他社の商業登記簿謄本を無料で入手・閲覧できるボクシル無料謄本取得サービス

節約

 新しい会社と取引を始めようと考えた際の与信調査で、一番手っ取り早く相手の情報を仕入れたい時は、まず相手の商業登記簿謄本を入手するのが普通ですよね。そこで本稿は、先日リリースされたばかりの、商業登記簿謄本を無料で入手・公開してくれるボクシル無料謄本取得サービスをご紹介します。

スポンサーリンク

新しい取引先の与信調査は「商業登記簿謄本」の入手から

 新しい会社と取引を始めようと考えた際の与信調査では、

  • 企業ホームページ
  • 決算公告
  • 電話登録
  • 不動産登記簿謄本
  • 信用調査レポート
  • 企業情報データベース

 などで、新たな取引先について調べますよね。

 ただ、一番手っ取り早く相手の情報を仕入れたい時は、まず相手の商業登記簿謄本を入手するのが普通ですよね。

 商業登記簿は与信調査で一番基本的な書類であり、法務局に行けば誰でも直接入手できますし、登記情報提供サービスのような会社を使って入手することも可能です。

 ちなみに通常だと商業登記簿謄本を手に入れるには、

  • 法務局で直接入手:600円
  • オンライン申請・オンライン入手:500円
  • オンライン申請・法務局入手:480円

 の費用がかかります。

 これを無料で手に入れられたら、とても嬉しいですよね。

スポンサーリンク

無料で謄本取得申請・閲覧が可能なボクシル無料謄本取得サービス(BTSS)

 スマートキャンプ株式会社が9月にリリースした、ボクシル無料謄本取得サービス(BTSS)は、ボクシルがユーザーの代わりに商業登記簿謄本を取得し、無料で公開するサービスです。

参考URL:ボクシル無料謄本取得サービス(BTSS)

節約社長
ボクシル無料謄本取得サービス(BTSS)

 無料の会員登録を行うと、自分が商業登記簿謄本を見たい会社を検索しても見つからない場合に、謄本取得リクエストフォームに入力・送信すれば、ボクシルがこれを入手してくれます。

 取得した謄本はサイト内で順次公開されます。

 あくまでも同サービスの内容は「閲覧」と同等のサービスであり、登記事項証明書とは異なり、証明文や公印等は付加されず、法的な証明力はありませんが、登記情報は利用者が請求した時点において登記所が保有する登記情報と同じ情報です。

  • 商号
  • 本店
  • 設立年月日
  • 発行可能株式総数
  • 発行済株式の総数並びに種類及び数
  • 資本金の額
  • 役員に関する事項

 など、取引先(候補)の重要な情報を手に入れることができるため、非常に有用だと言えるでしょう。

 ぜひ、この機会に情報入手ルートの1つとして使ってみるのはいかがでしょうか?

節約
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長