節約 社長

節約

教養の無い人は、何を言ったかではなく誰が言ったかで判断する

教養の無い人は、何を言ったかではなく誰が言ったかで判断する

 「お前、過去散々こんな心配させたくせに」「お前、昔は、あーだったくせに」「何お前なんかが偉そうに言ってるんだ」と他人から言われたことはありませんか?教養のない人は他者の主張、その本質的な内容にフォーカスできず、その人の過去の言動とこれをごちゃ混ぜにして理解しようとしてしまいます。

真面目な男性はモテるが、“真面目すぎ”る男性がなかなかモテない理由

 真面目な男性はOKでも、“真面目すぎ”てしまうと、これはまた女性からモテなくなってしまいます。皆さんはなぜだと思われますか?恋愛のプロフェッショナル、JURIさんが解説してくださいます。

節約ニュースの記事をすべて見る

節約
節約ニュースをチェックすることが企業における節約の第一歩です。
節約社長では多くの企業で実践可能な節約術や節約事例を幅広くニュースとして配信いたします。
悪気は無いのに女性から”嫌われる”禁断の褒め言葉とは?

悪気は無いのに女性から”嫌われる”禁断の褒め言葉とは?

 男子たるもの女性に優しくありたい!だから、女性はとことん褒めてあげよう!しかしながら…悪気はないのに、女性を褒める時になんとなしで発する言葉のせいで、女性があなたを嫌ってしまうことがあります。それは一体、どんな言葉だと思いますか?


非モテ男子の”器が小さい”と女性に思われてしまう典型的な行動

非モテ男子の”器が小さい”と女性に思われてしまう典型的な行動

 男性はもともと闘争本能が高く、相手より自分が勝っていると誇示したい習性を持っています。しかし、この習性ゆえに女性から、「この人大嫌い。器が小さいんだもん。」と思われてしまう場面があります。それは、女性がちょっと間違えた際の指摘の仕方に現れます。


女性があなたとのデートを突然ドタキャンしたくなってしまうワケ

女性があなたとのデートを突然ドタキャンしたくなってしまうワケ

 「約束したデートをドタキャンされる」男性の皆さんはこんなことで悩んだことはありませんか?もしかすると、女性がデートをドタキャンする要因の1つは、デート前の男性側のコミュニケーションの取り方に原因があるかもしれません。男性は理屈で動きますが、女性は感情で動く生き物です。理屈っぽくて細かな確認は極力避けましょう。


女性にデートを”ドタキャン”された時に男を一枚上げる好感度アップ法

女性にデートを”ドタキャン”された時に男を一枚上げる好感度アップ法

 楽しみにしていた意中の女性とのデートをキャンセルされると、男性なら誰しも激しく落ち込みますよね。でも、女性にデートを”ドタキャン”された時は、二人の仲をグッと近づけるチャンスです!女性の断り文句をバネに1つ大人の前向きなコミュニケーションを男性が展開すると、女性は男性に好感を抱いてくれるようになるからです。


女性が優しくならざるを得ない”モテる男性”の褒める方法

女性が優しくならざるを得ない”モテる男性”の褒める方法

 ビジネスの世界でも、プライベートのお付き合いでも、女性にはきつく接されるより、優しく接してもらったほうが、男性も気持ちが良いものですよね。「いや、俺の彼女はそんなキャラじゃないし!」「なんで、そんな恥ずかしい褒め方しないといけないの?」なんて言わず、女性が優しくならざるを得ない”モテる男性”の褒め方を真似してみませんか?


女性にうざがられてしまう”モテない”男性の悲しき行動〜優しさが仇になる場合〜

女性にうざがられてしまう”モテない”男性の悲しき行動〜優しさが仇になる場合〜

 好きなあの子の力になりたい。意中の女性に対して男性はみな、そう思っているはずです。だから、女性から相談されたら一生懸命に相談に乗ってあげます。解決してあげようとします。ところが、ここで男性の“ある行動”が、かえって女性にうざがられてしまう原因になる場合があります。それは一体どんな行動なのでしょうか?!


経験豊富なIT系副業ワーカーを紹介してくれるサービス「シューマツワーカー」

経験豊富なIT系副業ワーカーを紹介してくれるサービス「シューマツワーカー」

 ピンポイントの技術だけ試してみたいのだが、人を1人雇うほどのボリュームではない。新たにIT分野でサービスを始めようと思うのだが、最初のうちは完全雇用にリスクがありすぎる。そんな悩みを抱えている経営者の方にオススメしたいのが、IT分野に豊富な経験を持つ副業ワーカーを紹介してくれるサービス「シューマツワーカー」です。


議論して論破されたら負け?恥?ちゃうで、逆やぞ!あんたの勝ちやっ!

議論して論破されたら負け?恥?ちゃうで、逆やぞ!あんたの勝ちやっ!

 日本人はとかく議論を避けがちです。議論に負けた側の人間が自分を、とかく惨めで、自分の人生や価値観を全否定されたと考える傾向があるからです。しかし、実際には議論に負けた側は、議論に勝った側の人間から新しい価値観を手にいれた勝者です。適切な批判を提供してくれる相手は自分を高めてくれる存在であり、批判を受け入れて進歩した人間は最終的に、より幸せな人生を過ごせます。


節約ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。