新規事業で見込み顧客を思い描く時に最強のペルソナとなるのは誰か?

起業

 どんな人を相手に商売するのか?悩む場面は以外に多いですよね。解決策として「30代の女性」「子育ての終わった主婦層」「もうすぐリタイアするサラリーマン層」 といった具合にペルソナを設定するのですが、これもしっくり来ません。そんな時は最強のペルソナとして、「過去の自分」を描いてみるのはいかがでしょうか?その理由を解説します。

新しい事業を始める時に悩むのがペルソナ設定

 起業したいという方、新規事業に参入したいという方からの相談で、多い悩みの一つに、『見込み顧客のターゲット層をどこに設定するのか』というものがあります。

 これは、もう少し簡単にいうと、『どんな人を相手に商売をするのか』という悩みです。

 ターゲットを狭く絞れば絞るほど、商品サービスの設計も、売り方も、よりシャープに研ぎ澄まされて、良い結果が得られます。

 さて、昔のマーケティングの教科書では、

  「30代の女性」「子育ての終わった主婦層」「もうすぐリタイアするサラリーマン層」

 といった具合に、年齢、性別、職業、立場などで分類して、ターゲットを決めていくことなどが書かれていました。

 しかし、これから個人事業主や、小規模企業として起業しようとする人にとって、このようなくくり方では不十分で、もっと詳細に絞り込んでいく必要があります。

 どうしたらよいでしょうか?

過去の自分は新規事業における最強のペルソナ

 新規事業や起業のためのマーケティングの世界では、『見込み顧客のことを、世界で一番よく知っていると自負できるなら、ビジネスはうまく行く』と言われています。

 そのお客様が、どんなことに悩み、どんな言葉を使い、どんな行動をし、どう感じているのか、それをあなたが一番知っていると思えるほどに、徹底的に調べ、観察し、テストしていくことが必要なのです。

 その意味で、相談に来られた起業志望の方に私がよくお伝えするのが、『昔の自分に売り込んでください』ということです。

 例えば、5年前、10年前のあなたは、どんなことに悩み、どんなことを考え、どんな行動をし、どんな本を買い、どんな人と会い、どんなものを求めるのか?

 それを一番よく知っているのは、あなた自身です。

 そして、その『昔の自分』と同じことで悩んでいる人は、世の中にたくさんいます。

 その人に、売ることを考えていけばいいのですね。

 「そういえば、あんなセミナーに通っていたな」「あんな雑誌を読んで、あんなことを考えていたな」「あんな展示会によく出かけたな」「あんなチラシに反応して、あんなことを体験したな」ということを企画すればいいわけですね。

 もちろん、昔と今では違うところもありますから、多少は現代風にアレンジすることも必要ですが、それは過去に悩んでいたあなたならできるはずです。

過去の自分をペルソナとするもう1つの効用

 この方法がもたらすもう1つの効用は、過去の経験も含めて自分を愛せるようになることです。

 1人の事業者として経営を続ける時に、自分を愛せること、自分を信じられることは大きな強みとなります。

 過去の自分があったから今の自分があるという自己肯定感は、ビジネスを前に進めるうえで、とても大きなモチベーションになりますよね。

 もし、売上を上げたいと思うなら、『昔の自分に売り込む』ことをぜひやってみてはいかがでしょう?

起業
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
篠田法正(しのだほうせい)

株式会社LBC (ライフ&ビジネスクリエイト研究所)
代表取締役

1962年名古屋生まれ
血液型:A
動物占い:ペガサス
好きな食べ物:梨、夢らんまん(夢が叶う和菓子)
趣味:弓道、読書、大きな声で言えない話の収集
健康法:わくわくすること、シナジーのサプリメント
大切な人:家族(妻、息子、娘)

工学博士
経済産業大臣登録 中小企業診断士
(財)生涯学習開発財団認定 シニアスキルリーダー
福島正伸メンターズクラブメンバー

大学4年~大学院で、化学の研究に没頭。
教授に勧められるままに就職先を決める。

某大手化学会社の研究開発部門で20年間勤務。

身体と環境に優しいプラスチックを研究。
・身体の中で消えてなくなる手術用縫合糸
・長期持続性の制ガン剤用樹脂 ・整髪剤用樹脂
・化粧品用樹脂
・トウモロコシから作るプラスチック
・環境中で安全に消滅するゴム
・トイレに流せるプラスチック
等々を開発、製品化した。

出願特許件数:国内外合わせて150件以上
国際学会発表:5回
社長表彰「生体吸収性縫合糸の開発・製品化」
工学博士学位取得

研究開発を続ける一方で、「理系人間の世間知らず、経営知らず」という批判に発奮し、経営やマーケティングについて基礎から徹底的に学び、1995年に中小企業診断士試験に合格、翌年登録。

1999年から2年間、アメリカピッツバーグにあるカーネギーメロン大学に留学。
専門分野の最新学理と手法を学ぶとともに、研究開発マネジメントやコミュニケーション、
考え方について大きな影響を受ける。
多民族国家アメリカの自由と自己主張の文化に触れ、国際的感覚も身につける。
コメディドラマ「フレンズ」の大ファン。

2007年 コンサルタントとして独立、株式会社LBC(ライフ&ビジネスクリエイト研究所)を設立。
2012年 一般社団法人最幸経営研究所を設立。代表理事に就任。
一般社団法人最幸経営研究所

[ 強く影響を受けた人々(敬称略) ]

下村湖人
スティーブン・R・コヴィー
ロバート・キヨサキ
岩元貴久
ジェームス・スキナー
ナポレオン・ヒル
ブライアン・トレーシー
中村天風
石井裕之
福島正伸
鴇田正春

[ 法正という名前の由来 ]
法は、宇宙の法則、自然の摂理、仏の教え、不変の原則。
正は、正直、すなお、教えや原則に違わない。
(天意に背かない=正しい。) 
そのまま、あるがまま。
Let it be. Just the way we are. つまり、法正とは、大いなるもののエネルギー、天意を伝える仏の教え、宇宙をつかさどる法則・原則に素直に従い、自然と調和して生き、正しく伝えていくこと。
ちなみに、三国志に、法正(法孝直)という人物が登場する。

法正についての解説はこちらをクリック → 法正

[ 座右の銘 ]
思いは地球よりも大きい。

篠田法正(しのだほうせい)をフォローする
節約社長