IOT(アイオーティ)ってなに? どこよりわかりやすく解説

IT

 2015年のビジネスシーンにおける重要キーワードとして、良く聞かれるようになった「IOT(アイオーティ)」、「IOT製品」とはなんのことだろう?横文字ばかりが先行しているが、私達がこれからプライベートはもちろん、ビジネスでもこれらの言葉と触れる機会はどんどん増える。そこで節約社長編集部がわかりやすく「IOT」について解説する。

IOT(アイオーティ)ってなんじゃらほい

 最近よくインターネット上を飛び交う言葉の一つが「IOT(アイオーティ)」「IOT製品」という言葉だ。
 
 人が泣いているような顔文字にも見える、このアルファベット表記は(Internet of Things)という概念の略であり、日本語に訳すと「モノのインターネット」という言葉になる。
 
 ますますわからないという方もいらっしゃることと思う。
 
 しかしこの「IOT」という言葉は、2015年のビジネスを間違えなく賑わすビッグキーワードとなるので、IT業界と自分は関係ないと考えている経営者の皆様にも覚えておいていただきたい。
 
 なぜなら、我々は今年、「IOT」を元に開発された商品と出会う機会が多くなるからだ。
 
 もちろん、あなたが知らないうちに「IOT製品」をプライベートで、仕事で、使用することも増えるだろう。
 
 「IOT」とは「これまでネットワーク(インターネット)と繋がらなかったモノに、人を介さずネットにつなげる仕組みを構築し、更に生活を豊かに、仕事を劇的に効率化しよう。」というビジネストレンドを表す言葉である。
 
 「IOT製品」とはこの概念を元に開発される革新的な商品である。
 
 例えば我々が今考えているネットワークとつながる機器といえば、PCやスマートフォンしか思い浮かばない方も多いことだろう。我々はPCやスマートフォンに自分の操作(タイピング、タッチ)を介在させて、ネットワークと繋がる。
 
 しかし、今年発売される家電、家、メガネ、時計など、これまでネットワークとは無縁だったありとあらゆるモノが、人を介さずに、自らネットとつながり活用できる商品として、発売されはじめる。

今年我々の身近にお目見えするIOT製品

 以下、「IOT(モノのインターネット)」概念から開発され、今年お目見えする商品をご紹介しよう。

1)アップル「アップルウォッチ」

 最注目は、米アップル社が春に発売開始を予定する、スマートウォッチの「アップルウォッチ」だ。時計としての機能はもちろんのこと、時計がインターネットとつながって、メールメッセージ、かかってくる電話の通知を知らせてくれる。iPhoneカメラのシャッターとなり、マップから行き先ナビゲーターとなり、株価を表示してくれる。アイチューンズを通じて音楽を聞くことも可能だ。あなたの健康に必要な運動量も教えてくれる。※1

2)JINS(ジェイアイエヌ)メガネ「MEME」

 国内メガネ販売メーカーのJINS(ジェイアイエヌ)が、今年の春に発売予定のメガネであるMEME(ミーム)の開発コンセプトは、「目の前の景色を見るためではなく、自分を見るためのメガネ」である。鼻パッドと眉間部分から検出される眼電位により、眠気があと何分で来るか、眼がどれだけ疲れているか、自分はどれだけ集中しているかを教えてくれる。ウォーキングやランニング中に使えば、消費カロリー、速度、姿勢などの運動状態もBluetooth 4.0を通信に利用し、自動的にスマートフォン専用アプリへ情報送信してくれる。※2

3)ソフトバンク 人工知能ロボット「PEPPER(ペッパー)」

 人工知能により、人の感情を読み取り、成長するロボット「PEPPER(ペッパー)」が今年の2月にソフトバンクから発売予定となっている。ペッパーは、購入者が自分でパソコンをいじったりすることなく、自動で情報をクラウドにアップできる。人との対話を通じて、ペッパーの人工知能が言語をどんどん習得する。

IOT製品はあくまで手段 主体的に選択しよう

 IOT製品は今後、ビジネスの様々な方面で活躍することが予想される。
 
 例えばアップルウォッチは、外出時の手軽な情報取得を効率化するのに役立つだろう。MEMEは、社員の業務が効率的に行われているか企業が把握管理するツールとして使用される可能性がある。ペッパーは、人工知能に様々なことを覚えさせることで、あなたの営業窓口、商品説明の代替役として、そのうちビジネスの先頭シーンに立ち始めるかもしれない。
 
 ただし、これらのIOT製品はまだまだ発展途上である。
 
 よって、IOT製品を購入することに目的を置いてしまえば、それはただの無駄遣いとなってしまう。使用することで自分のプライベートが、仕事が、劇的に効率化するならば活用すべき道具である。
 
 2015年は日本にとって、「IOT(アイオーティ)」元年と言える。ぜひ積極的にIOT製品の動向に注目していこう。
 
※1 Apple AppleWatch
http://www.apple.com/jp/watch/?cid=wwa-jp-kwg-watch-com
※2 JINS MEME
https://www.jins-jp.com/jinsmeme/
※3 ソフトバンク PEPPER
http://www.softbank.jp/robot/special/pepper/

IT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長