節約 社長

資金調達

粉飾決算をやっている会社が銀行融資を受けることは可能か?その行く末は?

粉飾決算をやっている会社が銀行融資を受けることは可能か?その行く末は?

 マイナス金利政策が導入されていることで、銀行融資を受けることが比較的簡単になっています。ただし、銀行も回収できる見込みがなければ融資に応じないため、赤字企業が粉飾決算を実行して融資を受けようとする場合があります。実際に、粉飾決算をしても、銀行にバレずにお金を借りることは可能なのでしょうか?その行く末は?

手形って何?小切手との違いは?手形を使うメリットとデメリットとは?

 手形とは、将来の特定の日に特定の金額を支払うことを約束したことを表している有価証券です。似た制度の小切手との違いは何なのでしょうか?手形を使うメリットとデメリットとは?知っているようで知らない手形の... 

資金調達ニュースの記事をすべて見る

資金調達
資金調達は経営者に求められる必須の能力です。資金調達に関する正しい知識をつけましょう。
政策実施機関なのに民間の投資会社〜中小企業投資育成株式会社とは?

政策実施機関なのに民間の投資会社〜中小企業投資育成株式会社とは?

 あまり知られていない資金調達手段の1つに、「中小企業投資育成株式会社」からの出資受け入れという方法があります。中小企業投資育成株式会社とは、国の政策実施機関でありながら、民間の株式会社として中小企業に出資を行う組織です。本稿では、中小企業投資育成株式会社から投資を受け入れる要件をご紹介します。


最大6億円!の低利融資が受けられる日本政策金融公庫の「新事業育成資金」

最大6億円!の低利融資が受けられる日本政策金融公庫の「新事業育成資金」

 ビジネスが軌道に乗りはじめると、どこかの段階で「資金調達」を円滑に行えないと、ビジネスが小さいまま、おまけに資本力のあるライバルに市場を奪われる、という事態が生じてしまいます。経営の独立性を保ちたい、けれど、ここから更に大きな資金を手にして事業拡大したい!そんな方にお勧めしたいのが、日本政策金融公庫の「新事業育成資金」です。詳細をお伝えします。


出光興産・経営陣VS創業家で公募増資へ〜公募増資のメリット・デメリット

出光興産・経営陣VS創業家で公募増資へ〜公募増資のメリット・デメリット

出光興産が公募による新株発行を決定し、資金調達(公募増資)をするようです。これは、現経営陣が推し進める昭和シェルとの合併に反対する創業家持分を下げることが狙いと思われます。ところが、そうは行かせぬと創業家も対抗します。そこで本稿は、現経営陣が行った、公募増資にはどのようなメリットとデメリットが存在するのか考えてみます。


新規事業で資金が必要!ならば私募債で資金調達するのはいかがでしょう?

新規事業で資金が必要!ならば私募債で資金調達するのはいかがでしょう?

 ある程度の収益は見込めているけれど、手元の資金だけで賄うことが難しそう。けれど、スピーディにまとまった資金が必要となる。新規事業を始めようとする時には、こんなケースがあります。このような時に検討してもらいたいのが、私募債による資金調達です。私募債によって資金調達する3つのメリットをご紹介します。


注目浴びる資金調達手段・ファクタリングとは?そのメリットとデメリット

注目浴びる資金調達手段・ファクタリングとは?そのメリットとデメリット

 資金調達方法といえば、銀行借り入れや増資、手形取引が一般的です。しかし、ここ最近、もう1つの資金調達方法であるファクタリングに注目が集まっています。ファクタリングとは、未回収の売掛金をファクタリング会社が買い取ることで、売掛金の回収期日を待たずに資金調達が可能な資金調達方法です。本稿は、ファクタリングのメリット・デメリットをご紹介します。


経営者の借金〜良い借金VS悪い借金ではどんな部分に差が出るの?

経営者の借金〜良い借金VS悪い借金ではどんな部分に差が出るの?

 経営者であっても「借金は嫌だ」と感じる方は沢山いらっしゃいます。しかし、ビジネスが上手くいき急拡大する際など、借金したほうがプラスになるケースは数多くあります。借金をする場合に大事なのは、事前に、借り方、借りる目的、借りた後の資金管理の3点を明確に決めておくことです。どのようにこれを実現できるか解説いたします。


個人的な借金を持つ経営者の会社は融資審査を通過しにくいって本当?!

個人的な借金を持つ経営者の会社は融資審査を通過しにくいって本当?!

 経営者が個人的な事情で借入金をおこす際は、会社の融資審査への影響が脳裏をよぎります。実際にプロパー融資の審査では、経営者の借入金が趨勢に影響を与えます。一方で保証協会付き融資の場合は、会社の業績や将来性による判断メインで、あまりこの問題は関係ありません。まずは保証協会付き融資を受けて、個人の借入金はダッシュで全額返してください。


クラウドファンディングが短期間のうちに世界で受け入れられた歴史的背景

クラウドファンディングが短期間のうちに世界で受け入れられた歴史的背景

 誕生してから10年も経過していないにも関わらず、クラウドファンディングは4兆円市場へ成長し、世界中で利用される金融サービスとなっています。全く新しい概念を元に誕生したように見える同ビジネスですが、実際には昔から同じ考え方で行なわれる金融システムがありました。それは世界中で共通する「寄進」という行為です。


資金調達ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。