節約 社長
谷口 孔陛
谷口 孔陛谷口孔陛税理士事務所

ホームページ

マグロ屋の社長がマグロ在庫の架空計上で粉飾!?その末路はこうだ!

マグロ屋の社長がマグロ在庫の架空計上で粉飾!?その末路はこうだ!
 中小企業にはびこる粉飾決算という悪習。多くの企業が似たような手口で粉飾に手を染めます。今は大丈夫でも、一度道を踏み外して、そのまま起死回生を計れないと大変なことになります。架空の冷凍マグロ卸売会社を例に、粉飾決算に手を染めると、どんな結末が待っているのか解説いたします。

粉飾決算のパターンは大体お決まりな4つの手口に分類できる

 「粉飾」この言葉を聴いてドキッとされる方、結構いらっしゃるはずです。

 特に中小企業で、銀行や信金から融資を受けていたりすると、「何がなんでも融資を継続しないとヤバイんだよ…」「キレイ事は言ってられない」なんてふうに、ズルズルと粉飾を続けられる会社さんも多かったりします。

 確かに、会計帳簿はあくまで数字で全てが表現されるものであり、決算も簡単にいじって黒字にできます。

 粉飾決算をする場合は、大抵パターンが決まっていて、
  • 1)在庫を増やす
  • 2)売掛金を増やす(売上の前倒し計上や架空売上の計上)
  • 3)買掛金の費用計上(費用の先延ばしや費用を数字上減らす行為)
  • 4)現金や預金を増やす
 大体、この4パターンです。勝手に、粉飾四天王と名付けてみましょう。

 今回はこの中でも、在庫を増やす手口を例として、粉飾をするとどうなるのかを見ていきたいと思います。

5期目を迎えたマグロ屋の社長。赤字200万円。

粉飾をしていない決算

 具体例として、第五期目に突入し、売上が年間4,800万円の会社さんがあったとします。

 今期は残念ながら200万円の赤字でした。

節約社長

 例えば、そうですね〜、冷凍マグロを仕入れて卸している卸売業の会社だったとしましょう。

 この場合、粉飾しなかった決算と在庫を水増しして粉飾した決算で、どんなふうに決算書は変わるんでしょうか?

 この場合、
  • 1)商品棚卸高(去年の決算のときに残っていた冷凍マグロの在庫)
  • 2)当期商品仕入高(今年冷凍マグロを仕入れた金額)
  • 3)期首商品棚卸高(今年の決算のときに残っていた冷凍マグロの在庫)
 まずは、こんなふうに商品(在庫)の状態によって数字を分けます。

 この3つの在庫に関する数字を使うと、
  • 去年残った冷凍マグロの在庫(500万円分)を、
  • 今年仕入れた冷凍マグロの在庫(2,500万円分)に足して、
  • まだ売れずに手元に残っている冷凍マグロの在庫(500万円)を引く
 という1)+2)-3)の計算をして、「売上原価」が計算できるようになっています。今期だと、2,500万円です。

 つまり、今期は4,800万円売上をあげたけれど、販管費に2,500万円、仕入原価に2,500万円かかったから、200万円のマイナスとなった計算です。

 マグロを得意先の寿司屋に販売したけれど、市況が高いのに値上げが許されず、逆ザヤを食らってしまったと。こんなケースが考えられますね。

  「このままじゃ来年融資が受けられない」

 悩んだ社長は「在庫を増やしたらどうだろう!?」と考えつきました。

在庫を水増しした粉飾決算

 ついに社長は、決算書の粉飾を決行しました。

 在庫(商品)を500万円から800万円に増やした後の決算書がこちらです。

節約社長

 「期末商品棚卸高」という数字が増えていますね。

 ここを増やすということは、まだ売れずに手元に残っている商品が増えるということですので、売上原価が減ることになります。

 もちろん会社には実際500万円分の商品しかないわけですから、300万円分の商品が架空在庫ということになります。

 架空在庫なんて計上してもバレないだろうと、そんなくらいの気持ちかもしれません。

 バレても、「300万円のマグロ1匹買ったのに盗まれた」とでも言っておけば、なんとかなるだろうと。

 こんなふうに考えれば、ある意味では、在庫の数字をいじるだけで利益を出すことができる、とも言えます。

 社長は「これでなんとか銀行に報告できる」とひと息つきました。

 ところがどっこい、世の中はそんなに甘くないのでした。

粉飾の安息は瞬間…赤字拡大の無限ループ襲来
次のページへ >>

2016年12月2日

融資 金融機関 経営改善 粉飾決算 経営 財務

谷口 孔陛
谷口 孔陛谷口孔陛税理士事務所

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

谷口 孔陛 さんへ問い合わせ

問い合わせ