節約 社長
鈴木 一彦 (すずき かずひこ)
鈴木 一彦 (すずき かずひこ)走る税理士・すずき会計代表

ホームページ

今年は確定申告で税務署が激コミ?!マイナンバーが引き起こす3つのトラブル

今年は確定申告で税務署が激コミ?!マイナンバーが引き起こす3つのトラブル
 いよいよ確定申告のシーズン入りとなりましたが、今年は昨年と一つ違った対応が必要になります。それはマイナンバー対応です。申告の手順も一つ増えるのに加えて、自分や扶養家族のマイナンバー忘れなど、申告会場ではトラブルで大アラワとなる人が増えることが予想されています。紙の申告をする方は一刻もはやく作業を終えることをお勧めします。

確定申告でマイナンバーの本格活用が始まる

 平成27年から通知が始まったマイナンバー制度は、まだまだ普及しているとは言えない状況ですが、いよいよ今年からその制度の利用が本格的に始まります。

 平成28年の年末調整などの手続きからマイナンバーを使う手続きが増えてきているのですが、なんといっても最初の目玉となるのは「所得税の確定申告」です。

 平成29年(平成28年度分)の確定申告から、確定申告書を紙ベースで税務署に提出する場合には、マイナンバーが必要となります。


 国税庁の確定申告書の特設ページにも、マイナンバーが必要である旨が、以下のように公開されています。

①マイナンバーカードを持っている人

 マイナンバーカードを持っている人は、確定申告書の提出の際にマイナンバーカードを提示すればOK。

 それだけで済んでしまいます。

 もし、郵送で手続きをする場合にはマイナンバーカードの表と裏をコピーしたものを添付書類として一緒に提出してください。

②マイナンバーカードを持っていない人

 まだまだマイナンバーカード自体の普及が進んでいないので、カードを持っていない人の方が多いのではないでしょうか。

 そのような方の場合には、マイナンバー通知カードにプラスして、運転免許証などの本人を確認できる書類が必要となります。

 もし、マイナンバー通知カードを失くしてしまって、自分の番号を証明できるものが無い・・・と言う場合には、役所でマイナンバーが記載された住民票などをもらってこなければなりません。

 住民票を取得するにも300円前後のお金がかかりますので、通知カードはなくさないようにしましょうね。

申告会場も手順が増えて混乱することが必至

 申告書の提出にマイナンバーカードなどが必要となるわけですが、税務署サイドも初めての対応なので想定外のこともいろいろと出てくるでしょう。

 昨年までであれば、
  • ①申告書の作成
  • ②申告書の提出
  • ③申告書を確認して収受印を押して控えの申告書を返却
 という流れだったのが、今年からは、
  • ①申告書の作成
  • ②申告書の提出
  • ③マイナンバーカードの提示と確認
  • ④申告書を確認して収受印を押して控えの申告書を返却
 という流れになるわけですよ。

 この流れが、これからご紹介する「3つのトラブル」を引き起こす要因となります。

マイナンバーが申告会場で引き起こす3つのトラブル
次のページへ >>

2017年2月21日

経理 会計 決算処理 個人事業主 確定申告 経営者 マイナンバー トラブル

鈴木 一彦 (すずき かずひこ)
鈴木 一彦 (すずき かずひこ)走る税理士・すずき会計代表

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

鈴木 一彦 (すずき かずひこ) さんへ問い合わせ

問い合わせ