福利厚生を導入する際の注意点 従業員のニーズが高い福利厚生サービスベスト10

福利厚生
スポンサーリンク

福利厚生とは?

福利厚生とは、企業から従業員に給付される給与以外の報酬のことを言います。

社員の生活の質や労働意欲を高めるために企業に導入されます。

その際にかかる費用を「福利厚生費」と呼びます。

スポンサーリンク

福利厚生の導入方法は?

自社で福利厚生を設ける

自社特有の福利厚生を内製化したうえで導入して、従業員の満足度向上を目指します。

従業員のニーズに合わせた福利厚生や、企業独自のユニークな福利厚生を作ることができます。

福利厚生アウトソーシングサービスを利用する

福利厚生アウトソーシングサービスは、大企業はもちろんのこと中小企業でも利用する会社が増えています。

福利厚生アウトソーシング会社としては

・ベネフィット・ステーション

・リロクラブ

・ライフサポート株式会社

などが挙げられます。

充実したサービス内容と低価格であることが魅力です。

スポンサーリンク

福利厚生を導入することの効果は?

従業員の満足度の向上

福利厚生が充実すれば、従業員の満足度が上がり、結果的に企業の利益を出すことにつながります。

人材の確保

企業が人材を募集する際に福利厚生が充実していると有利です。そのため福利厚生に力を入れている企業が多いです。

企業のイメージの向上

売り手市場で、福利厚生の注目が高まっている今、福利厚生を充実させることは企業イメージの向上になります。

スポンサーリンク

福利厚生を導入する際の注意点

料金体系やプランを理解する

福利厚生アウトソーシングの会社によって料金体系やプランが違うので、比較検討して、自社に最も効果的なプランの導入を行いましょう。

コスト・管理負担がかかるのを理解

企業にとって福利厚生の施設の維持や管理には負担がかかります。また費用面でも充実させればさせるほど大きい負担になります。その点を理解し、予算などをあらかじめ決めておきましょう。

従業員のニーズに合うか注意

福利厚生を導入しても利用されなければ意味がありません。福利厚生の内容が、従業員のニーズに合う内容か事前によく検討しましょう。

スポンサーリンク

従業員のニーズが高い福利厚生サービスベスト10

家賃補助・住宅手当

社宅や家賃補助をすることで、従業員の生活環境の向上に貢献します。

住居というのは生活で重要な部分なので、従業員にとって非常に嬉しい制度です。

食事補助

食事代の負担や社員食堂を無料で使えるなどのサービスです。

従業員の経済的負担を減らすことができます。

健康関連

健康診断や人間ドックの費用負担、フィットネスジムの割引などで従業員の健康を維持します。メンタルヘルスも管理します。

育児支援

育児中の従業員が、仕事と両立できるために費用やサービスを提供します。

女性社員にとっては嬉しい制度です。

介護支援

介護が必要な親を持つ従業員のために帰省費用などを会社が負担します。

高齢化社会が進んでいる日本では、これから必須の福利厚生になるでしょう。

交通費の支給

会社に通うための費用などを支給する制度です。自転車通勤などでも交通費の支給があるケースもあります。

従業員がストレスなく会社に通える環境を作るのは非常に大切です。

保養施設

研修所やリラックススペースなど、従業員が働きやすい職場環境を作る企業が増えています。仮眠室を導入している企業もあり、福利厚生のスタイルは多様化しています。

財形貯蓄制度

従業員が退職後、安定した生活を送るために、企業が退職金の積立を行う制度です。従業員は退職後の不安を感じず、業務に集中することができます。

社員旅行・レクリエーション

レジャー施設の割引サービス、社員旅行や社内イベントに参加した際の費用など、従業員の親睦を深めるための費用を会社が負担します。

自己啓発

スキルアップのための勉強会やセミナー、資格取得にかかる費用を会社が負担します。成長したい従業員のためには欠かせない福利厚生でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ここであげている以外にも、ユニークな福利厚生制度は沢山あります。他社がどんな福利厚生制度を導入しているか、一度チェックしてみるのも良いでしょう。

福利厚生を導入しているユニークな企業30選
福利厚生費とは? 福利厚生費とは 従業員の労働のモチベーションと生活の質を向上させるために、給与以外に支給されるお金のことです。 法律によって福利厚生費は、会社が負担することが義務付けられています。 「法定福利厚生」...

今回取り上げたように、福利厚生制度には多種多様な取り組み方があります。

ただ、避けたいのは、闇雲に何でも良いからやってみるという考え方で、安易に特定の福利厚生制度を導入することです。

一度、就業規則に福利厚生制度を掲載すると、従業員にとって排除することが不利益となる場合は、その制度を排除することができません。

自社の業態、従業員の現状、その制度の持続可能性をよく熟慮したうえで、制度導入する必要があります。

福利厚生
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長