節約 社長

資金調達

貯金は善で借金は悪?!世の中の間違った常識を捨て、良い借金をして儲けろ

貯金は善で借金は悪?!世の中の間違った常識を捨て、良い借金をして儲けろ

 世の中のお金に関する常識として、「貯金は善であり、借金は悪である」というものがあります。しかし、事業者になると借金は必ずしも”悪”ではなくなります。良い借金をすれば、借金を元手に事業を拡大することができて、会社に信用が生まれます。お金に関する勉強をきちんとしている経営者は、これを理解して、ますます会社と社員の財布を豊かにしていきます。

3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの違い メリット・デメリット

 ファクタリングとは他人若しくは他社の持つ売掛債権を買い取り、自己の危険負担で代金回収を行う金融サービスをいいます。ファクタリングの仕組みには大きく分けて、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングがあ... 

資金調達ニュースの記事をすべて見る

資金調達
資金調達は経営者に求められる必須の能力です。資金調達に関する正しい知識をつけましょう。
Uberへ1兆円投資 ソフトバンクの投資スタイルが変わり始めた理由

Uberへ1兆円投資 ソフトバンクの投資スタイルが変わり始めた理由

 ソフトバンクの運営する投資ファンドが、米配車サービス最大手・Uberへ1兆円規模の出資を検討していると報じられました。これまでのソフトバンクはアーリーステージへの投資を得意としてきましたが、最近では上場間近、既に上場しているレイターステージへの投資が増えています。その理由を説明します。


悪徳ファクタリング会社か良いファクタリング会社かを見極める2つのポイント

悪徳ファクタリング会社か良いファクタリング会社かを見極める2つのポイント

 ファクタリングとは、ファクタリング会社が与信判断を行ったうえで売掛債権を買い取り、売掛債権を売却した会社は早期に現金を受け取ることが出来るサービスです。ただし、ファクタリング会社は比較的設立しやすいため、中には悪徳業者も存在します。そこで本稿は、悪徳ファクタリング会社か、良いファクタリング会社かを見極める2つのポイントをご紹介します。


銀行が融資判断を行う際に決算書を見てチェックする3つのポイント

銀行が融資判断を行う際に決算書を見てチェックする3つのポイント

 思い切った投資が必要だったり、急なピンチでまとまったお金が必要になった際は、金融機関からの借入が欠かせません。ただし、彼らも商売としてお金を貸すわけですから、相手が確実に返済してくれるところか審査をします。決算書を始めとした書類で、彼らがチェックする3つのポイントをご紹介します。


事業計画書を作成しよう〜資金調達以外に手にすることが可能な3つのメリット

事業計画書を作成しよう〜資金調達以外に手にすることが可能な3つのメリット

 事業計画書について多くの方は、「資金調達を受けたければ作らざるを得ない資料」と考えているようです。しかし、私達は事業計画書を作成することで、事業理解力、情報伝達力、進捗管理力という、3つの能力を向上させることが可能になります。つまり、事業計画書の作成は、四方がわからぬ大海に航海へ出るうえで羅針盤を手にするような行為なのです。


海外展開なら成功利払いでOK!最大5億円調達可能なグローバルニッチトップ支援貸付

海外展開なら成功利払いでOK!最大5億円調達可能なグローバルニッチトップ支援貸付

 グローバルな事業展開にチャレンジしようとすると、国内事業に比して投資回収までの期間が長期に渡り、投資回収までの元本返済や利払いが大きな負担となるケースがあります。そこでお勧めしたいのが、海外展開時の元本返済・金利負担を軽減すべく、商工中金が提供しているグローバルニッチトップ支援貸付です。詳細を解説いたします。


クラウドファンディングの基本を徹底解説!5つのパターンを覚えておこう

クラウドファンディングの基本を徹底解説!5つのパターンを覚えておこう

 「クラウドファンディング」という資金調達手段はご存知でも、自分がクラウドファンディングをやることはないだろう、と考えている人のほうがまだ多いのではないでしょうか?ただ、個の時代において、クラウドファンディングが資金調達の主流となっていくことは間違えありません。そこで本稿は、クラウドファンディングの基本を徹底解説し、その5つの型をご紹介します。


政策実施機関なのに民間の投資会社〜中小企業投資育成株式会社とは?

政策実施機関なのに民間の投資会社〜中小企業投資育成株式会社とは?

 あまり知られていない資金調達手段の1つに、「中小企業投資育成株式会社」からの出資受け入れという方法があります。中小企業投資育成株式会社とは、国の政策実施機関でありながら、民間の株式会社として中小企業に出資を行う組織です。本稿では、中小企業投資育成株式会社から投資を受け入れる要件をご紹介します。


最大6億円!の低利融資が受けられる日本政策金融公庫の「新事業育成資金」

最大6億円!の低利融資が受けられる日本政策金融公庫の「新事業育成資金」

 ビジネスが軌道に乗りはじめると、どこかの段階で「資金調達」を円滑に行えないと、ビジネスが小さいまま、おまけに資本力のあるライバルに市場を奪われる、という事態が生じてしまいます。経営の独立性を保ちたい、けれど、ここから更に大きな資金を手にして事業拡大したい!そんな方にお勧めしたいのが、日本政策金融公庫の「新事業育成資金」です。詳細をお伝えします。


資金調達ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。