婚活セミナーや
個別カウンセリングを実施し、
述べ10000人以上を担当。

請け負った会員は100%お見合いに至り、

交際から半年以内で成婚に結びつけた確率60%超という実績を誇る。

【著者として】

2016年3月に出版した著書
「彼女が欲しい方必見!必勝☆モテる出会いの技術」

2014年4月に出版した著書
「次・また会いたい人」

いずれもAmazon心理学ランキング1位を獲得。

【Podcastラジオパーソナリティーとして】

AppleのPodcastラジオでは、
恋愛・婚活専門家のJURIの
『野獣でも美女を捕まえるテクニック。
 女性の本音、教えます。』

では、

社会/文化部門で1位を獲得。

わかりやすく実践しやすいと定評を得ている。

【完全無料!podcastラジオ】
→iPhoneの方
→Androidの方

【メルマガ】
『90日以内に理想の彼女を作るスピード婚活メソッド』
5ステップ動画無料プレゼント!
こちらから

【LINE@】
LINE@登録はこちらから
LINE ID:@mxw9966u(@も入れて検索してね♡)

有馬 樹里をフォローする
節約社長