節約 社長

資金調達

注目浴びる資金調達手段・ファクタリングとは?そのメリットとデメリット

注目浴びる資金調達手段・ファクタリングとは?そのメリットとデメリット

 資金調達方法といえば、銀行借り入れや増資、手形取引が一般的です。しかし、ここ最近、もう1つの資金調達方法であるファクタリングに注目が集まっています。ファクタリングとは、未回収の売掛金をファクタリング会社が買い取ることで、売掛金の回収期日を待たずに資金調達が可能な資金調達方法です。本稿は、ファクタリングのメリット・デメリットをご紹介します。

格安税理士事務所を使って起きた2つの悲劇〜いい加減な決算書の末路は?

 「決算書なんてどこの税理士事務所に作ってもらっても同じでしょ?!」よくこんな意見を聴きますが、実際のところは税理士による決算書への手の掛け方次第で、銀行との融資交渉や税務調査は大きな影響を受けます。... 

資金調達ニュースの記事をすべて見る

資金調達
資金調達は経営者に求められる必須の能力です。資金調達に関する正しい知識をつけましょう。
資金調達時に金融機関が必ず事業計画への記載を求める4つの点

資金調達時に金融機関が必ず事業計画への記載を求める4つの点

 資金調達を行うためには、事業計画の作成が不可欠ですが、金融機関は、企業の事業計画の説明と達成について、明確なコミットメントを求めています。そこで本稿は、金融機関が企業に求める事業計画の中で、必ず説明がなされているべき4つのポイントをご紹介します。凄い事業計画の作成は、資金調達以外にも役立ちます。


クラウドファンディングで実現する3つの資金調達形態

クラウドファンディングで実現する3つの資金調達形態

 これまで金融機関や知り合いしか資金調達手段が無かった中小企業にとって、クラウドファンディングの台頭は非常に良いニュースです。一括りにクラウドファンディングといっても、その資金調達形態は3つに分けることができます。自社の商品やサービスに応じて、どの資金調達形態を選ぶか考えてみるのはいかがでしょうか?


資本金って幾らにしたら良いの?会社の節目ごとに考えてみよう

資本金って幾らにしたら良いの?会社の節目ごとに考えてみよう

 起業時、ビジネスを成長させていく時、それぞれのタイミングで経営者は「資本金の適正額って幾らなんだろう?」という悩みを抱えます。本稿では、キミアキ先生が日本企業の資本金分布を踏まえて、起業時、付き合う先が変わる時などタイミング毎に、適正な資本金の額や賢い増資タイミングを教えてくれます。


金が無けりゃ現物だ!現物出資で会社設立時に気をつけるべき点

金が無けりゃ現物だ!現物出資で会社設立時に気をつけるべき点

 金は無いけれど会社を設立したい。でも、資本金1円じゃどうしようもないから、現物を資本にするというパターンの資本金積立を現物出資と言います。不動産や債権、特許権、ノウハウなどが現物出資できる資産として認められますが、原則として評価が義務付けられており、特に無形資産の評価には注意が必要です。


担当者が500万円程度と言った案件で1000万円の融資を決めた裏技とは?!

担当者が500万円程度と言った案件で1000万円の融資を決めた裏技とは?!

 担当者が500万円程度と言った案件で、1000万円の融資がおりた?!この話にウソはありませんが、提示の倍額融資を成功させた経営者は、融資交渉を上手く行かせるための裏技など一つも使いませんでした。では、どのような状況を作ることで、金融機関は融資交渉の倍額提示で融資を決めたのでしょうか?


シャープが23億円損してまで本社ビルの買い戻しを決意したワケ

シャープが23億円損してまで本社ビルの買い戻しを決意したワケ

 昨年、2つのビルを併せて188億円で売却したはずのシャープが、そのうち1つの田辺ビルを138億円で買い戻しました。単純計算で考えると田辺ビルの価値は115億円程度であるため、シャープは23億円の損をした計算になります。余裕が無いはずのシャープはなぜ23億の損をしてまで田辺ビルを買い戻したのか?考えられる2つの理由をご紹介します。


金融機関との融資交渉で生まれる3つの副次的メリットとは?

金融機関との融資交渉で生まれる3つの副次的メリットとは?

 経営者として金融機関から融資を受けることは、キャッシュの改善や信用力の増加など、お金の部分で多くのメリットを生みます。しかし、融資交渉を経験することは、事業に客観性と具体性が生まれ、相手の立場に立った説明が出来るようになるなど、お金以外にも副次的なメリットを数多く生み出します。


赤字に喘ぐ地銀が生き残り有望な中小の味方となる道はこれだ!

赤字に喘ぐ地銀が生き残り有望な中小の味方となる道はこれだ!

 金融庁は直近発表した試算において、地方銀行の約6割は10年後に融資や投信の販売業務といった本業で、赤字に転落すると予想しました。地銀の統廃合は確かに進むのが当然です。しかし、大手企業への融資はレッドオーシャンで、望みは薄いもの。果たして地銀に生き残るための新たな活路はあるのでしょうか?


資金調達ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。