3つのポイントを押さえ科学的に運を向上させよう

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは島倉です。

ビジネスを成功させるのはもちろん、人生そのものもそうですが、運があるとか、運が向上していくというのはすごく大事なことです。私も運というものをすごく重要視していますし、「自分はすごく運がある人間だ」と感じています。

松下幸之助も、人を採用するときに「君は運があるか?」と聞いた時に、「運があります。」と答えた人だけ採用したという逸話が残っていますが、大経営者であっても運というものを重要視していたわけです。

そこで今回は、「科学的に運を向上させる方法がある」というお話をしたいと思います。

科学的に運を上げる方法は実際に存在する

科学的に運を上げる3つのポイント

ビジネスにおいても、人生においても、運を向上させられたら凄くいいですよね。

そんな方法があるのか?といったら実はあるんです。

しかも、これからお伝えする内容は世界の研究者が科学的に実証してきて見つけた法則です。

運を良くする法則というのは実はもう科学的に証明されているんです。

たくさんの論文があるので、どの論文に何が載っているのかをお伝えすることは割愛しますが、共通して3つのポイントがあります。

何事も前向きに考える。

とにかく行動する。

数をこなす。

この3つをやる人が運を向上させられるという研究結果が出ています。

これを聞いたときに、そんなの当たり前でしょうと思いますよね。

そうです。この当たり前のことをしていないから運が良くならないのです。

前向きに考える。

暗く考えてしまってはダメです。

例えば、人とお会いしたときには、前向きにお話しをするということです。

暗い話、例えば、景気が悪いとか、政治が悪いとか、日本はもう終わっているというような話をする人と前向きな話をする人とどちらが魅力を感じますか。

どちらの話を聞きたいですかと言ったら、絶対に前向きに話をする人ですね。

これはもうわかりやすいものです。

とにかく行動する

これも大事です。

運がないと言う人は絶対に行動していない人です。行動しなくては、ビジネスは成功しません。

例えば、結婚でもお付き合いをする相手を見つけられない時に、女性でも男性でも「出会いがありません、」と言う人が大勢います。

結婚相談所の人の話を聞いてみると、まず行動していないんです。

どこにでも出合いなんてあるんです。出会いが無いなんて言い訳に過ぎません。

極端な話、コンビニのレジとかスーパーのレジにも人はいますよね。異業種交流会にも人はいますよね。セミナーや研修会にも人はいますし、社内にも人はいますよね。

休日にカフェで隣の席を見れば人はいますよね。

どこにでも人はいるんです。ただ、話しかけていないだけなんです。

話しかけなかったら、チャンスなんて生まれません。

ですから、結婚できる人とか、パートナーを見つける人というのは、やはり素直に行動しています。

何もネットで相手を見つける活動をしなくたって、気になる相手に話しかけたり、何か行動しているから結局チャンスをつかめるわけです。

そうするうちに、段々とコツが掴めて、相手とスムーズにコミュニケーションが取れるようになり、運もあがるわけです。

数をこなす

あとは、運が良い人は数をこなしています。

フラれたらどうしよう、断られたらどうしようとか気にしないんです。

よくある昔の恋愛ドラマで一人の人を一途に、といったものもありますが、それでもやはり成功はしませんし、それは恋愛ドラマの世界です。

なかには、幼馴染に思い続けて結婚したという人もいますし、美談としてはいいんですが、そのような数少ない事例をみても、それが成功法則かというと、実際にはそうでもありません。

大事なことはとにかく数をこなすことです。

数をこなしてどんどん話しかけていけばいいわけです。

そういったことをしていないから出会いがない理由なんです。

ビジネスで運を上げる

では、ビジネスにおいて、運を上げる3つのポイントを当てはめてみたらどうなるでしょうか?

行動する-提案しながら試してみる-

ビジネスでも大事なのは、とにかく行動することです。

インターネットで集客しようとしているのに、記事を書いていない、コンテンツを作っていない、Youtubeの動画を録ってない、なんて言語道断です。

あげくのはてに人と会わない。商品にしても、莫大なお金と時間をかけて1つのものにのめり込んでいる方がいますが、それで売れなかったら、もう全て終わりです。

そうではなくて、いくつもいくつも売れるまで色んな商品を用意していく、また、授業でも、いろんな授業を試しながらどれがいけるかを探っていく。

もちろん、全てに大きな予算をかけるのではなく、テストマーケティングといった感じでやりながら、あたりを探っていくというのが戦略の基本です。

数をこなす-失敗を恐れない-

数をこなしていくということが大事なので、失敗とか恥を恐れないということです。

最終的に成功すればいいわけですから、この目的を達成するためには前向きになって考えること、とにかく行動です。

チャンスを自分でつかみにいく、そして数をこなしていく。

これはすべて科学的に実証されています。世界的に民族、地域、全く関係なく全てに当てはまることです。

前向きに考える

自分のマインドを前向きにすることで、運を向上させましょう。

冒頭でお伝えしたように、松下幸之助は、自分は運が悪いと考える人を採用しませんでした。

最初から自信などあるわけないです。ならば、「自信のあるふり」から始めれば良いのです。

「やれるか?」と聞かれたら、「私ならやれます!」から始めれば良いのです。

お客様にとって、自信に満ち溢れ、前向きな人は頼もしく、「この人に頼みたい」と感じさせます。

結果として、前向きに取り組むことで、仕事がどんどん入ってくるようになります。

何事も前向きに考える。

とにかく行動する。

数をこなす。

この3つのポイントさえ押さえれば、あなたの運は確実に向上します。

 
ビジネス
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

1974年生まれ。筑波大学大学院経営・政策科学研究科修士課程修了 MBA。さらに、博士課程に進学して、博士号取得。博士号取得後、外資系・国内独立系コンサルティング会社を経て、株式会社マーキュリーコンサルティングを設立。

経営コンサルタント業界の異端児として、全国延べ1600社以上の会社やひとりビジネスを支援する。また、財団法人埼玉県中小企業振興公社をはじめ、各都道府県中小企業振興支援センターの専門家として、中小零細企業の経営支援や独立・創業支援をする傍ら、全国の大学、商工会議所、商工会、青年会議所、金融機関などの主催による講演会の講師として活躍し、あらゆる業界で勝ち組企業や成功者を生み出している。更にトップアフィリエイターとしても活躍。キャンペーンの報酬ランキングに常に上位ランキングしている実績を持つ。現在、年収1億円起業家を輩出するため、日々コンサルティングに奔走している。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

個別コンサルティングお申込みは、こちらから

完全放置アフィリエイト塾お申込みは、こちらから

パーフェクトマインド口座お申込みは、こちらから

島倉大輔をフォローする
節約社長