「ラップ口座」ってどうよ?大荒れ相場で損しないために

確定拠出年金

 株式市場は年明け相場で大荒れとなっています。日経平均は年明けから6日続落であり、これは戦後史上初めての出来事となります。このような荒れた相場に対応するためにはリスク分散が必要ですが、個人投資家が現在こぞって購入しているラップ口座は、投資金額や投資先を一任せざるを得ず、手数料コストも割高です。インターネットを活用し、自分で商品を選択し、分散投資を心がけたいものです。

2016年株式市場は大荒れ相場となる予感

 株式市場は年明け相場で大荒れとなっています。

 日経平均は年明けから6日続落であり、これは戦後史上初めての出来事となります。

 自国の金融市場を制御することができない中国政府の場当たり的な対応を見ていると、今後も中国に関連した問題に振り回されそうです。

 2016年は波乱に満ちた年になる予感がしています。

ラップ口座が人気だが過去には社会問題も発生

 こういう荒れた相場に対応するためには、原点に立ち帰って、

  • 「商品の分散」
  • 「通貨の分散」
  • 「投資機会の分散(ドルコスト平均法)」

 がこれまで以上に大切だと思います。

 さて、最近、個人が証券会社に資産運用を一任する「ラップ口座」が人気のようです。

 ラップ(Wrap)とは英語で「包む」の意味ですが、金融商品における「ラップ口座」とは、数百万円以上の資産運用を他人に任せっきりにすることです。

 当然のことですが、証券会社などに投資を一任することで手数料(年間で資産残高の2%程度)が掛かりますし、損が出たからといって損失の穴埋めをしてくれるものでもありません。

 運用が上手くいけば何の問題もないように思えますが、バブル時代に多くのお年寄りが、このような方法で大切な資産を失って大きな社会問題にもなりました。

 ここ数年、NISAや確定拠出年金など、税制面で優位な運用方法が出てきているにも関わらず、大切な資産の運用を他人任せにするのは、非常に勿体ない気がします。

 ご自身で資産運用を行えば、色々と勉強にもなりますし、経済情勢に対する感度も高まります。

 バブル期には現在のようなネット証券は存在せず、電話や店頭で株式の注文を行う必要がありましたが、現在ではインターネットを使って簡単に発注が出来ます。金融商品の選択肢も、国内のみならず海外のものまで幅広く購入することが可能になっています。

 しかも、以前と比較にならないほど、購入時の手数料は安くなっています。

投資する金融商品は手数料コストを意識しよう

 顧客のことを真に考えるファイナンシャルプランナーであれば、まず「ラップ口座」の選択を相談者に進めることはありません。

 何故なら「分配型投資信託」などと同様に金融機関が手数料で稼げるおいしい商品だと知っているからです。

 個人が投資を行う場合には、金融商品の選択をする前に、投資のコストである「手数料」についてしっかりと考慮しておきたいものです。

 投資コストが資産運用の成否に与える影響は決して小さくありません。

確定拠出年金
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
永柄 正智

1972年1月 長崎市生まれ。
シンガポール在住。

趣味:海外旅行、街歩き、子育て

性格:物事を常に前向きにとらえる非常にプラス思考な性格

【保有資格】
CFP@(日本FP協会認定:国際資格)
一級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
神戸市アジア進出支援センター・アドバイザー
ロングステイアドバイザー(ロングステイ財団認定)

地方自治体の職員として20年間勤務し、都市再開発事業や観光振興、空港のオペレーション業務などの仕事を経験してきました。特に公共事業に伴う地元調整や補償交渉等の様々な経験を活かした問題解決型のアドバイスを得意としております。

数年前に妻の仕事の関係で、家族でシンガポールに移住することを決意し、移住の準備を進めてきました。その経験の中で、ライフプランニングにおいて適切な判断を行うためには、社会保障制度や税制、教育等の仕組みや知識を十分に理解する必要性があることを再認識し、FP資格及びロングステイアドバイザーの資格を取得しました。

現在、シンガポールにおいて、現地駐在員や海外移住希望者、教育移住希望者の方々を対象としたファイナンシャルプランナーとして活動しています。

永柄 正智をフォローする
節約社長