節約 社長

節約

増える固定費の家計負担は情報の取得と行動で解消することができる

増える固定費の家計負担は情報の取得と行動で解消することができる

 日本の家計では、通信費や生命保険料、電気代といった固定費が家計支出の約1割を占め、その金額が年々増えていると言います。しかし、固定費に圧迫されて、趣味や余暇に使うお金が減っている人がいる一方で、創意工夫する人は固定費をかえって減らすことに成功しています。固定費の家計負担は情報の取得と行動で解消することが可能です。

誰かが既に取得しているドメインを安く節約して手に入れる方法

 集客や販促のためにホームページを運営しようとすると、自社の名称や商品名に近いドメインを既に取得されている場合があります。どうすれば、費用をかけずに節約して既存のドメインを取得することができるでしょう... 

節約ニュースの記事をすべて見る

節約
節約ニュースをチェックすることが企業における節約の第一歩です。
節約社長では多くの企業で実践可能な節約術や節約事例を幅広くニュースとして配信いたします。
フランチャイズに加盟して介護事業に参入する場合の注意点

フランチャイズに加盟して介護事業に参入する場合の注意点

 セブン-イレブンのように誰もが知るフランチャイズへの参入は、集客を容易にします。対して介護事業のフランチャイズは集客面では、さほど期待できませんが、経営ノウハウを享受出来る点では大きなメリットを持ちます。もしフランチャイズ参入を目指すなら、経営ノウハウを加入者目線で真剣にアドバイスしてくれるフランチャイズを選びましょう。


お盆とセットの有休をズラすよう会社は社員に指示できるか?

お盆とセットの有休をズラすよう会社は社員に指示できるか?

 今年は新しい休日「山の日」が8月11日(木)に制定されたことで、お盆とセットで長期休暇を取ろうと考えていらっしゃる社員さんも多いようです。とはいえ社員さんが一斉に有給休暇を取得すると、会社がてんてこ舞いとなる可能性も生じます。会社には労働者が有給休暇を使う権利「時季指定権」を変更する権利があるのでしょうか?


個人成りに待ったあり!先にチェックすべき3つのポイント

個人成りに待ったあり!先にチェックすべき3つのポイント

 法人から個人事業主になる、いわゆる「個人成り」は、コスト削減手段の一つです。ところが、コスト削減を狙っていたはずが、かえってコスト増になってしまったり、法人でしか受けられないサービスを受けられなくなってしまうケースもあります。これら個人成りのデメリットを避けるために3つのポイントをチェックするのは賢明です。


失敗は経営者の特権!やるほど楽しくなっていく失敗の手ほどき

失敗は経営者の特権!やるほど楽しくなっていく失敗の手ほどき

 経営者になると全責任が自分に降りかかると感じ、失敗することを避けガチになるものです。しかしキミアキ先生は、自分が責任を取れるからこそ、経営者には失敗する特権があると言います。失敗を経験することはなぜ大事なのか?失敗の手ほどきを解説していただきました。


周年で採用する企業も!サマータイムを導入するメリットとは?

周年で採用する企業も!サマータイムを導入するメリットとは?

 始業・終業時間を共に早める、サマータイムの導入する企業が年々増えています。元々は日照時間の長い夏に、残業時間を削減することによる人件費削減効果を狙ったり、業務効率化を図る上で導入する企業が多かったのが、今では他のメリットに着目するサマータイム導入企業も増えています。導入時の注意点も含めて解説いたします。


コスト削減を成功させるには社員と経営者の意識共有が不可欠

コスト削減を成功させるには社員と経営者の意識共有が不可欠

 コストダウンを行うと短期的には、利益がアップしやすい状態となりますが、目標がはっきりしないコストダウンや、ターゲットが明確になっていないコスト削減は、かえって会社の業績に悪影響を及ぼす場合があります。何よりも経営者と社員がコストダウンについて情報共有することが大事です。


間違って貼ってしまった印紙を再利用する術を知り節約しよう!

間違って貼ってしまった印紙を再利用する術を知り節約しよう!

 取引形態が多様化する契約社会において、印紙の使い方はますます複雑になっています。そのため、間違って印紙を貼ってしまうなど、もったいない失敗も起こりやすいものです。もしも印紙を貼り間違えてそのままにすると、ヘタすれば数万円損する場合もあります。印紙を再利用する方法を知り、節約しましょう。


補助金で節約も?!店舗をやるならタブレット型のPOSレジ

補助金で節約も?!店舗をやるならタブレット型のPOSレジ

 お店を始めようとすると、何かと初期投資に費用がかかるため、節約しなければなりません。しかしながら、最初に絶対欠かせないアイテムも存在します。その一つがレジスターです。「タブレット型のPOSレジ」は導入費用が安く、軽減税率の適用を踏まえた補助金も導入される可能性が高まっています。今後店舗を始める方は、同補助金の動向に注目したいですね。


節約ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。