マグロ屋の社長がマグロ在庫の架空計上で粉飾!?その末路はこうだ!

脱税
スポンサーリンク

 中小企業にはびこる粉飾決算という悪習。多くの企業が似たような手口で粉飾に手を染めます。今は大丈夫でも、一度道を踏み外して、そのまま起死回生を計れないと大変なことになります。架空の冷凍マグロ卸売会社を例に、粉飾決算に手を染めると、どんな結末が待っているのか解説いたします。

粉飾決算のパターンは大体お決まりな4つの手口に分類できる

 「粉飾」この言葉を聴いてドキッとされる方、結構いらっしゃるはずです。

 特に中小企業で、銀行や信金から融資を受けていたりすると、「何がなんでも融資を継続しないとヤバイんだよ…」「キレイ事は言ってられない」なんてふうに、ズルズルと粉飾を続けられる会社さんも多かったりします。

 確かに、会計帳簿はあくまで数字で全てが表現されるものであり、決算も簡単にいじって黒字にできます。

 粉飾決算をする場合は、大抵パターンが決まっていて、

  • 1)在庫を増やす
  • 2)売掛金を増やす(売上の前倒し計上や架空売上の計上)
  • 3)買掛金の費用計上(費用の先延ばしや費用を数字上減らす行為)
  • 4)現金や預金を増やす

 大体、この4パターンです。勝手に、粉飾四天王と名付けてみましょう。

 今回はこの中でも、在庫を増やす手口を例として、粉飾をするとどうなるのかを見ていきたいと思います。

5期目を迎えたマグロ屋の社長。赤字200万円。

粉飾をしていない決算

 具体例として、第五期目に突入し、売上が年間4,800万円の会社さんがあったとします。

 今期は残念ながら200万円の赤字でした。

節約社長

 例えば、そうですね〜、冷凍マグロを仕入れて卸している卸売業の会社だったとしましょう。

 この場合、粉飾しなかった決算と在庫を水増しして粉飾した決算で、どんなふうに決算書は変わるんでしょうか?

 この場合、

  • 1)商品棚卸高(去年の決算のときに残っていた冷凍マグロの在庫)
  • 2)当期商品仕入高(今年冷凍マグロを仕入れた金額)
  • 3)期首商品棚卸高(今年の決算のときに残っていた冷凍マグロの在庫)

 まずは、こんなふうに商品(在庫)の状態によって数字を分けます。

 この3つの在庫に関する数字を使うと、

  • 去年残った冷凍マグロの在庫(500万円分)を、
  • 今年仕入れた冷凍マグロの在庫(2,500万円分)に足して、
  • まだ売れずに手元に残っている冷凍マグロの在庫(500万円)を引く

 という1)+2)-3)の計算をして、「売上原価」が計算できるようになっています。今期だと、2,500万円です。

 つまり、今期は4,800万円売上をあげたけれど、販管費に2,500万円、仕入原価に2,500万円かかったから、200万円のマイナスとなった計算です。

 マグロを得意先の寿司屋に販売したけれど、市況が高いのに値上げが許されず、逆ザヤを食らってしまったと。こんなケースが考えられますね。

  「このままじゃ来年融資が受けられない」

 悩んだ社長は「在庫を増やしたらどうだろう!?」と考えつきました。

在庫を水増しした粉飾決算

 ついに社長は、決算書の粉飾を決行しました。

 在庫(商品)を500万円から800万円に増やした後の決算書がこちらです。

節約社長

 「期末商品棚卸高」という数字が増えていますね。

 ここを増やすということは、まだ売れずに手元に残っている商品が増えるということですので、売上原価が減ることになります。

 もちろん会社には実際500万円分の商品しかないわけですから、300万円分の商品が架空在庫ということになります。

 架空在庫なんて計上してもバレないだろうと、そんなくらいの気持ちかもしれません。

 バレても、「300万円のマグロ1匹買ったのに盗まれた」とでも言っておけば、なんとかなるだろうと。

 こんなふうに考えれば、ある意味では、在庫の数字をいじるだけで利益を出すことができる、とも言えます。

 社長は「これでなんとか銀行に報告できる」とひと息つきました。

 ところがどっこい、世の中はそんなに甘くないのでした。

粉飾の安息は瞬間…赤字拡大の無限ループ襲来

 さて、月日が経って1年後、また決算がやってきました。

 話を簡単にするために、去年とまったく同じ営業状態だった場合の決算書がこちらです。

節約社長

 どうでしょうか。

 なんと…吹き出しに書いたように、去年と同じ業績なのに赤字が増えています。

 これは去年300万円上乗せした商品が、「期首商品棚卸高」という項目で増え、売上原価が増えているからです。

 粉飾決算をすると、以下のような仕組みが出来上がってしまうのです。

  • 架空の商品を数字上増やす
  • その架空の商品は来年に回る
  • 次年度は、その架空の在庫以上に利益を出さないと赤字が拡大する

 つまり、粉飾のツケは来年以降必ずやってくるということです。

粉飾決算の無限ループから抜け出すのは難しい

 「あぁ、赤字の拡大しんどすぎ。しかし、銀行との融資継続を考えると…今年もやらねば!」

 こんな時は大抵どうなるかというと、更に商品を上乗せして、今年は500万円超の架空在庫を計上し、利益を出すという手段に社長は出るわけです。

 精神的にも余裕が無くなってきますから。

 そうすると、300万円、500万円、次は700万円……

 マグロの架空在庫を、1尾、2尾、3尾と、増やし続けなければならなくなります。

 このように、一度粉飾してしまったために、そのツケを来年払いきれず更にまた大きな粉飾をくり返す、というケースは非常に多いのです。

 粉飾は一度であっても絶対に数字が歪むのですが、その歪みは繰り返すほど大きくなっていきます。

 最初は大丈夫でも、銀行の担当者に指摘されたり、社長自身どうしようもなくなったりして、いずれはバレることになるでしょう。

 「いざとなったら数字をいじればいい」という考えは絶対に捨てねばならないのです。

マグロ屋の社長が赤字期に取っておくべきだった行動

 「何が何でも今期は利益を出さなくてはいけない!」

 マグロ屋の社長が赤字となった第5期に取るべき解決方法は、一つしかありませんでした。

 少しでも早く、本気で、経営を改善しなければいけなかったのです。

  • 売上を伸ばす努力をする
  • 販路を開拓する
  • 新商品を開発する
  • 単価を上げる
  • お客様の数、回転数を増やす
  • 費用を減らす努力をする
  • 今よりも有利な商品の仕入先を探す
  • 製造原価を抑える
  • 広告費を見直す
  • 家賃や交際費など固定費を減らす

 これら誰もが考えつく経営改善を、マグロ屋の社長は赤字となったその期から、即座に行う必要がありました。

「いま利益が出ているのか、決算の着地見込みはどのくらいか、利益が足りないならいくら足りないのか」を毎月毎月確認し、銀行へも正直に今の現状を話す必要がありました。

 この確認も早ければ早いほどいいです。もしかすると、業績がよくなるまで取引も縮小の方向となるかもしれません。

 当座は厳しい茨の道が待っていますし、地道な経営改善が求められますが、これ以外に粉飾決算を行わない方法はありません。

 税理士も、ドラえもんやハリーポッターのような道具や魔法を繰り出せるわけではありません。

 あくまで、財務面から合法的に行える経営改善の手助けが行えるのみです。

 今回は、わかりやすい例として在庫を水増しするパターンをご紹介しましたが、売掛金を増やすなどほかの粉飾であっても結果は同じです。

 利益を出す必要のある場合、必ず毎月業績を確定させて、決算の見込みをチェックする仕組みをつくりましょう。

脱税
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
谷口 孔陛

【自己紹介】

めがね税理士・谷口 孔陛(たにぐち こうへい)と申します。

社員10名以下、1人社長様など、小規模企業に特化してサービスを提供しております。

ビジネスの最前線となる東京都心・神田駅徒歩5分の場所に事務所を構え、常に最新のトレンドを抑えた企業の財務アドバイザリーを行っています。

小さな会社を全力で応援します。財務に関する相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

【当事務所の強み】

■ より評価の高い決算書にするためのご提案

「決算書は誰がつくっても同じ」ではございません。

特に格安の税理士事務所さんに申告してもらった結果、貸借対照表がめちゃくちゃになってしまっている会社さまがあります。

銀行はこの貸借対照表も評価しますので、経営者の方が「何も問題が起きてないから大丈夫」と思っている間にどんどん銀行からの評価が悪くなってしまっていることがあり得ます。

特に借入をしている・今後借入を考えているお客さまに対し、最終的には同じ業績であっても、より評価が高くなる決算書を提案することができます。

(決算書の評価を上げるのは、あくまでも認められた会計基準の範囲内で行います。粉飾はご協力できかねますので、ご了承くださいませ)

■ 会社にお金を残す方法をご提案

利益が安定して出ているお客さまに対し、節税のご提案を積極的にいたします。

ただし会社の一番の目的は「きちんと儲けて、会社にお金を残すこと」であると私は考えております。

いわゆる節税策の中にはお金が出て行ってしまうものが多く、結果的に決算書の評価が悪くなってしまうことがあります。

その会社さまにどれだけの資金が必要なのか、その方策をとった場合に決算書がどんな評価になるのか、お客さまとコミュニケーションをとりご希望をお聞きしながら、その会社さまに一番望ましい方法を提案いたします。

■ 税額控除に強い

税制は毎年改正が入りますので常に勉強が必要です。

私は税額控除(固定資産を買ったり、従業員の給与が上がったりすると税金が安くなる制度)も得意としており、その地域限定の制度を調べ、1,000万円超の税額控除のご提案をしたこともございます。

さすがにその規模の控除を受けられる会社さんはそうありませんが、格安の税理士事務所に依頼して、知識のない方が申告書をつくった結果適用をのがすといった事例も起きています。

税額控除は「やっぱり受けます」と後から受け直すことができないものがほとんどですし、小手先の節税よりも税金が直接的に減りますので、適用をのがさず常に最適な処理することをお約束いたします。

■ レスポンスが早い

常に素早く、具体的には1営業日以内に返答することを心がけております。

お問い合わせいただいた場合、調べるのにお時間をいただくこともございますが、必ず回答をお返しいたします。

保留になったまま結局回答をもらえなかった、などということは決していたしません。

■ クラウド会計ソフトなど、最新のソフトにも柔軟に対応

以下のものを導入しています。

また、なにかご希望のサービスがある場合、仰っていただければ柔軟に対応させていただきます。

(セキュリティの問題などでご希望に沿えない可能性もございますが、特に理由なく断ることは絶対にいたしません)

freee(クラウド会計ソフト)
MFクラウド(クラウド会計ソフト)
Crew(クラウド会計ソフト)
Skype
チャットワーク
Facebook、Twitter、Pinterest、LINEなどのSNS

■ 会計ソフトを強制しません

税理士事務所の都合で会計ソフトを強制することはいたしません。

PDFやExcelで出していただくなど、出力のしかたでお願いをすることはございますが、原則としてお客さまのご希望のソフトを無理やり変更させることはございません。

■ 専門用語を使わず、わかりやすく説明

専門用語を極力使わず、噛み砕いてご説明することを心がけています。

税金はやたらにややこしく作られているようなところがありますので、わからない部分があって当然なのです。

お客さまが立ちどまっているようであれば、一緒に立ちどまって、懇切丁寧に説明をつくします。

■ 話しやすい、相談しやすい

これはそれぞれの方の感じ方次第なのでなんとも言えませんが、「話しやすいね」と言っていただけることが多いです。

この点についてはブログやプロフィールを読んでいただくと判断の材料になるかと思います。

■ そのほか

・わかりやすい資料が上がってくる(決まった様式の資料でなく、どのような資料がお客さまの胸に響くのか、ご希望をお聞きしながらカスタマイズいたします)

・フットワークが軽い

・事業計画書(経営計画書)の作成支援ができる

・資金繰りの相談に対応できる

・相続や贈与の相談に対応できる

・自社ホームページの相談にのれる(当ホームページは業者に頼まず、谷口本人が設立・運営しております。ご自分でホームページを運営することを検討されている方は多少はお力になれるかと)

【資格】

・税理士(東京税理士会神田支部所属 第131301号)

・中小企業庁 経営革新等支援機関

・日商簿記検定1級 合格

・宅地建物取引主任者 試験合格

・カラアゲニスト(唐揚検定合格者に与えられる名誉ある称号)

谷口 孔陛をフォローする
節約社長