節約 社長
大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・税理士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

アップルのマクラーレンM&A観測は他人事の報道ではない

アップルのマクラーレンM&A観測は他人事の報道ではない
 自動車業界とソフトウェア業界におけるM&A観測報道が頻発しています。しかし、自動車業界とソフトウェア業界の組織形態や風土は現時点では全くかけ離れたものです。しかし、技術的優位性を持つソフトウェア業界の自動車業界への侵入(M&A)はもはや止められないものです。同じことが全く違う業界でも起こり得る時代に突入しています。

自動車業界とソフトウェア業界のM&Aが進むワケ

 ルノーがフランスのソフトウエア会社を買収し、アップルがマクラーレンの買収交渉をしていると報道されているように、自動車業界とソフトウェア業界におけるM&Aニュースが盛んに報道されています。

 マクラーレンは40-50代の方であれば、マクラーレンホンダとして、セナ、プロストでF1の世界を席巻したよくご存知の企業です。

 なぜこの2つの業界でM&Aが頻発しているのかというと、自動車はソフトウエアの固まりになっていますが、今後は自動運転が当面の軸になり、ますますソフトウェアの開発力が重要な鍵となるからです。

自動運転に求められる技術に自動車業界は技術も開発スピードも追いついていない

 ソフトウェアの進歩はマウスイヤーと言われるほど開発スピードが加速度的であり、業界自体もトライアンドエラーが推奨される横断的な組織風土を持ちます。

 対して、自動車業界の各企業は、未だに縦割りの組織体制のままで、開発に時間をかける風土が残ります。

 しかも、自動運転になると、これまでに自動車メーカーが培ってきた技術だけでは、自動運転に対応したソフトウェアを早期に完成するには技術不足となっている部分が多いようです。
 
 今回のM&A報道についてだけ言及すれば、アップルはこれまでに培ってきたノウハウをベースに、自動車産業にも触手を伸ばそうとしているのでしょうが、グーグルマップでの情報収集を世界規模ですでに進めているグーグルと比較すると、対応が後手後手に回っている印象です。

 マクラーレンという自動車メーカーを買収すれば、それで解決する問題とも思えませんし、本来であればソフトウエアメーカーとして、すべてのメーカーと台頭に付き合い、サービスを提供していきたいのでしょう。

 アップルはそれを目指すには出遅れ過ぎてしまったのかもしれません。

 それを示すかのように「アップルのマクラーレンに対するM&Aは頓挫する」という報道も既に出ています。

予想し得ない方向から異業種によるM&Aが起こり得る時代に突入している

 これまでにない組み合わせが新しいビジネスに必要になった場合には、M&Aでその問題を解決せざるを得ません。

 今後同じような現象が起こることが予想されるのは、金融業界です。

 中でもフィンテックなどがまさにそういうエリアですが、あまり目立ったM&Aが今のところ日本では起きていません。

 これは既存の金融業界の力が圧倒的なことが原因です。

 フィンテックの進展は既存の金融業界にとっては衰退を意味することから、既存企業だけでは大幅な進展は難しいと思います。

 しかし、将来を見据えた破壊者(ディスラプター)が出てこないと、結果として自分たちの産業の将来の目を摘んでしまう可能性もあります。

 そういう意味では出遅れてしまったが、勝負に出ようとしているアップルの姿勢は評価できます。

 翻って「自分達の業界はこうだから」という狭い常識で考えていると、ある日突然異業種によるM&Aで吸収合併、もしくは淘汰される時代が既に到来しています。

 こういった動きを他山の石とすることなく、日々のビジネスに活かしていきましょう。

Photo credit: taka_suzuki via Visualhunt.com / CC BY-SA

2016年9月26日

M&A 買収 アップル マクラーレン

大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・税理士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

大原達朗 さんへ問い合わせ

問い合わせ