取引先を接待をするなら踏まえておきたい4つの心構え

起業

 接待をする際は何かと気苦労が多いものですから、面倒臭いという人も多々いらっしゃいますが、利害関係のある他社同士が、良い関係を気づいて良い取り引きに繋げるためには、結局飲みニケーションが一番良かったりします。そんな時はこれから提示する4つの心構えだけに注意すれば、肩肘張ることなく、相手と仲良くなれるでしょう。

スポンサーリンク

接待一つで取引先との関係が変化する場合も

 「社長、今日はありがとうございました。今度、今後の話もしたいので一杯行きませんか?」

 こんな不意な言葉から接待は設定されるものです。

 とはいえ、取引先との接待は、一度失敗をしてしまえば、これまで築き上げてきた関係を簡単に崩してしまうものにもなってしまいます。

 かしこまったところで、良い話は生まれませんので、接待を設定する上で踏まえておきたい「4つの心構え」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

接待をするなら踏まえておきたい4つの心構え

1)目的を把握した上で準備する

 接待で最も重要なことは、その日のその席を何のために設けたのかということです。

 相手からの意向であれば目的をヒアリングし、話の内容にあった店舗やメニューの雰囲気を選びましょう。

 たとえば、交友を深める目的であれば、当日出席する取引先の趣向に合わせた選択が最も無難です。

 重要な要件や周囲への注意が必要な場合は、取引先の趣向よりプライベート性を意識した空間の選択が必要です。

2)相手が主役であることを忘れない

 取引先の人々と接する上で、相手を主役として立てることは、最も忘れてはいけないルールです。

 常に相手を主役とした行動や会話の運びを行うことで、より自然に好感を持たれる空気を作ることができます。

3)おもてなしとやり過ぎに注意

 取引先に対して常に気を配るのは何より重要ですが、必要以上の行動はおもてなしの域を超えて迷惑行為につながります。

 大切なのは、自分がされて不快に感じる行動を慎みながら、相手をよく観察することです。

4)その場が終わって終了ではない

 無事その日の接待を終了したからと言って安心するのは禁物です。

 一般的に企業間でのやり取りでは、何か1つのやり取りにつき、必ず発案者や招待側からの御礼状を送ります。

 取引先によっては書簡でなくても、電話やメールで感謝の気持ちを述べるだけでも良く、内容よりその行動に意味があるとされています。

スポンサーリンク

接待は長期的にお付き合いするための潤滑油

 夫婦ですらお互いのコミュニケーションを良好に保つために、何かしらのイベントを計画します。

 接待が面倒臭いという人も多々いらっしゃいますが、利害関係のある他社同士が、良い関係を気づいて良い取り引きに繋げるためには、結局飲みニケーションが一番良かったりします。

 そんな時は上記4つの点を踏まえれば、肩肘張らず自らも楽しめる接待となることでしょう。