【経験が仇となる】50〜60代のシニア起業家がハマる「5つの落とし穴」

時事

起業する人の半分以上がシニア層の50〜60代

私のライフワークは、これらシニア起業を応援することですが、50代、60代のシニア層の起業が多くなっていると肌で感じています。

実際、今から40年ほど前の1979年には23.7%だった50代・60代の起業が、2012年には51.8%に達し、起業する人の半数を占めるに至っています。

このように多くなっている50代、60代の起業ですが、この年代層の起業には、他の年代にはないような落とし穴があります。

そこで本稿は、シニアが起業する際に陥りやすい「5つの落とし穴」をご紹介します。

第1の落とし穴:会社の看板や肩書がなくなることへの自覚

会社員時代には、会社の看板を背負って仕事をしています。しかし、起業したら会社の看板や肩書は関係ありません。

会社員時代が長かったシニア層には、この自覚が乏しい人が多くいます。

会社員時代のプライドを捨てきれない人もいます。起業したら、このようなことは邪魔になるだけです。

「自分は◯◯社で部長をやっていたので〜業界の人脈がある」ということを、声高らかにアピールするのは良いですが、大事なのは今何ができるかです。

今までは組織を通しての仕事でしたが、起業したら個人として仕事に取り組みます。生の自分の人間性だけで勝負しなければなりません。

これがシニア層の起業の大きな落とし穴の1つ目です。

第2の落とし穴:自分がやってきた仕事への固執

シニア層ほど、自分がやってきた仕事のやり方に対して固執する傾向が強いと言われています。

起業して仕事をする場合、その仕事だけをやっていれば良いというわけにはいきません。

これに付随する仕事も全部自分でやらなければなりません。

また、今までやってきた仕事のやり方がそのまま通用するとは限りません。もっと効率的なやり方が求められる場合もあるでしょう。

今までの仕事や仕事のやり方の固執すると、柔軟な対応や新たな可能性への対応にできなくなります。

これもシニアが起業する場合の落とし穴になります。

第3の落とし穴:自分の体力への過信

起業したならば、今後はその仕事を何年も続けていくことになります。

今は体力があったとしても、それは年齢とともに衰えていきます。このことを十分に考慮しておくことが必要です。

自分にとって最大の敵は、慢心する自分です。

常に身体のチェックを怠らず、現状の体力を踏まえた働き方、リスクのとり方がシニア起業には求められます。

第4の落とし穴:社会感覚や時代感覚のズレ

同じ会社に長く仕事をしていると、知らず知らずのうちに、その会社の考え方や価値観に染まっており、社会感覚や時代感覚との間にズレが生じている場合があります。

代表的なところだと、一生懸命働けば給料が上がった年功序列の時代に生き、成功した人は、とかく取引先にもこれを求めます。

しかし、今の社会では年功序列が崩壊し、仕事も短時間で成果を上げられる人の評価が高くなっています。

このようなズレは、起業して初めて気が付くことが多いのです。

会社の看板や肩書がなくなることへの自覚が乏しい人ほど、自分を変えることができず、ズレを解消することができません。

第5の落とし穴:老後資金をすべてつぎ込んでしまう

退職金をもらった場合、最初からこれをすべて起業につぎ込んでしまう人はほとんどいません。

大半の人が、老後の生活のためのお金は別にしておきます。

しかし、思うように売上げが上がらないと、足りなくなった運転資金を補填するために老後のための資金をつぎ込んでしまう人が多いです。

気が付いたら、全てがなくなってしまったというケースも耳にします。

シニアになってから、“want to”で始めた人ほど思い入れが強く、サンクコスト(埋没費用)に対して見切りを付けられない傾向があります。

過去に囚われず今と向き合えば落とし穴にはまらない

このように、シニアの起業には色々な落とし穴がありますが、これらの落とし穴を事前にしっかり自覚しておけば、落とし穴に落ちることはありません。

子供の頃を思い出してください。落とし穴の場所が分かっていれば落ちることはありませんよね。

また、落とし穴の多くは、自らの経験や勘を元にした思い込みや勘違いから生じます。

大事なのは今です。自分が何歳であっても、過去に囚われず今と向き合えば、人は充実した時間を過ごせるようになります。

時事
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
大場保男

大場 保男 (おおば やすお)
静岡県沼津市生まれ
早稲田大学第一文学部心理学科卒業

経済産業大臣登録中小企業診断士
東京都福祉サービス第三者評価者
SOURCE公認ベーシックトレーナー
関東学院大学経済学部非常勤講師

社会人としてのスタートは、二日酔いで遅刻

大学を卒業し、就職先の化粧品会社の入社式を翌日に控えた夜、
アパートの隣の部屋の友人から
「彼女に振られたからヤケ酒に付き合え」と言われて明け方近くまで痛飲。
案の定、入社式は遅刻、まだ身体に酒が残っており、
人事担当者に一発で二日酔いであることがバレて大目玉。

これに懲りることなく、酒杯を重ねて幾年月、
最近めっきり酒量は減ったけれども、
酒を通して様々な分野の人たちとの付き合いを楽しんでいる。

上司の独立に伴って転職したが、その会社はあえなく倒産

化粧品会社からマーケティング企画会社へ移って10年近く経った頃、
上司が「独立するので自分の会社に来ないか?」を誘われて転職。
社員4人の小世帯ながら、
東銀座の歌舞伎座近くの立派なビルの
ワンフロアを事務所に会社が立ち上がった。

オープンの祝賀パーティも盛大に行われた。
しかし、その会社は1年も経たずしてあえなく倒産…。
その時は、すでに中小企業診断士の資格をとっていたので、
資格があればなんとかなるのでは…と甘い考え。

46歳、何の見通しも計画もないままに独立起業

自分の意思ではなく、やむなく独立せざるを得ない状況での起業。
平成5年、46歳だった。独立起業に対する見通しも計画も何もなかった。

中小企業診断士の資格を活かそうと、知人から紹介されて行政の人に会ったとき、
「専門分野は何ですか?」と問われてハタと返答に窮した。
そこで、化粧品会社に勤務していた頃、
一番長く携わっていた「イベント企画」を自分の専門として打ち出すことにした。

以来、「商店街のイベント屋」として神奈川県を中心に、
イベントによって商店街の活気を取り戻そうという活動に取り組んできた。
かかわった商店街は、横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、座間市、
大和市、厚木市など50ヶ所以上に及んだ。

お店の販売促進、中心市街地活性化、農業診断などに取り組む

「商店街のイベント屋」として活動しているうちに、
県庁や市役所などの行政、商工会・商工会議所などの
商業振興や地域活性化を担う部署の人たちとの人脈ができてきた。
そこから、商店街のイベント以外の仕事も依頼されるようになった。

商店街のコンセプトづくり、特産品の開発、中心市街地活性化、
物販店や飲食店などの店舗診断と販売促進、
チラシやニュースレターの作成などを行ってきた。
店舗診断の業種は多岐に渡り、約300店の店舗診断を行った。
また、農家の経営診断や野菜の直売所の販売促進にも取り組んだ。

「かながわ朝市ネットワーク」の立ち上げ

神奈川県西部の人通りがほとんどない商店街、何とか活気を取り戻そうと、
朝市の立ち上げを手伝った。
当日、果たしてお客様は来ているだろうかと不安な気持ちで会場に着くと、
「この街にもこんなに人がいたのか」
というほどの賑わい。

以来、朝市の魅力に惹かれ、あちこちの朝市の立ち上げの支援を行ってきた。
神奈川県内各地の朝市の連携を図ることを目的に
平成21年「かながわ朝市ネットワーク」を立ち上げた。

活動の一環として、毎年1回、県内の朝市が一堂に
会するイベント「かながわ朝市サミット」を行ってきた。
今まで、横浜、平塚、小田原、相模原、座間、茅ヶ崎で実施してきており、
毎回、約100店が出店し、2万~3万人の来場者で賑わった。

平成26年、神奈川県内の約40ヶ所の朝市を紹介した「かながわ朝市ガイドブック」、
朝市を実施するための「朝市実践マニュアル」を発行。
今後も朝市を通して地域活性化に取り組んでいく。

商工会議所で延400人前後の創業相談を実施

平成19年より神奈川県の県西地区の商工会議所で、
創業相談を担当することになった。
現在までに延400人前後の起業の相談を行ってきた。
業種はマチマチだが、ほとんどの人がそれまで自分が従事していた業種と同じ業種で起業。
それしか起業の選択肢がないと思っている…。
その人のやりたいことは、本当にそれなのだろうか?

そんな折、アメリカのマイク・マクマナスの開発した
SOURCEという手法に出会い、トレーナーの資格を取得。
自分の本当に好きなこと、ワクワクすることを見極め、
本来の自分を発見し、それに基づいた
仕事にしていくことが充実した人生につながるという考え方に出会う。

「ライフワーク起業」の支援を自分のライフワークに

起業しても、3年後まで生き残れるのは約3割、
オリンピック選手のコーチングで有名な
あるコーチによると
目標設定の95%が実現しない。
立てた目標が本当にやりたいことでないからだという。

「ライフワーク起業」とは、自分の本当に好きなこと、
ワクワクすることを見極め、本来の自分を最大限に活かして
経済的にも豊かに生きるための起業、
これを支援していくことを私のライフワークにすることにした。

家族は妻とイヌとネコ、落語をきくのが好き

家族は妻とイヌとネコ。
イヌはヨークシャーテリアと
マルチーズのミックス。
朝、目が覚めると私の横に寝ていることが多い。
ネコは野良ネコ出身、寝る前に晩酌していると私の膝に乗ってくる。

化粧品会社に勤務していたころ、会社をサボって、
よく浅草演芸ホールに落語をききに行った。

趣味はと聞かれて
これはというものはないが
強いて言えば落語かなという程度
こだわりの落語論を持っているわけではない。

ハッツァン、クマサン、ご隠居さんの世界が好きなのだ。

大場保男をフォローする
節約社長