節約 社長
宇田 和志
宇田 和志ブログのかお(ユーチューバー)

ホームページ

Facebookで美人アカウントが友達申請してくるのには2つの目的がある (ページ2)

Facebook美人アカウント2つ目の目的は情報拡散

 もう1つ目の目的、それは情報の拡散です。

 ちなみに、美人の正体は出会い系サイトの写真であることが多いのですが、正体はハゲ散らかしたおっさんだったりします。

 そのおっさんが、1,000人に友達申請したあと、引っかかってしまった男性が50人いたとして、彼らに対して何をするかというと、“ある”投稿をするんです。

 同一の美人写真を付けて、「このサイトで凄くS◯Xの上手な人を見つけたよ!https:〜〜」という投稿をするのですが、このときに、友達になった男性はタグ付けされます。

 なぜなら、スパムアカウントは投稿の際に、友達となった男性をタグ付けする権利を手に入れられるからです。

 ここまで来るとおわかりの方が多いと思いますが、Facebookで50人がタグ付けされて、「このサイトで凄く良かった人を見つけたよ!https:〜〜」という投稿が行われると、一瞬にして50人の男性の他の友達のタイムラインに、その投稿が表示されることになります。

 仮に、1人の男性に200人の友人がいたとしたら…なんと10,000人のユーザーに出会い系サイトの広告投稿が表示されることになるんです。

 要は、輩にとってみると、無料で10,000人に広告を表示することができるわけです。

 この目的が、あの美人アカウントが友達申請してくるメインの理由となりつつあります。

 Facebookの運営側も、最近ではこういうことをするアカウントを厳しく規制していますけれども、それでも、美人の顔写真じゃない、もっとまともな若い女性を装ったアカウントを使ったり、リアルなパーティを開催するような告知を打ったりと、輩も色々と考えてます。

 タグ付けされたほうとしては、他の友人でこういう仕組みを知っている友人に投稿が流れると、「あぁ、スケベ心出しちゃったのね」という感じで見られちゃって面目丸潰れです。

 ですから、確実に言えることは、Facebookをはじめとして、コミュニケーションツールを通じた、知らない人からの友達申請は絶対に断ったほうが良いということです。

 リアルだと、まさか知らない人に情報を渡さない人でも、コミュニケーションツールだと誰も見てないと思って、これをやっちゃうんですよね。

 まぁ、ネットも対面も基本的な常識は変わらないので、ぜひ参考にしてください。


 
(執筆者:宇田 和志)

<<前のページへ

2017年7月4日

個人情報 友達申請 美人アカウント スパム Facebook

宇田 和志
宇田 和志ブログのかお(ユーチューバー)

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。