ご存知ですか?シンガポールの高利回り不動産へ間接的に投資できる手法

資産運用

 シンガポールは国土が狭い上に、投資家にしっかりと配当を支払うため、利回りの高い不動産運用を行うことが根付いており、結果として世界でもまれに見る不動産の高利回りを実現させています。直接REITへの投資が難しいなら、シンガポールREITを投資対象とするETFを買うのも一つのやり方と言えるでしょう。

シンガポールREITや香港REITで構成された新しいETF

 シンガポール証券取引所に、シンガポールREITや香港REITなどで構成された新しいETF(上場投資信託:Exchange Traded Fund)が上場されるようです。

 ちなみにREITとは、Real estate investment trust の略で日本では、不動産投資信託と呼ばれています。

 今年に入ってからトランプ政権が誕生した影響で長期金利が上昇したこともあって、日本では比較的配当利回りの高いJ-REIT(日本のREIT)の魅力が若干薄れてきた感もありますが、シンガポールでは引き続きREITが高い人気を誇っています。

 私が現在暮らす、ここシンガポールでは数多くのREITが組成されており、ホテルや商業施設、物流施設、はたまた病院や倉庫、研究施設にいたるまでがS-REIT(シンガポールREIT)の投資対象になっています。

なぜシンガポールに利回りの高いREITが集中するのか?

 国土の小さなシンガポールでは、不動産の有効活用が国家の経済成長に直結するため、いかに多くの賃料収入を得るのかが投資家にとっての最大の関心事となっています。

 従って、売り上げが少ないテナントなどは早々に追い出されることがあるようで、開店して間もない店がすぐに閉店することもよく見かけます。

 以下のグラフを見ていただけるとわかるのですが、シンガポールREITの年間配当利回りは他国のものに比べるとかなり高いことがご理解いただけるでしょう。

節約社長
nikko amホームページより

 これは、小さな国の中に多くの人達が住んでいることや、外国企業のオフィスが多いこと、観光客が多数訪れることにも関係していると思います。

 また、投資家に対してしっかりと配当を支払わなければならいないというプレッシャーが高いことも、利回りに大きく影響しているものと思われます。

 日本ではマイナス金利の影響もあって、銀行にお金を預けていてもほとんど金利が付かず、それに比べればシンガポールREITの魅力は非常に高く映ります。

ETFを通じた間接的な投資ならハードルは低い

 ただ、数多くのシンガポールREITの中から、どのREITを購入したらよいのかを判断できる情報を持ち合わせている人は、そんなにいないのが現状です。

 特に日本国内で情報を得ることは、かなりハードルが高いと言えます。

 そのような人たちにとって、今回の新たなETFは、シンガポール以外にも香港や中国、マレーシアなども投資対象国に含まれており、尚且つ、ホテルや商業施設、物流施設などに分散投資されている点で、個別のREITを選ぶことに頭を悩ます必要は少なく海外のREITに投資をすることが可能です。

 これから海外のREITをはじめて購入される方にとっては、ひとつの候補になるのではないでしょうか。

資産運用
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
永柄 正智

1972年1月 長崎市生まれ。
シンガポール在住。

趣味:海外旅行、街歩き、子育て

性格:物事を常に前向きにとらえる非常にプラス思考な性格

【保有資格】
CFP@(日本FP協会認定:国際資格)
一級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
神戸市アジア進出支援センター・アドバイザー
ロングステイアドバイザー(ロングステイ財団認定)

地方自治体の職員として20年間勤務し、都市再開発事業や観光振興、空港のオペレーション業務などの仕事を経験してきました。特に公共事業に伴う地元調整や補償交渉等の様々な経験を活かした問題解決型のアドバイスを得意としております。

数年前に妻の仕事の関係で、家族でシンガポールに移住することを決意し、移住の準備を進めてきました。その経験の中で、ライフプランニングにおいて適切な判断を行うためには、社会保障制度や税制、教育等の仕組みや知識を十分に理解する必要性があることを再認識し、FP資格及びロングステイアドバイザーの資格を取得しました。

現在、シンガポールにおいて、現地駐在員や海外移住希望者、教育移住希望者の方々を対象としたファイナンシャルプランナーとして活動しています。

永柄 正智をフォローする
節約社長