節約 社長

交際費

超高級料亭とクラブで数十万円かけてVIPを接待した⇒費用は交際費で落とせるか?

超高級料亭とクラブで数十万円かけてVIPを接待した⇒費用は交際費で落とせるか?

 やんごとなき方にお世話になったお礼に、超がつく料亭やクラブで接待することがあるかもしれません。費用が数十万円、百万円単位かかったときに、この費用は交際費として落とすことが可能なのか?交際費の趣旨から判定し解説いたします。また、これらの出費を行った際に、あとあとマズい状況となるケースについても触れていきます。

創立◯周年パーティの費用はどのように経費へ算入すればよい?

 新年度入りし、記念すべき◯周年を迎える経営者の方もいらっしゃることでしょう。中には創立◯周年記念パーティを開催される場合もあるのでは?この際に発生する費用はどのように経費へ算入すればよいのでしょうか?... 

交際費ニュースの記事をすべて見る

交際費
必要以上に使ってしまいがちな交際費こそ見直す余地も大きいです。交際費のルールを見なおして財務体質を改善してみましょう。
お歳暮にポルシェ?!贈った側と贈られた側の会計処理ってどうなるの?

お歳暮にポルシェ?!贈った側と贈られた側の会計処理ってどうなるの?

 いよいよお歳暮シーズンがスタートしました。人の縁だけビジネスもつながっていきますから、お歳暮の習慣を大切にされている社長さんも多いようです。中には、高級車ポルシェのような高額商品をお歳暮として贈る方もいらっしゃるようです。際限無き「お歳暮戦争」で、どこまでが「お歳暮」と認められるのでしょうか?解説いたします。


親会社の役員を接待する際の費用は交際費として計上できる?

親会社の役員を接待する際の費用は交際費として計上できる?

 中小法人が飲食接待費を計上する場合、交際費の年間支出額によって課税額の計算が変わってきます。年間交際費のうち接待飲食費が800万円を超える場合は、年間交際費の金額として1600万円がボーダーになります。この中に親会社の役員を接待する費用を計上することは可能でしょうか?考えてみましょう。


交際費のキホン〜中小と大手で共通するルール・異なるルール

交際費のキホン〜中小と大手で共通するルール・異なるルール

 取引先の接待や贈答のために支出した費用は、交際費として一定額を損金算入することが認められています。また、交際費に関するルールは、中小企業と大企業で、異なる部分と共通する部分があります。そこで本稿は、中小企業と大手企業で共通するルール・異なるルールを比較し、それぞれの節税ポイントをご紹介いたします。


領収書を操作し会議費の要件を満たしても国税局が見逃さぬワケ

領収書を操作し会議費の要件を満たしても国税局が見逃さぬワケ

 交際費には年間800万円の上限がある一方で、取引先との飲食で1人5,000円以下に抑えると、会議費に振り分けられ、上限無く損金とすることが可能です。これを利用して人数を水増しする悪知恵は、誰しもが考えるところ。ところが直近だと、積水化学工業は本件がバレて追徴課税を支払っています。なぜ会議費の不正操作はバレるのか?解説いたします。


祝・広島カープ優勝!年間指定席を会社で買って節税対策

祝・広島カープ優勝!年間指定席を会社で買って節税対策

 広島カープが25年ぶりにセ・リーグでシーズン優勝を果しました。ところで、プロ野球の年間指定席を会社名義で購入するケースはかなり多いようです。この場合、かかった費用はどのような名目で経費に算入すれば良いのでしょうか?目的別に変わる経費算入方法をご紹介します。


ディズニーに堂々と経費で行っても税務署を納得させる要件

ディズニーに堂々と経費で行っても税務署を納得させる要件

 どうしても仕事をしていけば多少の「グレーな費用」は良くある話なのですが、外部の人間から見ても「ムムムッ?」と思われるような支出は、誰から見ても怪しまれます。例えばディズニーランドに経費で行くとするなら、税務署はどのレベルまで経費算入要件を求めてくるのでしょうか?考えてみましょう。


社員旅行・出張・接待でオリンピックへ行く費用は経費算入できるか?

社員旅行・出張・接待でオリンピックへ行く費用は経費算入できるか?

 いよいよ、夏期オリンピックがブラジル・リオデジャネイロで始まりました。治安問題を含め、日本人の観戦客にとっては不安要素も沢山ありますが、それでもオリンピックに行きたいという方は多いようです。そこで本稿では、社員旅行、出張、取引先の接待の3パターンでオリンピックへ行った場合の費用が経費算入可能か考えてみます。


お中元に会社名義で買った「商品券」で大損!そのワケは?

お中元に会社名義で買った「商品券」で大損!そのワケは?

 そろそろお中元の送付を検討する時期に入ってきました。取引先にお中元を送る際は、金額が社会的常識の範囲内であれば、これを交際費として経費参入することが可能です。ただし、お中元で「商品券」など金券を送付する時に、間違った取り扱いをすると大損する場合があります。以下、説明してまいります。


交際費ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。