ご存知ですか?「有言実行」であなたが潰される可能性があることを

起業

世の中の常識は「やると決めたら有言実行」

今日は、「やると決めたら無言実行で行こう」というテーマでお届けします。

これと対比する形になりますが、「有言実行」が世の中のスタンダードとしてありますよね。

周りの人に、自分の夢や目標、やりたいことを伝えて、自分を追い込んでしまえと。そうすると、やらざるを得ない状況になるから、より夢や目標に近づきやすい。

やるっきゃないところに自分を追い込むことで、実践力が高められるという意味で、「有言実行」は良い考えだと言われています。

「やると決めたら有言実行」が危険な場合

ただし、「有言実行」が必ずしも吉とは出ない場面があることも、私達は知っておかなければなりません。

それは、ドリームキラーが目の前にいる場面です。

ドリームキラーとは、あなたの夢や目標に対して否定的であり、あなたの行動を阻害する人のことを言います。

彼らは、あなたが夢や目標を語ると、「そんなことは現時点ではない」「そんなの出来ないに決まってるじゃん」と言って、あなたの邪魔をしてきます。

テストの点数が今は60点なのを80点にする、くらいの目標ならドリームキラーは現れません。

ところが、5流のドベ高校で20点くらいしか取れない生徒が、「ここから猛烈に勉強して東京大学を目指す」って言ったら、周りの友人が、親族が、先生が、「そんなの無理だって!」「やめとけ」と言って、彼の目標を潰そうとし始めるんですね。

こういうドリームキラーには、幾ら自分の夢や目標を語っても、かえって否定されるだけで、当人のモチベーションはだだ下がり、時間も無駄に過ごさねばならなくなります。

誰もあなたの夢や目標を阻害する権利など持たない

ビジネスの世界においても同じようなことは往々にして起こります。

今は年収ウン百万の世界にいる人が、本気で年収ウン千万、1億を目指し努力し始めた時に、周りの人はだいたいが「何言ってるの?」って言うんです。

そういう人って、だいたいが実績が無いのに、自分がそのレベルに達したことが無いのに、根拠もなく「あなたには無理だ」って言ってきます。

サラリーマンの友達とか親とか、彼氏とか、あなたが今いるレベルと同じレベルの社長とか、そういう人達が「あいつは守銭奴になった」って批判してきます。

でも、あなたが本当にそうなりたいと思っているのに、やったこともない人に否定されるのって、マイナスにしかならないんですよね。

こういう人に向かって「有言実行」で対応するのって、とても危険なことだと思います。

たしかに失敗したら最後は自分でケツをまくるわけですが、そうなるかならないかは誰にもわからないし、やってみないとわからないことのほうがビジネスの世界では多い。

あなたの夢や目標を誰かが阻害する権利はどこにもないわけです。ドリームキラーからあなたの夢や目標を守るために「無言実行」で行ってください。

起業
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

1974年生まれ。筑波大学大学院経営・政策科学研究科修士課程修了 MBA。さらに、博士課程に進学して、博士号取得。博士号取得後、外資系・国内独立系コンサルティング会社を経て、株式会社マーキュリーコンサルティングを設立。

経営コンサルタント業界の異端児として、全国延べ1600社以上の会社やひとりビジネスを支援する。また、財団法人埼玉県中小企業振興公社をはじめ、各都道府県中小企業振興支援センターの専門家として、中小零細企業の経営支援や独立・創業支援をする傍ら、全国の大学、商工会議所、商工会、青年会議所、金融機関などの主催による講演会の講師として活躍し、あらゆる業界で勝ち組企業や成功者を生み出している。更にトップアフィリエイターとしても活躍。キャンペーンの報酬ランキングに常に上位ランキングしている実績を持つ。現在、年収1億円起業家を輩出するため、日々コンサルティングに奔走している。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

個別コンサルティングお申込みは、こちらから

完全放置アフィリエイト塾お申込みは、こちらから

パーフェクトマインド口座お申込みは、こちらから

島倉大輔をフォローする
節約社長