節約 社長

粉飾決算

はれのひが粉飾決算で融資受ける〜皆やってるからOKは通じるか?

はれのひが粉飾決算で融資受ける〜皆やってるからOKは通じるか?

 はれのひの元社長が、粉飾決算後に6億円の融資を受け、それを返済に回したと報道されています。批判が集まる一方で、嘘で塗り固めた粉飾決算書類を使って、金融機関から融資を受けている企業は掃いて捨... 

粉飾無しで期末決算を黒字化したい社長が講じるべき利益を増やす3つの具体策

粉飾無しで期末決算を黒字化したい社長が講じるべき利益を増やす3つの具体策

 決算月が近づいてきて、利益対策に頭を悩ませている社長さんもいらっしゃるでしょうが、同じように赤字対策に神経を使う社長さんも多いのでは?特に金融機関からの借入をしている、これから借入をしたい... 

中小企業に粉飾決算がはびこるのはなぜか?粉飾決算が今後しにくくなる理由

中小企業に粉飾決算がはびこるのはなぜか?粉飾決算が今後しにくくなる理由

 多くの中小企業が粉飾決算に手を染めています。にも関わらず、これらの企業は自分たちのやっていることに対して、「生き残るためには仕方がないこと」「みんなやっている」というくらいにしか考えていま... 

粉飾決算をやっている会社が銀行融資を受けることは可能か?その行く末は?

粉飾決算をやっている会社が銀行融資を受けることは可能か?その行く末は?

 マイナス金利政策が導入されていることで、銀行融資を受けることが比較的簡単になっています。ただし、銀行も回収できる見込みがなければ融資に応じないため、赤字企業が粉飾決算を実行して融資を受けよ... 

【絶対ダメ】中小企業の粉飾決算がバレる理由・無くなる3つの信用

【絶対ダメ】中小企業の粉飾決算がバレる理由・無くなる3つの信用

 粉飾決算に手を染めている中小企業は非常に多く存在します。どの経営者にも大きな罪の意識はさほどありません。しかし、粉飾を重ねた企業がV字回復を遂げる可能性は非常に低く、繰り返し行われる粉飾はい... 

天下の三井不動産でも…子会社で粉飾決算が頻発しやすい3つの理由

天下の三井不動産でも…子会社で粉飾決算が頻発しやすい3つの理由

 先週の17日(水)に、大手不動産会社・三井不動産の子会社である三井不動産リフォームが、過去2年間で営業利益を約10億円水増ししていたことがわかりました。東芝の例をはじめとして、子会社で粉飾決算が... 

てるみくらぶ破綻〜薄利多売で苦しむ経営者へ伝えたいこと

てるみくらぶ破綻〜薄利多売で苦しむ経営者へ伝えたいこと

 倒産した格安旅行会社の「てるみくらぶ」の話題が連日報道されています。同社が倒産した主要因は薄利多売のビジネスモデルにあります。とはいえ中小企業の多くは同じように薄利多売で苦しんでいます。も... 

マグロ屋の社長がマグロ在庫の架空計上で粉飾!?その末路はこうだ!

マグロ屋の社長がマグロ在庫の架空計上で粉飾!?その末路はこうだ!

 中小企業にはびこる粉飾決算という悪習。多くの企業が似たような手口で粉飾に手を染めます。今は大丈夫でも、一度道を踏み外して、そのまま起死回生を計れないと大変なことになります。架空の冷凍マグロ... 

【似て非なる】経営者なら知っておきたい脱税と粉飾決算の違い

【似て非なる】経営者なら知っておきたい脱税と粉飾決算の違い

 粉飾決算と脱税、両者はどちらも不当に利益を増す行為であり、社会に対して「ウソ」をついている共通点があります。しかしながら、両者は似て非なるものです。脱税とはどのような行為なのか?粉飾決算と... 

異論を歓迎する組織作りで解消するアビリーンのパラドックス

異論を歓迎する組織作りで解消するアビリーンのパラドックス

 「誰も旅行なんかに行きたくないのに、なぜか皆が空気を読んで行きたくない旅行に行き、最終的には誰も幸せにならない」という喩えは、アビリーンのパラドックスと呼ばれています。個の時代と言われなが... 

ベイカーズダズンの甘い罠に断固として立ち向かえ!

ベイカーズダズンの甘い罠に断固として立ち向かえ!

 巨大企業の不正問題が、年の後半に入り次々と噴出しています。不正行為を組織ぐるみで行ってしまう企業に共通する1つの傾向、それは「お金儲けとは別に、倫理的にやっていいことの下限基準(限界)をル... 

不正会計で揺らぐ東芝の元・経営陣と徳川慶喜の共通点

不正会計で揺らぐ東芝の元・経営陣と徳川慶喜の共通点

 東芝の3,000億円とも見積もられる経営陣からの組織的な不正会計指示には、過去三代の社長が関わったと言われています。部下にチャレンジさせるまではいいものの、その後の数字(結果)に責任を追わない姿... 

東芝が不適切会計を計上しても上場廃止にはならぬ理由

東芝が不適切会計を計上しても上場廃止にはならぬ理由

 5月8日、東芝はインフラ工事の会計処理に不適切な点があったとして、前期(2015年3月期)の業績予想を取り消し、期末配当についても無配となることを発表した。一部では組織ぐるみの粉飾決算を指摘し、...