節約 社長

節約

東京-九州間の出張費用を往復1泊・レンタカー代込みで1万円代にするなら「佐賀へ飛べ」

東京-九州間の出張費用を往復1泊・レンタカー代込みで1万円代にするなら「佐賀へ飛べ」

 東京にとって九州は、LCCが飛ぶようになってから、更に安い費用で気軽に行ける場所となりました。それでも1泊2日で3万円程度は最低限でも費用を見積もる人が殆どでしょう。筆者もそう思っていたのですが、現地の社長さんから教わった「1泊2日2万円以内で可能な九州出張」という節約術が驚愕だったため共有いたします。

【マスト】役員報酬が年の途中でも変更可能な2つの代表例

 役員報酬は定時総会で決定した後は、基本的に変更が出来ないものです。しかし、会社の財務状況や人事の動向によっては、例外的な変更が可能となります。改定の際には、臨時株主総会等により決定した旨の証憑を残し... 

節約ニュースの記事をすべて見る

節約
節約ニュースをチェックすることが企業における節約の第一歩です。
節約社長では多くの企業で実践可能な節約術や節約事例を幅広くニュースとして配信いたします。
失敗は経営者の特権!やるほど楽しくなっていく失敗の手ほどき

失敗は経営者の特権!やるほど楽しくなっていく失敗の手ほどき

 経営者になると全責任が自分に降りかかると感じ、失敗することを避けガチになるものです。しかしキミアキ先生は、自分が責任を取れるからこそ、経営者には失敗する特権があると言います。失敗を経験することはなぜ大事なのか?失敗の手ほどきを解説していただきました。


周年で採用する企業も!サマータイムを導入するメリットとは?

周年で採用する企業も!サマータイムを導入するメリットとは?

 始業・終業時間を共に早める、サマータイムの導入する企業が年々増えています。元々は日照時間の長い夏に、残業時間を削減することによる人件費削減効果を狙ったり、業務効率化を図る上で導入する企業が多かったのが、今では他のメリットに着目するサマータイム導入企業も増えています。導入時の注意点も含めて解説いたします。


コスト削減を成功させるには社員と経営者の意識共有が不可欠

コスト削減を成功させるには社員と経営者の意識共有が不可欠

 コストダウンを行うと短期的には、利益がアップしやすい状態となりますが、目標がはっきりしないコストダウンや、ターゲットが明確になっていないコスト削減は、かえって会社の業績に悪影響を及ぼす場合があります。何よりも経営者と社員がコストダウンについて情報共有することが大事です。


間違って貼ってしまった印紙を再利用する術を知り節約しよう!

間違って貼ってしまった印紙を再利用する術を知り節約しよう!

 取引形態が多様化する契約社会において、印紙の使い方はますます複雑になっています。そのため、間違って印紙を貼ってしまうなど、もったいない失敗も起こりやすいものです。もしも印紙を貼り間違えてそのままにすると、ヘタすれば数万円損する場合もあります。印紙を再利用する方法を知り、節約しましょう。


補助金で節約も?!店舗をやるならタブレット型のPOSレジ

補助金で節約も?!店舗をやるならタブレット型のPOSレジ

 お店を始めようとすると、何かと初期投資に費用がかかるため、節約しなければなりません。しかしながら、最初に絶対欠かせないアイテムも存在します。その一つがレジスターです。「タブレット型のPOSレジ」は導入費用が安く、軽減税率の適用を踏まえた補助金も導入される可能性が高まっています。今後店舗を始める方は、同補助金の動向に注目したいですね。


短期間で主婦にエコバッグを定着させた小売店側の心理的仕掛け

短期間で主婦にエコバッグを定着させた小売店側の心理的仕掛け

 心理学や行動経済学の研究によれば、人には「得をしたい」よりも、「損をしたくない」という「損失回避」の欲求を極めて強く持つことが判明しています。スーパーにエコバッグを持っていく主婦が急増した理由も、レジ袋有償化により、レジ袋代分のお金を損したくないという、損失回避傾向を巧みについたマーケティング策の一つです。


養育費の請求は誰の権利?支払いや受け取りに増減はあるの?

養育費の請求は誰の権利?支払いや受け取りに増減はあるの?

 子供が生まれた後に夫婦が別れる時、大きな問題として噴出するのが「養育費」の問題です。そこで本日は、養育費の権利は誰に帰属するのか?支払いや受け取りに増減はあるのか?という、養育費の2つの問題について触れてみたいと思います。支払側が養育費の増額に備えて打っておくべき事前策もご紹介します。


社内報は3つの非金銭的報酬を通じ社員にやる気を与えるツール

社内報は3つの非金銭的報酬を通じ社員にやる気を与えるツール

 金銭的報酬は、ある一定レベルまでの労働を行う人には、モチベーションを与えるのに有効な手段ですが、人間は社会的生物であるがゆえに、経営者は社員に対して、金銭的報酬とは別の報酬として3つの「非金銭的報酬」を与えなければなりません。3つの非金銭的報酬について触れた上で、社内報をどう活用して、これを社員へ付与できるか解説いたします。


節約ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。