企業のブランディングに成功した経営者が共通して行うこと

節約

 激化する価格競争に巻き込まれず、独自の市場を作るために、昨今、中小企業においても「ブランディング」を行うことが、非常に重要視されはじめています。ブランディングを行う上で重要な要素は幾つかありますが、最も重要な要素は「人」であり、特に経営者自身が企業の広告塔となることが最も効果的です。

中小企業にも広がりつつあるブランディング

 ブランディングとは、自社のブランドに対する顧客からの共感や信頼といった、無形の企業価値を高めていくマーケティング戦略を言います。

 激化する価格競争に巻き込まれず、独自の市場を作るために、昨今、中小企業においても「ブランディング」を行うことが、非常に重要視されはじめています。

 私が考えるに、ブランディングを行うためには4つの条件が必要です。

 今回は、その1つであり、最も重要なものについてお話したいと思います。

ブランディング成功に最も重要な要素は「人」

 企業をブランディングする上で、最も重要なものは何だと思いますか?

 それは、「人」です。

 特に、ここでいう「人」とは、中小企業の場合その経営者を指します。

 ここ10年から20年で急成長している中小企業や個人において、共通している特徴の一つが、「経営者のキャラクターが立っている」ということです。

 私が出会った中小企業で成功している経営者の方々は、ある意味特異なキャラクターを持っています。

  非常に勉強熱心で、製品の改良を積極的に行い、特許を取得し活用している経営者

  白メガネ・襟の立ったジャケットにジーパンを着こなすコンサルタント

  大々的なテレビ宣伝で超有名なあの美容整形の院長

 一見派手なだけに見えるかもしれませんが、自社の理念や向かうべきサービスの方向性をいずれも反映することで、あっという間に企業のブランディングに成功し、企業価値を高めて行かれました。

中小では経営者自身が企業の広告塔に成り得る

 中小企業の場合、その経営者そのものが「企業」を表すといっても過言ではありません。

 経営者自身が広告塔となり、一目で「あ、あの人か」と顔と身なり、性格まで覚えてもらわないと、会社のことも覚えてもらえないことは言うまでもありません。

 あえて、自分の本来の性格とは違う「キャラクター」を演じないといけないかもしれませんが、自分、ひいては会社が世に認められるための必須条件は、「人=キャラクター」であることをよく理解すべきです。

 あなたの会社では、経営者が広告塔になっていますか?

節約
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
株式会社IPMaacurie

株式会社IPMaaCurieについて

皆様は「知的財産」と聞いてどういうことをイメージされるでしょうか?
「特許も知的財産だよね。特許は取ったけど、経費ばかりかかって全然使い物にならないんだよね・・・」
「知的財産なんて、技術者やデザイナーが持つものでしょ?
営業とは直接関係ないし、まして経営には無関係だよね・・・」
「特許とかって、なんだか難しくて、よくわからない・・・」
いろんなイメージをお持ちかと思います。
弊社がお伝えしたいのは、「特許・意匠・商標などの知的財産は、使いこなすことによって会社の大きな収益源となる」ということです。

当社は、「知的財産・マーケティング・マネジメントを融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創ることによって、中小・中堅・ベンチャー企業を元気にし、新たなステージへ導く」ことに特化した、日本で唯一のコンサルティング会社です。
わずか10回のコンサルティングで、御社の「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組が出来上がります。
これによって、御社は新たな収益源を得る異次元のステージに達することになるのです。
是非、出会いましょう!
是非、一緒に新たな発展のステージに進みましょう!

代表取締役 後藤昌彦プロフィール
1963年3月 大阪生まれ。
小学生時代は気の弱い泣き虫で、度々先生を困らせた「クラスの問題児」であったが、ある教師との出会いと指導をきっかけに立ち直る。
大阪大学大学院工学研究科修了後、象印マホービン(株)に入社。研究・開発部門での新商品開発業務を経て、35歳のときに知的財産担当となり、15年間にわたり研究開発・マーケティングと直結した知的財産権(特許・意匠・商標)の取得、活用、ライセンス交渉業務に従事。年間平均50件以上の特許出願と権利化業務をこなし、商品化において採用された特許は300件を超える。また、大手電機メーカーとのライセンス交渉にも携わり、電気製品では会社初のライセンス料獲得に成功する。
このような経験を通じて、「企業を持続的成長に導く収益向上戦略を実現する上で、確固たる知的財産活用方針の構築と実行が不可欠である」ことを体感する。
2013年に退職し、大阪の製剤系ベンチャー企業にて1年間の知財業務を通じ、中小企業の現場を体験する。
2015年3月に独立。現在は日本で唯一の「知的財産を活用して収益向上に結び付ける仕組み創りのコンサルタント」として精力的に活動。
保有資格 : 弁理士(特定侵害訴訟代理付記登録)・中小企業診断士

株式会社IPMaacurieをフォローする
節約社長