「エネルギー保存の法則」から考える「プラスな言葉」の重要性

経営

 弾んでいるボールは、地面にぶつかって跳ね上がることを繰り返すうちに、次第に跳ね上がりかたが弱くなり、ついには地面に止まってしまいます。このように、エネルギー保存の法則のよると、エネルギーはエントロピー(乱雑さ)が大きくなる方向に進みます。言葉の使い方も同様の効果を私達の人生に与えるようです。

スポンサーリンク

覚えていますか?物理学エネルギー保存の法則

 今日は私の得意分野(物理学)のお話でして、ちょっと小難しいお話になってしまいます。

 弾んでいるボールは、地面にぶつかって跳ね上がることを繰り返すうちに、次第に跳ね上がりかたが弱くなり、ついには地面に止まってしまいます。

 エネルギー保存の法則によれば、ボールが弾んでいた運動エネルギーは、無くなってしまったのではなく、弾むことによって、地面を振動させるエネルギーや、音のエネルギーに変わっていくのです。

 つまり、エネルギーは無くならずに形を変えていきます。

 では、止まっているボールに振動のエネルギーと、音のエネルギーを与えると、元の運動エネルギーに変わるでしょうか?

 ボールがおいてある地面を、ドンドンとたたいて振動を与え、スピーカーでポーン、ポーンというボールの跳ねる音を聞かせていくと、やがて、ボールは運動エネルギーを得て、跳ね上がって運動し始める・・・

 なんてことは、起こりませんよね。

スポンサーリンク

エネルギー保存の法則は自然現象全てに当てはめることが可能

 運動エネルギーは、振動や音のエネルギーに変わりますが、逆に、振動エネルギーや音のエネルギーが、運動エネルギーには変わりません。

 一方通行のように、エネルギーが変わる方向が決まっているのです。

 難しい言葉を使うと、「エネルギーはエントロピー(乱雑さ)が大きくなる方向に進む」という原則があるのです。

 このように、自然には「方向」があり、放っておくと乱雑になるのが原則なのです。

 子供の部屋は、放っておくと、どんどん散らかっていきますよね。

 金属鉄の釘は放っておくと、錆びていき、そのまま放っておいても、元のピカピカの鉄くぎにはもどりません。

 熱いコーヒーは放っておくと冷めていき、そのまま放っておいても、自然に暖まっていくことはありません。

 若い人も放っておくと、次第に年をとって老いていきます。放っておいて勝手に若返ることはありません。

 また、人生において、残念ながら人間は、放っておくと安楽を求めます。

 放っておくと、面倒な責任を取ろうと思わなくなり、人間関係も悪くなり、やる気がなくなっていきます。

 そして、どんどん辛くなっていくのです。

 まさに、エネルギー保存の法則は、私達の人生を含めて、周りで起こる全ての現象を根本的に表す法則と言えます。

スポンサーリンク

「なんとなく」ではなく「わざと」プラスの言葉を使うことの意義

 このように人生においても、「エネルギーはエントロピー(乱雑さ)が大きくなる方向に進む」のが常です。

 これに立ち向かうために、私たちは人間にだけ与えられた能力「意思の力」を利用する必要があります。

  • わざと、安楽ではなく、充実した生活を送ろうとする
  • わざと、自己責任で出番を探す
  • わざと、明るく挨拶して他人と仲良くしようとする

 これらを支えるために重要なのが、「わざと、やる気をみなぎらせる言葉を使う」ことです。

 「よっしゃー、今日も世界を変えるぞ!」のようなプラスの言葉には、大きなエネルギーがあります。

 また、プラスの言葉を「わざと」発することには、お金もかかりません。節約ですよね(笑)

 恥ずかしがらず自然の法則に従って、皆さんもわざとプラスの言葉を沢山使ってみませんか?

経営
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
篠田法正(しのだほうせい)

株式会社LBC (ライフ&ビジネスクリエイト研究所)
代表取締役

1962年名古屋生まれ
血液型:A
動物占い:ペガサス
好きな食べ物:梨、夢らんまん(夢が叶う和菓子)
趣味:弓道、読書、大きな声で言えない話の収集
健康法:わくわくすること、シナジーのサプリメント
大切な人:家族(妻、息子、娘)

工学博士
経済産業大臣登録 中小企業診断士
(財)生涯学習開発財団認定 シニアスキルリーダー
福島正伸メンターズクラブメンバー

大学4年~大学院で、化学の研究に没頭。
教授に勧められるままに就職先を決める。

某大手化学会社の研究開発部門で20年間勤務。

身体と環境に優しいプラスチックを研究。
・身体の中で消えてなくなる手術用縫合糸
・長期持続性の制ガン剤用樹脂 ・整髪剤用樹脂
・化粧品用樹脂
・トウモロコシから作るプラスチック
・環境中で安全に消滅するゴム
・トイレに流せるプラスチック
等々を開発、製品化した。

出願特許件数:国内外合わせて150件以上
国際学会発表:5回
社長表彰「生体吸収性縫合糸の開発・製品化」
工学博士学位取得

研究開発を続ける一方で、「理系人間の世間知らず、経営知らず」という批判に発奮し、経営やマーケティングについて基礎から徹底的に学び、1995年に中小企業診断士試験に合格、翌年登録。

1999年から2年間、アメリカピッツバーグにあるカーネギーメロン大学に留学。
専門分野の最新学理と手法を学ぶとともに、研究開発マネジメントやコミュニケーション、
考え方について大きな影響を受ける。
多民族国家アメリカの自由と自己主張の文化に触れ、国際的感覚も身につける。
コメディドラマ「フレンズ」の大ファン。

2007年 コンサルタントとして独立、株式会社LBC(ライフ&ビジネスクリエイト研究所)を設立。
2012年 一般社団法人最幸経営研究所を設立。代表理事に就任。
一般社団法人最幸経営研究所

[ 強く影響を受けた人々(敬称略) ]

下村湖人
スティーブン・R・コヴィー
ロバート・キヨサキ
岩元貴久
ジェームス・スキナー
ナポレオン・ヒル
ブライアン・トレーシー
中村天風
石井裕之
福島正伸
鴇田正春

[ 法正という名前の由来 ]
法は、宇宙の法則、自然の摂理、仏の教え、不変の原則。
正は、正直、すなお、教えや原則に違わない。
(天意に背かない=正しい。) 
そのまま、あるがまま。
Let it be. Just the way we are. つまり、法正とは、大いなるもののエネルギー、天意を伝える仏の教え、宇宙をつかさどる法則・原則に素直に従い、自然と調和して生き、正しく伝えていくこと。
ちなみに、三国志に、法正(法孝直)という人物が登場する。

法正についての解説はこちらをクリック → 法正

[ 座右の銘 ]
思いは地球よりも大きい。

篠田法正(しのだほうせい)をフォローする
節約社長