節約 社長

資金調達

衆議院解散は近い?!経営者の選挙候補者に対する正しい陣中見舞いの出し方

衆議院解散は近い?!経営者の選挙候補者に対する正しい陣中見舞いの出し方

 年明け以降、衆議院の解散総選挙に向けた動きが出てきたり、夏には都議会議員選挙が行なわれるなど、2017年は選挙イヤーとなる可能性が高まっております。もしも特定の政治家や政党を応援しているなら、政治資金規正法に照らし合わせて、正しい陣中見舞いの出し方を再度勉強してみませんか?

仲間の社長へ個人でお金を貸したら相手がお金を返せなくなった!それでも贈与税は生じるか?

 経営者間では信頼関係をもとに、ビジネスで融通を効かせるため、個人間でお金の貸し借りをすることがあります。ところが、ビジネスの世界は厳しく、時として貸したお金を相手が返せない場合もあります。この場合、... 

資金調達ニュースの記事をすべて見る

資金調達
資金調達は経営者に求められる必須の能力です。資金調達に関する正しい知識をつけましょう。
金融機関との融資交渉で生まれる3つの副次的メリットとは?

金融機関との融資交渉で生まれる3つの副次的メリットとは?

 経営者として金融機関から融資を受けることは、キャッシュの改善や信用力の増加など、お金の部分で多くのメリットを生みます。しかし、融資交渉を経験することは、事業に客観性と具体性が生まれ、相手の立場に立った説明が出来るようになるなど、お金以外にも副次的なメリットを数多く生み出します。


赤字に喘ぐ地銀が生き残り有望な中小の味方となる道はこれだ!

赤字に喘ぐ地銀が生き残り有望な中小の味方となる道はこれだ!

 金融庁は直近発表した試算において、地方銀行の約6割は10年後に融資や投信の販売業務といった本業で、赤字に転落すると予想しました。地銀の統廃合は確かに進むのが当然です。しかし、大手企業への融資はレッドオーシャンで、望みは薄いもの。果たして地銀に生き残るための新たな活路はあるのでしょうか?


東京大学が230億円のベンチャーキャピタル創設も資金の出元が残念すぎる件

東京大学が230億円のベンチャーキャピタル創設も資金の出元が残念すぎる件

 東京大学が巨額のベンチャーキャピタルを組成しました。大学がベンチャーキャピタルを組成する意義は、母校を応援する卒業生が意欲有る学生や卒業生に投資をすることで、彼らの可能性を伸ばすことにあります。ところが今回のファンドの中身は過去の補助金、しかも出資はファンドというもの。メリットを感じにくいのが現状と言えます。


ハッピー倒産ハッピー融資を実現する「経営者保証に関するガイドライン」を使い倒せ

ハッピー倒産ハッピー融資を実現する「経営者保証に関するガイドライン」を使い倒せ

 2013年に金融庁が「経営者保証に関するガイドライン」を制定しましたが、その内容はまだ浸透していません。そのせいか、インチキ金融ブローカーが暗躍したり、制度をうまく利用できずに銀行との融資交渉を進められていない人が多いのも事実です。ガイドライン活用に向けた実践論を、経験豊富なキミアキ先生が解説してくれます。


経営者が消費者金融を資金調達で使うメリットはあるのか?

経営者が消費者金融を資金調達で使うメリットはあるのか?

 マイナス金利の導入により銀行からの融資が降りやすくなったと言われていますが、融資相談に数ヶ月の期間を要する場合もあります。その間に会社で入用となった時、消費者金融がパッと思い浮かぶ方もいることでしょう。そこで本稿では、経営者が消費者金融を利用するメリットとデメリットをご紹介します。


起業家の味方「新創業融資」を受けたい人が気をつけたい2つの点

起業家の味方「新創業融資」を受けたい人が気をつけたい2つの点

 創業時は実績がないため、貸す側に納得してもらえる収支計画を提出し、その計画が妥当だと判断されれば、融資をしてくれる可能性が高い時期です。日本政策金融公庫の新創業融資制度も融資要件が緩和されるなど、環境が充実しています。そこで、貸す側の視点から見て、融資交渉で気をつけるべき2つの点をご紹介します


介護事業で開業時に必要資金を把握する上で確認したい3つの点

介護事業で開業時に必要資金を把握する上で確認したい3つの点

 介護事業で開業する際に質問が多くなる事項として、「どれだけの資金を最初に準備するべきか?」というものがあります。しかし、その額はそれぞれがおかれた状況によって大きく変化します。そこで、個々が必要とする開業資金の額を計算するために、最初に確認すべき3つの点をご紹介します。


介護事業を始めるメリットと開業時にコケないための資金調達術

介護事業を始めるメリットと開業時にコケないための資金調達術

 介護事業は、軌道に乗れば安定的なリピートにより、先が読みやすいビジネスモデルです。ところが、介護事業を開業したばかりの時は、全く先が読めないのが現場の実状です。「資金があるから大丈夫」と、開業時の資金調達を怠ることで、苦労される方は後を絶ちません。介護事業は立ち上げ時に必ず融資審査を受けましょう。


資金調達ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。