節約 社長
大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

ペプシコが3,500億円でソーダストリーム買収〜跳ねる買収2つの条件

ペプシコが3,500億円でソーダストリーム買収〜跳ねる買収2つの条件
 日本でもアンジャッシュの渡部さんが出演するTVCMでお馴染み、即席で炭酸水を作れるソーダメーカーの生産元であるソーダストリーム社が、ペプシコに約3,500億円で買収されました。純利益が約81億円であるため、普通だと回収に40年以上はかかります。このように買収金額が「跳ねる」案件はどのようなケースで発生するのか解説いたします。

ペプシコが3,500億円を投じてソーダストリームを買収

 ペプシコが、炭酸水を自分で作れるソーダメーカーのメーカーであるソーダストリームを買収すると報道されています。

 日本でも炭酸水が身体に良いという触れ込みで、少しずつ広まりを見せています。

 ちなみに、ペプシコによるソーダストリームの買収金額は、約3,500億円(約32億ドル)ということです。

 同社の財務状況は、直近の決算期(2017年12月期)で、売上高は5億4,300万ドル(約597億円)、純利益7,400万ドル(約81億円)です。

 ということは売上の6倍、利益の40倍以上の金額で買収されたわけです。

M&A取引で数値が「跳ねる」案件が発生する2つの理由

 このように非常に高い金額のつくM&A取引を私は「跳ねる」案件、と呼んでいます。

 このように数値が跳ねる理由はたった2つです。
  • 1)買い手が相当な自信をもって、その投資額を回収してあまりあるビジネスの目算をもっている
  • 2)買い手の勘違い
 普通は1)なのでしょうが、実は私の目からは2)に映る取引も、かなりあります。

 ペプシコはもちろん1)を狙っているのでしょうが、3,500億円を回収し、投資として成功させるには、近い将来1,000億円程度の税引前利益を出す必要があるでしょう。

 ペプシコの販路をつかって、それを実現するのでしょうか。

 あるいは、この会社が順調に伸びた場合、ペプシコの売上や利益を圧迫する可能性があり、その目をはやめに積んだ可能性もゼロではありません。

対象会社のポテンシャルがなければ実現しない話

 いずれにしても今の段階では、それだけ買収金額が跳ねる理由がペプシコにはあったはずです。

 このような跳ねる案件になるためには、時期や経済環境に加え、対象会社に相当なポテンシャルがなければいけません。

 現実的な問題として、そんな会社はほとんどないのです。

 したがって、こうした取引についての情報を入手することはよいのですが、表面的な結果だけを見て、自分の会社も跳ねる値段で売れるはずだ、と思い込んでも、その思い込みが実現することはほとんどありません。

 これがM&Aの現場における現実です。

Photo credit: ohmeaghan on Visualhunt / CC BY

2018年8月28日

M&A 買収 ペプシコ ソーダストリーム アンジャッシュ渡部

大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。