叶えやすいゴールと叶えにくいゴール〜モテたい?金がほしい?ならこうしろ!

起業
スポンサーリンク

世の中には叶えやすいゴールと叶えにくいゴールがある

皆さん、こんにちは。脳科学教育コンサルタントのクロスです。

今日のテーマは、「叶えやすいゴールと叶えにくいゴール」です。

まず、なにか目標であるとかゴールを設定する時には、微妙なゴールと良いゴールというのがあって、大体上手くいっていないゴールの特徴としては、自分の『Want to』が凄く強すぎるということが大体共通してます。

誰にでもこれは共通しています。

上手くいかない時は、例えば『自分がモテたい』『自分が金持ちになりたい』『自分が有名になりたい』『自分だけ一位になりたい』というふうに、自分の『Want to』としか考えてないんですよね。

こうやって、自分の『Want to』だけが先行していると実はゴールに到達するのが難しいんです。めちゃくちゃ難しいんです。上手くいかない事の方が多いです。

他には、自分の『Want to』で設定するゴールは、実は小さ過ぎるというのも1つの特徴なんですよ。

本人からすれば確かにでかいかもしれませんが、大きな枠組みから見たら実は凄く小っさいゴールだったりします。

そういうわけで、自分の『Want to』が凄く強すぎるゴールというのは、なかなか叶えにくいものです。

自分の『Want to』を他人の『Want to』に置き換えたゴールは叶えやすい

ただ、自分の『Want to』をうまいこと維持しながらも、更にでかいぶっ飛んだゴールにする方法があります。

それは、自分の『Want to』を他人の『Want to』に置き換えるということです。

つまり、自分がモテたいんだったら、「他人の持てない人の悩みを解決させるようなゴールを設定する」。

モテないと悩んでいる人、全員1人の例外もなく全員をモテさせるというゴールを設定するんです。

日本だけじゃなく、アジア・5大陸、もう地球上全てのなんなら人間問わずモテさせるというゴールを作ってしまうんですよ。

なんなら人間だけじゃなくて、全ての生物でモテないと悩んでいる、モテたいのにモテないと悩んでいる生物全員をモテさせる。みたいなゴールだって作れちゃうわけです。

そのためには、自分の『Want to』を他人の『Want to』に置き換える必要があります。

たとえば、『自分が金持ちになりたい』と思ったら、これも他人の『Want to』に置き換えて、貧困に悩んでいる人全員を金持ちにさせるというふうにゴール設定を行います。

「もっとチャンスを掴んで金持ちになりたい」、「子供に非常に良い学校に行かしてやりたいけど金がない」と悩んでいる人の問題を解決するようなゴールを設定するっていうのは非常に良いですよね。

つまりこれは、他人の『Want to』を叶えているんですね。

ただ、中には「俺は別に今でもいいし、金持ちになりたいなんて思ってない」っていう人もいるんで、そんな人に自分のゴールを押し付ける必要はありません。

「有名になりたい」とか「一位になりたい」っていうのも、これ大体上手くいかないパターンの代表でもあるんですが、これを他人の『Want to』に置き換えると「得意な事で大きく有名になれるようにさせる」とすれば良いんです。

例えばもし一位になりたい有名になりたい、でもどうすればいいかわかんないっていう場合は、その人の得意な事は何かを見つけてあげて、その人の得意な所をしっかりと伸ばせるようにサポートしてあげて、そしていつの間にか有名になっていたように、有名になってましたっていうふうにサポ

他者の『Want to』を叶えるついでに自分のゴールは叶えられる

こういうふうに他者の『Want to』を叶えてやる!というゴール設定は、非常に大きな外への広がりを見せます。

これは社会的なゴールですし、すごくぶっ飛んでますし、現状の遥か外にあるゴールですよね。

大体この辺でいつの間にか達成してます。

自分が持ってた『Want to』のゴールって大体いつの間にか、意外と2年後ぐらいでもう解決していることに気付いたりするもんなんですよ。

「あん時はこっち必死だったのに、いつの間にかこっちが楽しくて、こればっかやってたら本当にこれになってたな」「これになってたな」「本当に有名になってたな」、「自分がこの分野の1番になってたな」とかってなるんですよ。

人のゴールを叶えようとするなんて遠回りに見えるのに、それをやった方がむしろ、自分のゴールも達成しやすいんですよ。

なぜかって、言い換えると全部ついでだからです。歩いてる途中の小さな石ぐらいの感覚ですよ。

ぜひ、自分の『Want to』をうまいこと維持しながらも、更にでかいぶっ飛んだゴールを達成したかったら、他人の『Want to』を実現することを視野にゴール設定してもらえたらと思います。

 
起業
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Jamahl Cross

Jamahl Cross

Founder & Co-Director
一般社団法人脳科学幼児教育研究協会 理事

​認知神経科学、脳リハビリ、発達精神病理学、進化心理学、発達障碍改善、認知行動療法など様々な分野を学び、実践を通じて統合する。独自の方法論に基づいた脳機能向上方法を編み出す。

企業脳科学、行動経済学、認知心理学によって解き明かされた非常識な企業成長法を提供。伸び悩んでいる企業を『平均利益率756倍の企業文化』へと変え、パフォーマンスを高めるなど数々の実績を持つ。

・社員のやる気を出させるのに苦労する
・昇給の効果に限界を感じている
・グループの能力を活かせずにいる
​・目標が現状維持になっている
・批判しあう割には前進していない
・暴言や八つ当たりが目立つようになった
・ネガティブ思考が風邪のように流行っている

これらの問題は、それぞれ科学的なデータによって原因の特定、予測、予防が可能です。

数千に及ぶ論文を元に、経験のみに頼らないエビデンスベースドアプローチのリーダー育成を目指します。

コンサルティング内容の詳細、予約はこちらから

Jamahl Crossをフォローする
節約社長