節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

【学生注目】起業に「意識の高さ」は一切無用!必要なのは「行動力」

【学生注目】起業に「意識の高さ」は一切無用!必要なのは「行動力」
 起業したいと考える学生さんの多くは、起業して社長になるなら「意識が高くなくてはならない」と考えているようです。しかし現実を見ると、先輩起業家の多くは、意識が高いから起業したのではなく、会社を辞めざるを得ず起業したというケースが殆どです。起業に必要なのは「意識の高さ」より「行動力」です。

経営者と労働者の違いは意思決定のプロセス

 「起業する際は一旦就職して、数年働いてから事業を始めたほうが良いのか?」と悩んでいる学生さんって多いですよね。

 皆さんがこの問題で悩む気持ちがわかるな〜と思うのは、うちのお客様で創業者の方は、まずはどこかの会社へ勤めて労働者を経験して、それから事業者になったという方がほぼ100%に近いからです。

 ちなみに経営者の良いところっていうのは、毎朝自分のやることを決められる事です。

 逆に言うと、自分でやることを決めなければいけないので、これが労働者の時とは違う点ですね。

 いくら労働者としてリーダーを任されていたとしても、結局は会社の方針に従ったことをやらなければいけませんからね。

 でも事業者になれば本当に自分の好きなことをやれる。これが1番労働者と違うところで、喜びなんじゃないかなと思っています。

起業家の多くが意識高くないのに起業した現実

 さて、独立開業する人たちっていうのは、学生さんたち的には何ていうのかな…「意識の高い人」みたいな部類に分けられているらしいです。

 全然そんなこと思いませんけれどね。

 ちなみに私の周りだと、学校を卒業後にとりあえず数年働いて、1番多いのが30歳くらいを境目に「独立開業したいなぁ〜」と漠然と思って、会社を飛び出した人が多いです。

 でも、色んな経営者さんとお会いして話をしていると、若い頃から計画を立てて「30歳で独立…!」とか、そんな先のことを考えてた事業者なんて絶対にいない!(笑)

 成功した経営者のインタビューなんか見ると、「世界を変えようと思ってました。」とか行ってるんだけれど、あれは過去の記憶ロンダリングで、実際のところは、意外と会社で居心地が悪くなったとか、今の会社は体制が腐っている!(怒)とか、そんなきっかけで起業した人ばっかりです。

 会社が大きくなったら、世の中的にはうまく見せなきゃいけないですからね。でも真相は大体そんな感じですよ。

 そりゃあ社会に出れば色々あるんですよ。その会社で本当に満足していたら、辞めないですからね。

 ですから、起業するタイミングって、勤めた会社を辞めざるを得なくなって、悶々として会社を飛び出しちゃったっていうパターンが1番多いです。

 学生さんの時から「30歳を目処に独立開業!」なんて、考えてもムダって思った方が良いんじゃあないかと思います。

 それから卒業する時に、大手企業に入った方が良いのか、中小企業に入った方が、どっちが独立開業に良いのかってね、そんなのハッキリ言ってどっちも変わりません。

 ただし現実問題として、新卒カードは1回しか切れないので、転職のし易さから言うと、大手企業から中小企業への転職は出来ても、中小企業に入ってしまうと、もう大手企業には就職出来ないですよ。

 だから、「いつか起業したいけれど今は何がしたいかわからない」という状態で、新卒カード1枚切れるんだったら、大手企業でイイんじゃないの?とは思います。

起業家に求められるのは「意識の高さ」よりバカ正直な「素直さと行動力」

 というのも仕事の内容が専門性があるとか、中小企業に行けば全部やらないといけないとかありますけれど、独立開業したら全く関係無いんです。

 独立開業したい!と考える夢見る夢子ちゃんが100人いたら、実際に行動する人は10人もいません。

 そして実際に始めてみても10年経って生き残っているのは10分の1の1人。こんな感じでやっていくわけです。

 自分達が独立開業したいと思っていて「自分たちは意識が高い集団である!」とか、もし思っているんだったら、実際に企業を開業したら一応そりゃあ認められますよ?

 でも、この図を見て分かる通り、夢見る夢子ちゃんの状態の人って沢山いるんです。

節約社長

 ですから傍から見ると、それが意識の高い学生である必要なんか全くないんですよね。

 実際に独立開業をしたい!と今は言っていても、結局は就活でどこの会社の労働者になるかで競い合って、自分はあそこの労働者になれた!勝ち組だーーー!ってそんな風に思っちゃうわけですから。

 ですから夢を見ているだけだったら、中小企業庁が出している「夢を実現する創業」っていう小冊子があるんですけれど、夢を見るだけだったらみんな見ている。

 夢を実現する創業:ダウンロードページ

 実際に行動するおバカっていうのも大抵は、会社で居心地が悪くなってそれで飛び出した、もしくは辞めさせられて起業しちゃう消極的な起業のパターンも多いわけです。

 それでも10年叩かれて生き残るのは、10人に1人少ないわけですからね。

 そういうことを考えると学生さんのうちはホント遊んでおいてね、それで良いんじゃないかと思います。


 

2016年9月26日

起業 意識高い 学生

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

タナカキミアキ さんへ問い合わせ

問い合わせ