節約 社長
島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

優秀な人材を採用したい経営者にコッソリ教える優秀な人材の採用方法

優秀な人材を採用したい経営者にコッソリ教える優秀な人材の採用方法
 日本の大企業は0.3%に過ぎません。ところが優秀な人材は皆大手企業に入ろうとしたがるため、中小企業は優秀な人材を採用しにくい現実があります。しかし、中小企業にとって1人の優秀な人材を獲得することは、数字・文化の両面で非常に大きな影響を与えます。本気で弱小な自分の会社へ優秀な人材を迎え入れたい時、経営者はどう動くべきでしょうか?

優秀な人材が中小企業に入りたがらないワケ

 今回は「弱小な中小企業が優秀な人材を採る方法」という話をしてみたいと思います。

 まぁ、中小企業、ベンチャー企業が優秀な人材を採れるかというと、なかなか難しいわけです。

 というのも、日本だと大企業は0.3%、中小企業が99.7%という企業の構成比率になっていますが、みんな大企業の0.3%枠に入ろうとして就職活動、転職活動を行っていますから、中小企業には見向きもしないわけです。

 更に中小企業といえば、年商1億円以下、家族経営である場合が殆どです。

 たとえば、家族経営をしている会社で考えてみると、お父さん・お母さんがいて、息子や娘も働いていると、そんな場所に全くの第三者が入っていって、上手くいく気がしますか?

 周りはみんな家族ですから、愚痴の一つも言えないですし、常に見張られている気がしますよね。

 そんな働きづらくてしょうがない会社に、優秀な人間が行くわけななんか無いのが普通です。

第三者を使って優秀な人材を獲得するのは困難

 では、そういう中で中小企業がどうやって、優秀な人材を獲得すれば良いのか?っていうところについて考えましょう。

 流行っている手段の一つに、名前は出さないですけれど、ヘッドハンティング会社で大手から引き抜いて、貴方の会社に幹部人材を入れてあげますよ、というサービスを行っている会社があります。

 手数料がだいたい600万円くらいですかね。

 「もし600万円くらいで、そういう優秀な人材が採用できて、その人が10億円くらい売上をあげてくれれば、安い買い物ですよね。」って言うのが、彼らのウリ文句です。

 でも、第三者が自分達の企業文化や必要な人材まで、事細かに分け入ってマッチングする、いきなり10億あげる人材を見つけるなんて土台無理な話です。

 もう一つ、昔ながらの人材獲得方法として、皆さんもご存知の採用広告があります。ひたすら採用広告を出すと。

 でも、最近だとこれで優秀な人が集まることなんてありません。

 今は人材難の時代ですし、そもそも広告を出せば、優秀な人はインターネットとかで待遇を他社と比較しますから、より良い条件のところに行ってしまいます。

 つまり、本当に良い人材を中小企業が採用したいと思ったら、第三者に依頼するのはナンセンスな時代になっているんです。

弱小な中小経営者の採用に向けた具体的な行動

 ではどうすれ中小企業が優秀な人材を採用できるの?という話なのですが、経営者であるあなた自身が積極的に外へ出ていって、自ら優秀な人材を口説き落とすのが一番効率的な方法です。

 たとえば、六本木ヒルズでお酒を呑んでみるとか、ビジネス街でランチをしている人たちの話を聴きながら、優秀だなと思う人がいたら声をかけてみるとか、そういうところから始めるのもありです。

 私が特にオススメするのは、大企業やその子会社の人たちが受ける研修セミナーに潜り込んでみることです。

 5〜10万円くらいで結構高額なセミナーなのですが、優秀な人達がかなり揃ってますから、「一緒に御飯でも食べないか?」って目星をつけた人を誘ってみましょう。

 もっとぶっちゃけて話しますと、昔から有名なのがSMBCのセミナーなんかです。あそこには、本当に優秀な人材が集まっています。

 そういう場所に言って、この人は優秀だなと感じる人に、ぜひ声をかけてみてください。

優秀な1人の人材が中小企業の業績や雰囲気に与えるインパクトは大きい
次のページへ >>

2017年3月3日

家族経営 SMBC 大企業 優秀な人材 経営者 中小企業 人事 採用

島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

島倉大輔 さんへ問い合わせ

問い合わせ