個人事業主・中小企業経営者におすすめ!請求書作成ソフト「board」について詳細解説!

財務

現在、世の中には数多くの請求書作成ソフトがありますが、正直なところ「どの請求書作成ソフトを利用すれば良いか分からない」という方も少なくないと思います。

そんな悩みを解決するべく、今回は請求書作成ソフトの1つである「board」を取り上げて、解説していきます。

本記事を読んでもらうことで、boardの機能やプランなどの基本情報を把握することができます。

スポンサーリンク

boardとは?

boardとは?

boardは、ヴェルク株式会社が開発・提供している請求書作成ソフトです。

見積書・請求書・発注書・発注請書・納品書・検収書・領収書の作成をトータルで行うことができます。

一般的な請求書作成ソフトは、中堅企業向けのシステムになっていることが多く、その分価格が高すぎて、中小企業には手が出しにくい面があります。

この点、boardであればリーズナブルな価格で利用することができるので、資金面に不安がある中小企業でも安心して利用できます。

また、中小企業以外にも、フリーランスや個人事業主、スタートアップ企業からの支持も高く集めています。

無料版から有料版への継続率は99%を超えており、boardに対する高い満足度の表れにもなっています。

スポンサーリンク

boardの特徴

boardの特徴

boardは、リリース当初から現在に至るまで、経営者自身が企画・開発を行っています。

経営者目線で、実務面で必要となる機能を搭載している点が特徴です。

実際の経営者が企画・開発しているという点から、ユーザーの満足度も非常に高いです。下記、boardの具体的な特徴になります。

  • 書類を案件単位で管理
  • 通知機能で業務漏れを防ぐ
  • 請求書データから売上を予測

書類を案件単位で管理

boardでは案件ごとに各種書類を管理することができます。

一度、見積書を作成してしまえば、発注書・発注請書・検収書・納品書・領収書・送付状などを自動で作成することが可能です。

各書類を毎回作成する必要がなくなるので、書類作成業務を大幅に短縮することができます。

通知機能で業務漏れを防ぐ

自身が設定したタイミングで、書類作成の通知を表示させることができます。

2営業日前、当日など、設定できるタイミングは自由です。

事前に通知を受け取ることで、未請求や未払いなどの業務漏れを防止することが可能です。

請求書データから売上を予測

見積もり中の請求書データを使って、将来の売上予測を表示することができます。

会計情報のみだと、あくまでも過去の売上推移しか見ることができません。

現在進行中の見積データを使うことで、将来の売り上げを精度高く予想することができます。

経営者目線で開発されているboardならではの機能といえますね。

スポンサーリンク

boardの機能

書類作成以外のboardの機能として、下記の機能が挙げられます。

  • 請求、入金、支払管理
  • メール送信、郵送代行
  • 会計システムの連携
  • 書類のテンプレート作成
  • 品目管理
  • 予算管理

請求、入金、支払管理

boardは請求・入金・支払の管理機能も充実しています。

各種書類の作成のみでなく、ダッシュボードに見請求件数を表示させたり、請求期限の防止アラートを通知するなど、請求・入金・支払の管理機能も充実しています。

ひとつひとつの請求を逃すことなく終えるので、人為的なミスを無くすことにもつながってきます。

メール送信、郵送代行

複数の請求書を一括でメール送信できる機能も搭載しています。

メール文をテンプレート化することも可能です。

郵送代行に関しては、1通あたり170円で依頼することができます。

管理画面から郵送の依頼を行うことができるので、書類の印刷や封筒へ入れる必要もなく、郵送の手間を省けます。

会計システムの連携

boardでは、下記の会計ソフトと連携することが可能です。

大手のクラウド会計ソフトと連携することができるので、boardを後から導入しても問題なく連携することができます。

受発注のデータを連携先の会計ソフトに送ることで、手入力をする必要がなくなります。

書類のテンプレート作成

boardは書類全体をテンプレート化して、ワンクリックで請求書に反映させることが可能です。

請求書作成では、同じパターンの請求書を使用する場面が多くでてきます。

そのような事態に対応するべく、請求書のテンプレート化機能を搭載しています。

品目管理

商品やサービスごとに金額が決まっている場合は、品目を登録することで、ワンクリックで単価を出力することが可能です。

毎回、品目の金額を入力する必要がなくなるので、経理担当の負担を減らすことができます。

予算管理

あらかじめ、売上目標や損益分岐点などの数値目標を設定しておくことで、売上の予想グラフを表示することができます。

目標の数値に対して、現時点でどれほど足りていないのか、見積書のデータから自動的に算出してくれます。

データの統計を取る手間が省けるので、経営者サイドとしても使い勝手が良い機能になります。

スポンサーリンク

boardはセキュリティも充実している

boardはセキュリティも充実している

boardは個人事業主や中小企業向けの請求書作成ソフトですが、セキュリティ面も大手ソフトに負けず充実しています。

外部からの攻撃に対抗するために、クラウド型WAFで実績No.1である「Scutum」を採用しており、盤石のセキュリティ体制を敷いています。

各種データは暗号化して保存されており、万が一外部に漏れてしまっても解読できない形式となっています。

boardの開発責任者でもあるヴェルク株式会社の代表は、大手企業にてシステム構築に関わっていた過去をもっていて、社内の情報運用・アクセス権限が厳重に管理されています。

情報が外部に漏れる心配は、限りなくゼロに近いといえますね。

スポンサーリンク

boardの利用料金

boardの料金プランは、「Personal」「Basic」「Standard」「Premium」の4つに分かれています。

プラン名 Personal Basic Standard Premium
月額料金 980円(税抜) 1,980円(税抜) 3,980円(税抜)
対象 個人 個人・法人 個人・法人
ユーザー数 1 3 15
サポート チャット チャット チャット チャット
メール送信 送信元の表記固定 送信元の表記変更可能 送信元の表記変更可能 送信元の表記変更可能
登録データ量 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし
外部ファイル保管 なし 1GBまで可能 5GBまで可能 10GBまで可能
捺印申請 なし あり あり あり
通知機能 一部利用可能 あり あり あり
データロック なし あり あり あり
無料お試し 30日間 30日間 30日間 30日間

どのプランでも、30日間無料お試しができるので、利用予定のプランを選択して、使い勝手を確かめてみてください。

boardはこちら

スポンサーリンク

中規模以上の法人の場合は、「Misoca」「マネーフォワード クラウド請求書」がおすすめ!

中規模以上の法人の場合は、「Misoca」「マネーフォワード クラウド請求書」がおすすめ!

boardは個人事業主、中小企業向けに開発されている請求書作成ソフトですので、中規模以上の法人にとっては、少々機能が不足している面があります。

中規模以上の法人の場合は、「Misocaはこちら」もしくは「マネーフォワード クラウド請求書:法人プランはこちら」の利用をおすすめします。

Misoca、マネーフォワード クラウド請求書であれば、各会計ソフトとの連動もスムーズで、連携の手間もほとんどかかりません。

現時点で、どの会計ソフトを利用しているかで、使用する請求書作成ソフトを選ぶのをおすすめします。

クラウド上で簡単作成!クラウド請求書作成サービス「Misoca」「マネーフォワード クラウド請求書」について詳細解説!
取引先とやりとりをする際に「請求書」を作成することになりますが、現代では請求書を「クラウドサービス」で作成することができます。 これまでは、請求書作成ソフトで作成していた方も多いかと思います。 クラウド請求書作成サービスの中でも...
【2020年版】クラウド会計ソフト10社を徹底比較
この記事は「これから会計ソフトを導入したい」と考えている方や「パッケージ型からクラウド型に移行を考えている」という方の参考になるように、クラウド会計ソフトの特徴と、おすすめのクラウド会計ソフトの詳細を詳しく解説しています。 クラウド会計ソ...
財務
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
編集部

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長