人の介在無くしてもはや発展無し?!リアル店舗化する企業のウェブサイト

企業がウェブサイトを構築する2つのメリット

 こんにちは。ジェネシスコミュニケーションの松尾です。

 今回は、ウェブサイトがリアル店舗に近づいているという話をしたいと思います。

 企業の立場からウェブサイトを構築するメリットとして、従来から言われてきたのは、第一に、エンドユーザーとコミュニケーションでした。

 これにより、マスメディアを使わずとも、自社サイトを通じて「ブランディング」や「販売促進(セールスプロモーション)」が行えるからです。

 すなわち、ウェブサイトをマーケティングに活用することで収益増加が見込めるというわけです。

第二のメリット「コスト削減」が崩れ始めている

 第二のメリットは、例えばECサイトの場合にはお客様が自分で商品を検索して、欲しい商品を選択・決済してくれるので、店員さんが不要、人件費が削減できるという点です。

 また、問い合わせについてもFAQを充実させておけば、疑問点・不明点も自分で解決してくれるので、カスタマーセンターへの電話問い合わせが減り、センター運営コストの低減が可能となるわけです。

 従って、これまでのWebサイトは、上記のようなメリットを享受するため、基本的に「セルフサービス化」を志向してきたのです。

 ところが近年は、逆に人を配置し、サイト上で手厚いサービスを提供しようとする方向へとトレンドが変わってきました。

 具体的には、「チャットサービス」を組み込んで、サイト訪問者の問い合わせに、リアルタイムで対応するWebサイトが増えてきています。

 この背景にはいくつの要因が考えられます。

徐々にリアル店舗化する企業のウェブサイト

 まず、競合各社がどこもWebサイトを立ち上げ、同じような情報を提供している中、他社との差別化のポイントとして、プラスアルファのサービスを提供する必要性が高まっていることがあります。

 もうひとつは、やはりリアル店舗のように、ちゃんとした接客が行えないと購入に踏み切れない商品においては、オンライン販売の伸びが頭打ちになってきていることがあります。

 日用品雑貨のように普段から買い慣れていて、あまり悩まずに欲しい商品が選択できるのであれば「セルフサービス」で十分でしょう。

 しかし、例えば「保険」の場合は、どんなに詳しい情報をサイトにアップしていたとしても、理解するのが困難ですし、そもそも文字を読むのがつらいという見込客も多いのです。

 そこで、リアルタイムに双方向でやりとりができるチャット機能が使えれば、理解が難しい箇所について、「要するに・・・ということですよ」とわかりやすく説明してくれたり、見込客の疑問点にピンポイントで答えてくれるので購買意欲が喚起されます。

 しかも、オペレーターから「ぜひ今お決めください」などと、最後のひと押しで購入に踏み切る人も増え、売上増にもつながるというわけです。

 まさに、リアル店舗で店員さんが接客しているようなやりとりが、今のWebサイトでは行われるようになってきているのです。

 次回は、チャットサービス導入の具体事例をご紹介したいと思います。

コスト削減
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
松尾 順

株式会社ジゾン
コンサルティング準備室 室長

早稲田大学商学部卒。マーケティング・プロデューサー。
ニールセン・ジャパン、CRC総合研究所でマーケティングリサーチ、コンサルティングに従事した後、電通ワンダーマンで、データベース・マーケティングやCRMの企画・プロデュースを経験。さらに、ネットベンチャーの立ち上げにも執行役員として参画した。

現在は、心理学、行動経済学といった消費者心理・行動の理解に役立つ学問分野の研究を活用し、売れる商品づくり、効果的なコミュニケーション開発に取り組む様々な企業をマーケティングリサーチからマーケティング施策の企画・運営までトータルに支援している。

株式会社ジゾンでは、CMSシェアナンバーワンのソフトウェア「HeartCore」の導入に伴うマーケティングコンサルテーションを担当している。

【著書】
『ブランディング戦略―ブランディングの基礎と実践 (広告キャリアアップシリーズ) 』誠文堂新光社
『[実務入門] 営業はリサーチが9割! 売上倍増の“情報収集”完全マニュアル (実務入門)』日本能率協会マネジメントセンター
『先読みできる!情報力トレーニング (ビジマル)』TAC出版

松尾 順をフォローする
節約社長