起業当初の正しい価格設定の方法 「安く」は絶対にダメ

マーケティング

こんにちは島倉です。

今回は「起業経験の浅い人がついやってしまう価格設定の間違い」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

起業経験の浅い人は価格設定の間違いに注意しよう

起業当初は皆、価格を安く設定しがち

起業経験が浅い、また、起業した直後の方は価格設定で確実にミスをしています。

どういうことかというと、実績や技術がまだ足りないので価格を安く設定しようとしてしまいます。

これ、実はその後の雌雄を決してしまうくらい大きな間違いです。

起業当初に価格を安く設定するのはなぜ間違いなのか?

経験や実績を積んで、技術をあげたら値上げすることができるかというと値上げできません。

一度決めた価格を浸透させてしまったら、値上げすることはまずできないのです。

例えば30,000円で売ったものをあるときに10万円にできるかというとなかなか難しく、適正価格に再設定できるかというとできません。

一斉に反発が起きて既存客を全て失ってしまうことになるでしょう。

要は、お客様にとってみれば、あなたが起業したてか、それとも今はだいぶ慣れているかなんて関係ないんですよ。

それはあなたの事情であって、お客様の事情ではありません。

ですから、起業したての最初から価格は安くするべきではありません。

スポンサーリンク

起業当初の正しい価格設定の方法

自分が欲しい・売りたいと思う価格でまず売る

では、どうすればいいのかというと、自分がこのぐらいの価格なら欲しいと思う、またはこのぐらいの価格で売りたいと思う価格で売ってみてください。

価格設定には原価積み上げ方式とかいろいろな方法がありますが、そうではなく、自分が欲しい金額、このくらいの利益が欲しいという、その額を設定してください。

ライバル店を調査する

それでも売れない可能性も高いですよね。

ではどうするかというと、同じような商品を売るライバル店があると思います。

そのライバル店に1回行って、商品を買ったりサービスを受けてみてください。

商品やサービスを改善すれば価格を上げることができる

そうすると自分が提供するものと、ライバルの違うところが見えてきます。

不満な点や、もっと改善した方がいいというところが見えてくるはずです。

それを自分の商品やサービスに生かして、商品の付加価値を上げる努力をしてください。

そうしたら、3万円で売っていたものの価値が上がり、10万円で売れるようになります。

スポンサーリンク

起業当初の価格設定は自身の弱い感情に左右されないこと

価格を安くすることの大きな弊害

というわけで、起業当初に価格を設定するときは、「経験、実績、技術がないからとりあえず安くしよう」という自分の弱い感情に左右されないということが大事です。

安くすると自分自身が安心できるのです。

「他の人が通常10万円で売っていても、自分は3万円で売っているから誰も文句を言わないだろう」と、自分を慰めたり、安心したくて安く売る人がいますが、それは間違えです。

安く売ってもクレームを言う人はいますし、安くすればするほどクレーマーのような質の悪い客が集まってくるからです。

適正価格、自分が欲しいと思う価格に設定すること

特に起業経験が浅い方、起業してまだ間もない方は、適正価格または自分が欲しい価格に設定してください。

その商品、サービスに見合うような形で改善していけばいいだけの話です。

最初から安くしてしまうと、あとで高くすることはしにくいので、ぜひ自分の弱い感情に流されて、価格を安く設定しないように注意していただければと思います。

 
マーケティング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

島倉大輔をフォローする
節約社長