モテる秘けつは脱マイナス要因  しくじり男の変な癖

健康
スポンサーリンク

 社会ではとても活躍しているのに、なぜか女性にモテず結婚できない中年の男性が、世の中には沢山存在するようです。結婚カウンセラーの長田さんによれば、結婚は「普通の人」ほどよくできるとのこと。地位もお金も持っているはずなのに、婚活の現場で女性にはじかれてしまう、そんなしくじり男性はどうすれば理想の結婚にたどり着くのか?今回は連載の初回となります。

モテようと思う前に劣っている部分を直そう

 えらいことになってきた。このブログを書き始めてからの反響が。

 「婚活最強の武器は若さ!オジ様モテる・年の差婚はオヤジの妄想」という記事を書いたら、「じゃあ、どうすればモテないオヤジでも理想の結婚ができるんだ?」とありがたいメッセージをたくさんいただきました。

婚活最強の武器は若さ!オジ様モテる・年の差婚はオヤジの妄想
 未婚の中年男性から多く聞かれる意見が、「気が合う若くて綺麗な人が良い。年の差結婚も増えているのだし、自分は安全圏。」という声です。ところが結婚相談で多くの女性が語るところによると、「オジ様は嫌だし、年の差婚なんてまっぴら。」という声です。男性も女性も真剣に結婚したいと考えているならば、一番若い今の段階で、婚活を始めなければ、選択肢がどんどん少なくなるのが現実です。

  結論から言うと、マナー、行動や言葉の表現において、普通の人が最も結婚できます。普通より下の方は、まず普通になってください。

 モテようと取り繕う前に、マナー、行動や言葉の表現で劣っている部分を直しましょう。

  今号では、普通になる勧めをつづります。次号以降、普通からさらに上を目指す方法を、心理学を交えて紹介します。

自分で気が付かず婚活をご破算にした男性たち

  話は変わり、最近の出来事を―。

ケース1:相手に提供されたものを大切に扱わない人

 ある時、私のオフィスへカウンセリングを受けに来た男性は、50代前半の初婚。

 面談が終わり靴を履き替えたところでピーッ! イエローカード。

 脱いだスリッパがハの字、しかも片方裏返しでした。

「女性はこういうところを見ているんですよね」とアドバイスしながらスリッパを指さすと、しくじり男は慌ててそろえるが…。

 これだから結婚できなかったのか、結婚しなかったからこうなのか。

ケース2:食べ方などマナーに鈍い人

  別の40代のしくじり男は―。

  大連にお見合い渡航をする際に、男性側の身内から注文がついた。「食べこぼしをするから、女性と食事をさせないで」。

 無事お見合いをすませ、めでたく婚約。女性は空港までお見送り。飛行機の出発までには間があり、「それではお茶を」ということに…心配したとおりの結末となりました。

ケース3:生理的に女性が敏感なことに気をつけられない人

 つい先日行ったお見合いパーティーで。

  「男性の体がにおう。ふろに入っていないのでは?口からたばこ臭が」と複数の女性から嫌われた男性。そこそこのお金持ちですが、いくらおしゃれに着飾っても、これでは…。

  女性がから嫌われるものとして上位を占めるのが不潔、粗暴乱暴、ケチ。優柔不断。自慢話もいけませんね。

 自分では気づかずにしていること、嫌われていませんか?

 鼻毛伸びていませんか? 爪はきれい? ヒゲは? 喫煙の後の口臭対策は?

 思い当たることがあれば、それを直すことです。

  結婚相談の現場だと、女性の半数は喫煙者を選びません。ひげも受け入れない女性が結構います。

ありのままで女性が好きになってくれるは妄想

  「ありのままの自分を好きになってくれる女性を 」という話をよく耳にします。

 何を考えているんですか? そんな夢物語を言っているから相手が見つからないのですよ。

  立場を変えてみて、不潔で粗暴、ケチでつかみどころのない女性を、あなたは「ありのままがいい」と、あえて選びますか?

 あえて嫌われることはしないこと。早速自己改善しましょう。

 これであなたもマイナスから脱却。

健康
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
長田紗葵

株式会社 東縁 取締役
ハピココ 有喜网 代表
長田 紗葵(おさだ さき)

「人と人のご縁を育むこと」をモットーに日々会員様の婚活をサポート。

事業内容:

結婚に関するコンサルティング業
各種パーティーイベント、セミナー関係
国際結婚仲介業務

メディア掲載歴:

NHK
サンニチ新聞
日中商報
連合週報
中文導報
日中新聞
現代中国報
百度Baidu
東京新青年
小春网 

長田紗葵をフォローする
節約社長