節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

1000通りのロゴを一瞬で自由に作れるLogoMakerを使い倒せ!

1000通りのロゴを一瞬で自由に作れるLogoMakerを使い倒せ!
 ロゴを作るだけで、消費者への認知や、顧客への説明は印象的なものとなります。しかし、サービスや商品毎にロゴをいちいち作成していたら、時間がもったいないと感じる方もいることでしょう。コストが掛けられない方もいるはずです。そこでおすすめするのが、1000通りのロゴを一瞬で自由に作れて、そのロゴを無料もしくは格安でダウンロードできるLogoMakerの活用です。

ロゴの有無で商品・サービスの印象は変わる

 人間の脳は、右脳で感じたことにより意思決定を下し、左脳でなぜそうしたのか理由付けを行うように出来ています。

 つまり、消費者に購買してもらおうと思った時には、消費者の右脳へ働きかける必要があります。

 右脳は、非言語的であり、非論理的であり、直感的に物事を判断するため、なるべくわかりやすい見た目を使ったPRが効果的です。

 この時に有効活用できるのが、ロゴです。

 たとえば、LVMHと言われて何のことかわからなくても、下のロゴを見れば、LVMHがなんというブランドの会社か知ってる人は多いハズです。

節約社長

 そうです。ダイヤグラムのルイ・ヴィトンです。

 こんなふうにロゴを作るだけで、消費者への認知や、顧客への説明は印象的なものとなります。

1000通りのロゴを一瞬で自由に作れるLogoMaker

  だけど、サービスや商品毎にロゴをいちいち作成していたら、時間がもったいない。

  そもそも、社内にロゴを作成できる人間がいないから、必然的にアウトソースするしかないけれど、一件で数万円かかるとコストが合わない。

 このように感じている方へオススメしたいのが、アメリカのLogoMakerというジェネレーターです。

 参考リンク:LogoMaker

 LogoMakerは、職種や商品のジャンルを選んで、サービス名とタグライン(スローガン)を入力するだけで、1,000通りのロゴマークを作成してくれるウェブサイトです。

 たとえば、不動産会社が「マジ儲かる不動産〜これであなたも不動産王」というサービスを作ったとします。

 文字だけで表現すると以下のとおりです。

節約社長

 名前にはインパクトがあるかもしれませんが、一見しただけでは覚えにくいかもしれません。

 次に、LogoMakerを使ってみましょう。

節約社長

 トップ画面を開いて、職種・サービス名・タグラインの3つを入力します。

 すると…

節約社長

 ドーンと、一気に1,000通りのロゴをLogoMakerが作ってくれました。

 あとは、この中から自分の気に入ったロゴを選ぶだけで、下記画面のように色味や文字の大きさ、フォントを自分で編集することも可能です。

節約社長

 JPEG画像だけなら無料でもらえますし、質の良いベクター画像で入手しても3,500円と格安です。

 出来上がったロゴはこんな感じになりました。

節約社長

LogoMakerを使う際に気をつけたい2つの点

 ただし、LogoMakerを使う時は気をつけるべき点が2つあります。

 まず、LogoMakerはアメリカのウェブサービスなので、日本語表示できるフォントが限られていることです。

 もし、自分が気に入らないフォントしかないならば、一旦ダウンロードしてイラストレーターやパワーポイントで編集するのも1つの手です。

 もう1つは、JPEG画像だけだと表示がどうしても粗くなりがちです。

 試験的に画像を使う時はJPEG画像だけを使い、名刺やウェブサイトのロゴ、商品へのロゴ貼付に活用する際は、ベクター画像を購入するといった使い分けをお勧めします。

 それでも、人力のクラウドサービスを活用するより、コストは10分の1程度に収まります。

 サービス毎のロゴデザインについて考える時間がなかったり、一つ一つのサービスについてコストを掛けられない方は、一度利用してみてはいかがでしょうか?

Photo credit: foeock via Visual Hunt / CC BY

2017年6月19日

ジェネレーター LogoMaker

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。