節約 社長
大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

加速する投資ファンドのM&A 事業会社が買わない案件を彼らが買うワケ

加速する投資ファンドのM&A 事業会社が買わない案件を彼らが買うワケ
 ここ数年、景気の浮揚と株価の上昇を背景に、資金集めに成功した投資ファンドによるM&Aが加速しています。ただし、「本当にその企業や事業に、それだけの価値があるのか?」疑問な高額買収もちらほら。なぜ、彼らは強引にM&Aを進めるのでしょうか?その狙いを、事業会社が行うM&Aと比較しながらご紹介します。

投資ファンドによるM&Aが過熱感を帯びる

 全国で美容室を約270店舗運営するAgu(アグ)をCLSAキャピタルパートナーズが100億円で、またUCCから「珈琲館」事業をロングリーチグループが数十億円(金額非公表)で買収すると報道されています。

 昨年も今回ご紹介したケースと同じように、事業会社ではなく投資ファンドによるM&Aが次々と発表されました。

 というのも、ここ数年、景気の浮揚と株価の上昇により、投資ファンドは資金集めに成功する一方で、「投資先がない」という状況に陥っていることが多いようです。

 このため、ファンドマネーが投資を加速させており、結果として、買収金額が高騰していると感じている買い手も増えています。

 前回の記事「バフェットが米国企業のM&A価格高すぎ!とコメントしたが日本企業はどうよ?」でもお伝えしたように、M&Aの過熱感は否めません。

投資ファンドはなぜ過熱感があってもM&Aを止めない?

 それでは、なぜ投資ファンドは事業会社が高い、と感じる投資をやっているのでしょうか。

 その理由は、多くの場合、おそらく買収後に企業を上場させて、上場益を取ることを考えているからです。

 2013年からの5年で、日経平均株価がほぼ倍増している地合いの良さも、これを後押しします。

 対して、事業会社は投資の意思決定を行う際に、買収した事業への投下費用を、ビジネスで回収できるか否かで必ず考えます。

 たとえば100億円の投資をしたら、買収した事業のキャッシュ・フローを計算した上で、何年で回収できるのかを考えます。

 一方でファンドはその企業を上場させ、上場益をとることを目的としていることが多いです。

 上場時には、一般的に株価はかなり高くなる傾向にありますので、そこで利ざやを稼ぐことになります。

 売却すれば「お役御免」ということで、彼らの目的は果たされるわけです。

投資ファンドの絡む上場案件はよく調べてからの投資を検討しよう

 難しい議論はあえて避けますが、事業会社が高い、と考える案件を上場させれば株価が高く付く、というのは危険な状態です。

 何も知らない一般投資家が損をして、投資ファンドが儲かるという図式も珍しくありません。

 これを防ぐには投資家が賢くなる必要があります。

 投資ファンドの悪口を言っても仕方がありません。

 投資ファンドは顧客から預かった資金を、リスクを取って企業に投資して、合法的に上場させてキャピタルゲインを得るわけです。

 これらの背景は必ず開示されますので、私どもとしては、適正に情報を把握し、投資するか否かを懸命に判断する必要があります。

2018年3月14日

事業会社 投資ファンド M&A Agu UCC 珈琲館

大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。