自社デザインが他社の意匠権を侵害してないか無料でチェックできる方法

意匠権

 もしあなたの会社が「これだ!」と思う優れた工業デザイン(意匠)の製品を生み出したとします。ただし、これと似た意匠により意匠権が既に申請されている場合、先に申請した意匠が優先されます。こうなると、意図的でないとしても、デザインを変えざるを得なかったり、無理に販売すれば、損害賠償のリスクを背負うことになってしまいます。そこで本稿は無料で類似の意匠権を未然に検索できる「Graphic Image Park」をご紹介します。

工業デザインを守る権利「意匠権」の重要性

 意匠権とは、製品の美しさやユーザーの使いやすさを追求し、その結果として製品の商品性を高めることを目的としてアウトプットされた、「工業デザイン(以下、意匠)」を守る権利のことです。

 アイフォンのデザインを「美しい」と感じる人が多いのは、アップルが製品の美しさやユーザーの使いやすさを追求し、その意匠を創り出したからです。

 そして、アップルは、この意匠を意匠権によって守っています。

 私達も自社製品について、良い意匠を見出した場合、これを守りながら販売するために、意匠権を申請する場面があるはずですが、意匠権は「先願主義」、つまり、先にデザインの意匠権申請者を優先する権利です。

 似通った意匠で、先に意匠権を他社に申請されていた場合、私達はその意匠を使うことができません。

 強引にその意匠を使おうとした場合はもちろん、無意識に似通った意匠を使っていたことがわかった場合でも、意匠権侵害で訴えられる可能性があり、損害賠償や販売差し止めを食らうこともあります。

 そこで本稿は、自社の意匠をいわゆる「パクリ」と訴えられないため、最低限のチェックができるウェブサービスをご紹介します。

新たな意匠が他社の意匠権を侵害していないか簡単にチェックできる「Graphic Image Park」

 今回ご紹介したいのは、INPIT(独立行政法人工業所有権情報・研修館)が運営する、インターネット上で意匠を画像検索できる「Graphic Image Park」というサービスです。

 参考リンク:「Graphic Image Park」

 この検索サイトでは、例えば、自社の工業製品の画像をドラッグ&ドロップすると、その形状や色彩の要素と近い意匠を意匠公報のなかから検索することができます。ただし、現在のところ、すべての意匠が対象となるのではなく機器の操作画像等の「画像」を含む意匠が検索の対象です。


 たとえば、自動車の画像を機器の操作画像の一部に含む意匠と仮定したイラストを、「Graphic Image Park」で検索してみたとしましょう。


節約社長

 下の「結果を表示」ボタンをクリックしてみます。

 さぁ、どうでしょうか…

節約社長

 大体、26,000件くらいの類似意匠が検索されましたが、どうでしょうか?

 ざっと見た感じは大丈夫そうですね。

「Graphic Image Park」は誰でも無料で利用可能

 ちなみに、これまでは、意匠出願を行う前に似た意匠がないかどうかを調査する場合、分類コード等で絞り込み、一つひとつ意匠を目視しながら行わねばなりませんでした。

 今なら、「Graphic Image Park」を使って、自社製品の画像をドラッグ&ドロップするだけで近い意匠を検索することができるので、意匠の調査を効率的に行うことができます。

 試しに、何でもよいので画像をドラッグ&ドロップしてみてください。

 近い意匠が検索されるので、面白いです。

 ちなみに、この検索サイトは、誰でも無料で利用することができます。検索方法や仕様について詳しくは、ガイドラインをご覧ください。

 思わぬところで意匠が似ていたというのはよくある話です。余計なトラブルが起きないために、最低限のチェックを心がけたいところです。

意匠権
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
弁理士 渡部 仁

新卒で特許事務所に勤務し、生粋の知的財産専門家として20年以上の実務経験を有しています。
2009年に現在の特許事務所を鎌倉に設立し、特許・商標・著作権を専門として地元企業の支援に力を入れています。また、IT・ソフトウェア・ビジネスモデルの特許に強く、特許権の侵害訴訟や外国での特許取得も取り扱っています。
鎌倉商工会議所専門相談員、知財総合支援窓口知財専門家などに従事し、地域の中小企業や行政に対する公的な支援にも数多く携わっています。

知的財産権は、事業を守るだけに止まりません。活用の仕方によって利益を上げる武器にもなり得ます。
すべてのお客様が知的財産を活用して利益を上げ、事業を大きく発展させるという目標に導くことこそが私の使命です。
人との信頼、関わり合いを大切にし、情熱をもって誠実な仕事を心がけて参ります。
記事をご覧いただき、自社の知的財産についてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

経営者の皆様へ
私たちは、知的財産活用の知識をもつ特許事務所です。
私たちは、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。
地元企業とのつながりが密接であることから、鎌倉で活躍する企業が具体的にどのような取り組みを行ったか、その取り組みのなかで知的財産をどのように手当てしてきたか、どういう取り組みが成功事例につながり、どういう取り組みが失敗事例につながったのかなど、ビジネスで使える知的財産活用の知識を有しています。
地元企業を支援して得られた知識や経験をもとに、お客様の事業そのものがうまく循環することを最も大切に考え、よりよい循環が生まれるように知的財産権を手当てしています。
このことが、結果として、知的財産を活用してお客様の利益を高めることにつながると考えているからです。

【資格】
弁理士 特定侵害訴訟代理人
第一種電気通信主任技術者
情報処理技術者

【公的な役職 2016年6月現在】
鎌倉商工会議所専門相談員
横須賀市商工相談員
知財総合支援窓口知財専門家
神奈川県特許等取得活用支援事業知財専門家
島根県特許等取得活用支援事業知財専門家
川崎市中小企業サポートセンター知財専門家
神奈川産業振興センター知財専門家
神奈川県商工会連合会知財専門家
日本弁理士会関東支部神奈川委員会副委員長
日本知的財産仲裁センター事業適合性判定人候補者
日本知的財産仲裁センター調停人・仲裁人補助者候補者

【主な講演実績】
2014年 かわさき知的財産スクール 講師
2015年 かわさき知的財産スクール 講師
2015年 経済産業省・特許庁主催の知的財産セミナー 講師
2016年 かわさき知的財産スクール 講師
2016年 神奈川県ものづくり技術交流会 IoTフォーラム招待講演 講師
2016年 経済産業省・特許庁主催の知的財産セミナー 講師

弁理士 渡部 仁をフォローする
節約社長